« ワールドスーパージョッキーズ展望 | Main | 阪神JF回顧 »

December 05, 2004

阪神JF もくにの最終決断

二歳馬のGⅠということで、まだ海(砂)のものとも山(芝)のものともつかない姫を相手の予想となるわけだが、恒例により1頭づつみていきたい。
1 カシマフラワー・千二なら芝・ダート不問だが、千六となるとどうだろうか?ただ、スピードは非凡なものがあり、最内を活かして行ききってしまう可能性はあるので軽視はできない。鞍上も牝馬戦は得意だし。
2 エリモファイナル・時計は平凡も長い距離を経験してきており、鞍上の魅力もあいまって侮れない。
3 ラインクラフト・千四で一番強い馬であるのは衆目の一致するところ。問題は1ハロン延びてどうかということだが、去年のスイープのように後ろから行くタイプではなく、不発という公算は低いのでは。
4 マイネデセール・距離延びると難しいようでここでは「デザート」だろう。(切)
5 ショウナンパントル・千六ばかり使われており、タイムも良くなっている。主役の一頭に抜擢したい。
6 アンブロワーズ・函館の覇者というのは評価材料だが、逆にそれ以来の休み明けというのはどうか? 血統的には休み明けは走りそうではあるが。(切)
7 ハギノコマチ・新馬勝ちのタイムが平凡。(切)
8 テイエムチュラサン・九州産馬にGⅠは辛いだろう。(切)
9 エイシンハッピー・育成力の高さで2歳戦なら活躍しそうなエイシン軍団ではあるが、モンローブロンドより下は確定しているので栄冠には手が届かないだろう。(切)
10 ジェダイト・エリモファイナルよりは強そうな気もするが、鞍上がGⅠと縁が薄いので。(切)
11 ミラクルコンサート・12月はコンサートの季節だが、「第9」位くらいか。(切)
12 リヴァプール・前走でラインクラフトに1秒負けているが、阪神千四で1分21秒4の記録は侮り難い。少し前目で競馬できれば栄冠も夢ではない。
13 クロユリジョウ・捨て身で逃げ切れば父のようなこともあるかもしれないが、終いバテそう。(切)
14 デアリングハート・社台ブランドは魅力だが、上位に食い込むのは難しいのでは。(切)
15 モンローブロンド・掲示板には載るだろうが、ラインクラフトより上に行くイメージが湧かない。(切)
16 コスモマーベラス・ここは鞍上の経験の場か。(切)
17 ライラプス・大外から差しきるのは厳しいのでは。(切)
18 キャントンガール・交流重賞への箔付けだろう。(切)
以上総括すると◎ラインクラフト、○ショウナンパントル、▲リヴァプール、×エリモファイナル、×カシマフラワー。馬券的には枠連1-2、2-3、2-5、3-5。3連複3-5-12。ワイド1-3、2-3、3-5、3-12、5-12。

|

« ワールドスーパージョッキーズ展望 | Main | 阪神JF回顧 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/2157163

Listed below are links to weblogs that reference 阪神JF もくにの最終決断:

» 阪神:阪神ジュベナイルフィリーズ [こんなものを買った。−ムダ遣い日記−]
阪神JFとめんどくさがって略してしまいがちなので、ジュ「ベ」ナイルというのが正式表記であることを忘れがち。レース自体も、若い乙女といえば聞こえはいいがそれはクラ... [Read More]

Tracked on December 05, 2004 at 11:04 AM

« ワールドスーパージョッキーズ展望 | Main | 阪神JF回顧 »