« 京王杯ほか展望 | Main | 皇室の慶事に思う »

November 13, 2004

エ女王杯ほか展望

先日の領海侵犯であるが、中国の原潜と断定したことにより、中国政府に厳重抗議するとともに、謝罪と再発防止を求めたとのことであり、大変結構なことであると思う。これに対する中国側の対応は「現在調査中であり、現時点では謝罪はできない。」とのことであり、これがプライド(だけは)高い彼らの精一杯の謝罪表現なのであろう。言う事をきちんと言っておけば、あとは「China is the 48th prefecture in Japan」くらいのつもりで鷹揚に構えていればよい。

では予想に。
京都11R エリザベス女王杯
◎7スイープトウショウに期待したい。秋華賞で魅せてくれた末脚は終いバラける外回りとなるこのレースでも再現できそうだし、斬れるSS勢にも見劣りしないだろう。むしろ展開面からは前に行く組が残る公算を考えておきたい。そこで、府中牝馬1、2着コンビの○4オースミハルカ、▲10メイショウバトラーが相手か。さらに、天皇賞で内を上手く使って上位にきた両ジョッキーに敬意を表して△16ウォートルベリー、△12アドマイヤグルーヴまで。
馬券的には、枠連で2-4、4-5、4-6、4-8。馬単で7→4、7→10。あと、全く人気はないが、京都外回りを内に切れ込む技術では武と双璧の四位が乗る11シンコールビーの複勝も。


東京11R オーロC
府中は内側を前に行った馬が残っている印象。となれば、逃げる◎7マイティスピードの逃げ残りも。相手は、人気の○4シャイニンルビーが好位につければ。馬連4-7。


福島11R 福島記念
コイントスあたりが人気しているとあらば、◎11ミスキャストにもチャンスがありそう。相手は、平坦で最終日の荒れ馬場ならば今年の羽田盃の覇者○15トキノコジローがなんとかしてくれるのでは。更に内枠に入った中舘騎乗の▲2アサカディフィート。枠連1-6、6-8。ワイドで2、11、15のBOX。


福島9R 3上500万下
平坦は走る◎7ロゼノアールが休み明けでも。相手も○8エドノドリームで。馬連7-8。


|

« 京王杯ほか展望 | Main | 皇室の慶事に思う »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/1951642

Listed below are links to weblogs that reference エ女王杯ほか展望:

» 鬼馬「エリザベス女王杯」版 [SEABLOGスポーツ]
日曜日は京都競馬場でエリザベス女王杯です。今回も休みのTMが多いですが、レースは3歳牝馬と古馬牝馬のおもしろいレースになりそうです。ご隠居の不要な馬はスイープト... [Read More]

Tracked on November 13, 2004 at 09:22 PM

» 【エリザベス女王杯】スローペースの歴史は繰り返す [そのまま、そのままっ!!]
かつて3歳(旧年齢表記4歳)牝馬限定戦の当時は「荒れるエリ女」と呼ばれ、数々の大波乱を演出してきたエリザベス女王杯。しかし、96年の秋華賞創設に伴い、古馬混合・... [Read More]

Tracked on November 14, 2004 at 12:59 AM

» 京都:エリザベス女王杯 [こんなものを買った。−ムダ遣い日記−]
なかなかに面白い面子が集まり、予想しがいのある感じのG1になったのではないでしょうか。私は勿論、お手上げです。 まぁ、斤量軽い3歳牝馬で ・ローズSを使った秋... [Read More]

Tracked on November 14, 2004 at 01:11 AM

» 福島:福島記念 [こんなものを買った。−ムダ遣い日記−]
G1裏のローカル重賞。馬券としては一番の狙いどころ、だと思うんだが・・・ ・前走好走(OP以上) ・いきなりは無理 休み明け不可 ・実績あまり関係なし とい... [Read More]

Tracked on November 14, 2004 at 01:40 AM

» 第29回 エリザベス女王杯(GI) [SKY GALLOP!!]
 7番 スイープトウショウ  3.5倍 12番 アドマイヤグルーヴ  3.6倍 15番 スティルインラブ   5.2倍 かなりの大混戦! 3連複もこの3... [Read More]

Tracked on November 14, 2004 at 03:34 AM

« 京王杯ほか展望 | Main | 皇室の慶事に思う »