Main | ニッポンを斬る2 郵政民営化の落としどころ »

September 18, 2004

ニッポンを斬る1 プロ野球ストに思う

 プロ野球選手会がストに突入した。国民の反応は7割がストを支持しているようである。まあ良い数字ではないかと思う。今回、ストを支持する人が多いのは、選手会の主張が「年俸を上げろ」ということではなく、「12球団を維持しろ」というところにあるからだと思う。即ち、国民は選手会の方に「大義」を見出しているのだ。
12球団の経営に携わる人は親会社で人事・労務に長けた人が就任しているのだろう。球団側の文書からそうした匂いがプンプンする。しかしながら、彼らには今回の交渉に不可欠な「決定権」が与えられていない。そうした中で行われる交渉はとにかく時間をかけるしかない。なぜなら、少しでも歩み寄りができそうな事項についても、いちいち決定権のあるお歴々に伺いをたてないと決められないからである。しかも、おそらく労務屋の立場では球団は合併しても選手の「雇用は守る」と言っているので解決済みという認識がある。しかしながら、プロ野球は普通の会社と違う。普通の会社は合併しても社員の雇用を守ればそれで良いのであるが、プロ野球は各チームに大勢のファンがついている。しかも、試合をしてナンボであるから、複数のチームがないと存立しえないのである。さらに言えば、後を引き受けたいという企業すら存在している(尤も、お歴々のお眼鏡にはかなっていないようだが)。こうした状況の中で選手会の言う、12球団維持が不可能な状況とは思えず、また、審査に時間がかかって来季は無理との主張も、協約には30日以内に行う旨書いてあるようで意味をなさない。
 今回の事態は「プロ野球」という企業体を「普通の会社」と同じように対応している労務屋の悲劇といえるのではないだろうか。そこに、国民は「それは違うだろう」と言っているのである。

|

Main | ニッポンを斬る2 郵政民営化の落としどころ »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/1461658

Listed below are links to weblogs that reference ニッポンを斬る1 プロ野球ストに思う:

Main | ニッポンを斬る2 郵政民営化の落としどころ »