« ニッポンを斬る10 安易な混合診療の解禁は危険 | Main | ア共和国杯ほか展望 »

November 06, 2004

土曜競馬展望(11/6)

東京11R ブラジルカップ
ここは、11ジンクライシスが中心となるだろうが、問題は前走の出遅れ。久々の分と考えたいが、鞍上は時々人気馬で出遅れをやってのける常習犯。少々不安ありとみたい。よって○まで。そこで本命に推したいのがクラス実績豊富な◎3リンガスローレル。鞍上もダートなら安心してよい。さらに、クラスの壁に当たっている印象もあるが、ペリエ様の豪腕でなんとかなりそうな▲6モンテタイウンまで。
馬券的には馬連3-10、3-6。馬単の3→10。3連複3-6-10。

福島7R 3上500万下
未勝利やら障害帰りやらで、実質3頭立てくらいの印象。このメンバーなら◎9サクラプリファーの軸不動。相手も○11マイネルナターレで。馬連9-11。

東京12R 3上500万下
フローレスが取り消したとあらば、◎3レディアンスシチーで大丈夫でしょう。相手は中間フォームを矯正した○9ケイアイウンリューと休み明けもクラス実績豊富な▲8オルフェーオ。

|

« ニッポンを斬る10 安易な混合診療の解禁は危険 | Main | ア共和国杯ほか展望 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/1879037

Listed below are links to weblogs that reference 土曜競馬展望(11/6):

« ニッポンを斬る10 安易な混合診療の解禁は危険 | Main | ア共和国杯ほか展望 »