« 中山記念 | Main | 弥生賞 展望 »

February 28, 2005

中山記念 回顧

◎バランスオブゲームは、やはり鉄砲は走る。これまでのGⅡ4勝はすべて休み明け。単勝にしておけばよかった(TT)。次は安田記念とのことだが、相手次第ということになりそうで、終い斬れる脚を持つ馬やスピード任せにいっちゃう馬が出てくれば勝ち目はないだろう。目黒記念に出れば勝てると思うのだが・・・(^^;;;)
カンパニーは中山は向かないと思って軽視したが、最速の上がりを記録して2着。でも小回りでは不利があったようで広い馬場の方が向くのだろう。こちらはエプソムCなら重賞制覇か。
○エイシンチャンプはどこにいたのかと思ったら11着かぁ。鞍上のコメントが「いい位置につけたかったが他馬に寄られて下げることに。あれでは仕方ない」ということだがよくわからないなぁ。
▲エアシェイディは終い切れがみられず4着。「ゲート前に便意を催してね。緊張し切っていたので、これはと…」との陣営のコメントでは・・・。
キルトクール指名のメイショウカイドウだが、今週は鞍上もビッグプラネットの話しかしたくないようだし、中山の厳しいレースは向かないのではないかと思う。
さらに、「キッテモコナーイ」に堂々指名したグレイトジャーニーだが、前走前に行って新境地を見せたのに、後ろからマクリ加減に追い込むのが得意な鞍上を使う時点で終わっている。中舘あたり使えば巻き返しがあるかもしれない。中京記念には出てこないだろうから、新潟大賞典で(^^)。

|

« 中山記念 | Main | 弥生賞 展望 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 中山記念 | Main | 弥生賞 展望 »