« 阪神JF もくにの最終決断 | Main | ニッポンを斬る 11 自衛隊幹部の憲法改正案関与に思う »

December 05, 2004

阪神JF回顧

1着3着かぁ。◎ラインクラフトはちょっと坂が堪えたのかもしれないとこと、開幕週ということで内外不利の少ない馬場状態で外に回さざるを得なかったのが敗因か。桜花賞は3週目となるので、あのコース取りでも勝てるかもしれない。○ショウナンパントルを「主役の1頭」と言ってるんだから、単勝くらい買っておけよと後悔。最後叩き合いになってSS産駒の勝負根性が活きたということだろうか。アンブロワーズは「キルトクール」の1頭だったかもしれない。▲リヴァプールはもう少し前で競馬してほしかった。川島クンにはもう少し勉強してもらわなければならない。1枠の2頭は見せ場なく終わってしまった。ちょっと買いかぶりすぎたか。
クラシックを睨むと千八で下ろしたレースパイロットの方が魅力を感じるが・・・

|

« 阪神JF もくにの最終決断 | Main | ニッポンを斬る 11 自衛隊幹部の憲法改正案関与に思う »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/2162220

Listed below are links to weblogs that reference 阪神JF回顧:

» やっぱりSSなのか~阪神JF [血の向くまま]
 阪神JFは、ショウナンパントルが栄冠を勝ち取った。  ショウナンパントルは、サ [Read More]

Tracked on December 05, 2004 at 11:09 PM

« 阪神JF もくにの最終決断 | Main | ニッポンを斬る 11 自衛隊幹部の憲法改正案関与に思う »