« 「え!これが本店?」 | Main | ニッポンを斬る3 国連改革-常任理事国への道 »

October 03, 2004

スプリンターズSほか展望


 中山11R スプリンターズS
SS×NTはG1をとれないと言われていた。その伝説を覆したのが1デュランダル。一般に種牡馬が高齢化すると距離適性が短い方にシフトするのだという。朝からの雨で時計も掛かるような印象もあり、追い込みが決まるか。しかし、追い込みというのは不発もあるので、やはり○まで。本命は、前走で59キロにもかかわらず好走した◎3サニングデール。こちらも雨は得意そうで。さらに、時計が掛かるとなれば外国馬も軽視はできまい。アゴ足付きのジャパンカップと違い、こちらは持ち出し勝負。そこに出てくるのだから、賞金を取らないと帰れない。その外国馬3頭の中で、日本の状況に近い香港馬の▲12ケープオブグッドホープを指名。さらにセントウルSを制した△9ゴールデンキャストも視野に。枠連1-2。3連複1-3-12、1-3-9。3連単はフォーメーションで1、3→1、3→9、12。

 中山4R 3歳未勝利
 ここは、◎11アイエスアラジが勝負がかり。相手は、叩き2戦目で上昇期待の○13カズサフレイムが人気なさそうで妙味。11-13を馬連、ワイドで。

 中山12R 利根川特別
 やはり、ダートがよさそうな◎8ダイワネバダで。

 阪神11R シリウスS
外枠からスンナリ逃げられそうな◎13エコルプレイスに期待。相手はやはりトップハンデの○3インタータイヨウ。さらに好位で折り合えそうな▲2サイレンスボーイ。2、3、13のBOXで。

|

« 「え!これが本店?」 | Main | ニッポンを斬る3 国連改革-常任理事国への道 »

Comments

スプリンターズS反省
 しかし、時計が掛かるとは思っていたけれど、ダート戦並みになるとはちと予想外。おかげで外国馬が十分届く展開になってしまったというところか。カルストンライトオは自分のペースで逃げ粘ってしまったが、日本には適鞍がなさそうなんで、今後どうするんだろう? シャテインには直線千のコースがあるようなんで、移籍するとか(^^)。2着の○デュランダルは最内でどうかという声もあったようだが、思い切って後ろからいって外に回して追い込むという池添JKの好騎乗。次はマイルCSになるんだろうが、バラける京都で連覇も夢ではないか。3着の▲ケープオブグッドホープは馬場も幸いしたが、試合後の騎手の談話で「馬場は香港より良かった。」ということのようで、今後も不良馬場の時の香港勢は要注意か。◎サニングデールは不利もあったようだが、内側に閉じ込められてすっかり脚を余してしまった。来年の宮杯まで臥薪嘗胆か。

Posted by: 雲國 齊 | October 04, 2004 at 04:10 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/1579204

Listed below are links to weblogs that reference スプリンターズSほか展望:

« 「え!これが本店?」 | Main | ニッポンを斬る3 国連改革-常任理事国への道 »