« ニッポンを斬る7 飛行機乗りの心意気 | Main | 富士Sほか展望 »

October 21, 2004

カメハメハ戦線離脱

ダービ馬キングカメハメハが屈腱炎で長期戦線離脱となったそうだ。場合によってはこのまま引退の可能性もあるとのこと(SS系牝馬との交配を考えればこのまま種牡馬入りした方が良いとは思うが・・・)。
それにしても、今年のダービー出走馬は故障が多いような気がする。これが中山だったら大騒ぎとなるところだろうが、そうならないところが府中の貫禄なんだろうか。
これで天皇賞も混沌としてきた。というより古馬が貫禄を示す結果となるんではないだろうか。リンカーンに期待したい。天皇賞で「よっ! 大統領!」と歓声を上げるのも楽しいではないか(^^)。

 一方、ダンスインザムードが天皇賞に挑戦する予定もあるようだ。秋華賞の藤沢師のコメントに「レースで良い思い出がないようだ。」というのがあったが、そうした馬の場合、逆にレースに多く出させて、勝った時の賞賛と周囲の環境の変化を体験させることによってレースが楽しいものになるという考えもあるかもしれない。
 いずれにせよ、「馬の気に任せる」手法では、改善しないような気がする。

|

« ニッポンを斬る7 飛行機乗りの心意気 | Main | 富士Sほか展望 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/1739288

Listed below are links to weblogs that reference カメハメハ戦線離脱:

« ニッポンを斬る7 飛行機乗りの心意気 | Main | 富士Sほか展望 »