« February 2005 | Main | April 2005 »

March 31, 2005

再びBSE問題について

BSE問題に関しては、食品安全委員会の専門委員会が一応の結論を出したようである。
その骨子は、全頭検査から生後20カ月以下の牛を除いてもBSE汚染リスクの変化は「非常に低いレベルの増加にとどまる」ということで、全頭検査の対象を緩和する一方で、自主的に全頭検査を続ける自治体に3年間、検査費用を全額補助する方針とうダブルスタンダード方式による決着の形となっているようだ。委員会の議論の際の資料を見てみると、問題となるのは、生後20月以下の牛のリスクは否定できないが、検査では「陰性」になるということである。これは重要な問題ではないかと思う。コッホの3原則から敷衍して考えてみるまでもなく、検査で陰性になるのであれば、その検査はBSEのスクリーニングに使えないということは明らかだからである。この意味で、20月以下の牛を検査対象から外すという判断は正しいと思う。
では何故20月以下の牛についての検査を続行する自治体に対する補助を継続するのかという問題が残る。これは(陰性であることがわかっていても)陰性であることが証明されてないと安心できないという日本版カシュルートなのである。
逆に言うとそこが欧米人には理解できない点なのかもしれない。欧米人はおそらく、検査しても陰性であると分かっているものに対し検査をして、陰性だから大丈夫と言うのは間違っていると考えるのであろう。
この点について欧米人と議論してもかみ合うことはないと思うので無駄なような気がする。今後必要なことは、米国産牛肉が確実に生後20月以内のものであることを証明する方法の確立と、米国産肉を「国産」などと偽装させない国内対策なんじゃないかと思う。


他のブログさんは?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 28, 2005

ハタハッハ Hピアスの呪縛

用事で出かけていてレースを見ていないので状況が良くわからないのではあるが、宮記念はキルトクール指名のアドマイヤマックスが制し、マーチSもキルトクール指名のクーリンガーが優勝とダブル「ドンガバチョ」という結果に終わった。
とりわけ、宮記念は<キルトクール>-▲-(キに近い切)が1,2,3着とほぼ完璧な○..| ̄|_状態。
マーチSの方は中山コースが地方並みの状態だったということで、そういう状況であればクーリンガーが来てもおかしくないと理解できる。
宮記念の方は甘いはずのAマックス(前走は予定通り4着だったのに)が圧勝というのはどうも・・・。これも武マジックなのだろうか。馬場の内外の痛みの問題が指摘されてはいるようだが、武様のコメントを読んでもよくわからないし・・・
いずれにせよ、この馬に関しては「ホーネットピアスの呪縛」を解かないとなかなか買えそうにない気がする。というか、安田記念で人気になったら、今度こそ4着じゃないだろうか。<負け惜しみ・・・

他のブログさんは?


| | Comments (0) | TrackBack (5)

March 27, 2005

サイン系の人必見!高松宮記念

今日のレープロに高松宮記念は「ギャラントアローに勝たせたい。」という小説が載ってますなぁ。
尤も、一番人気から二番人気への馬単一点勝負とも書いてあるが・・・

いずれにしてもサイン系の人には必見でしょうなぁ。

ホントに来たらどうしよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 26, 2005

高松宮記念 もくにの最終決断 &マーチS

楽天対千葉ロッテの開幕戦を少し見ていたが、非常にキビキビしていて進行が早いのに好感が持てた。放映開始時に既に4回に入っており、30分で2イニング終わってしまった。プロ野球人気が落ちる一因としてダラダラした試合展開というのもあると思うので、2時間ちょっとで終わるようなゲームを期待したい。で予想に・・・

中京11R 第35回高松宮記念
 恒例の全頭チェックをしてみよう。
1 スリージェム:芝では実績がないし、このメンバーでは苦しいだろう。(切)
2 ギャラントアロー:ハナ切るとバテるようだし、かといって後ろでは届かない。好位につけてどれだけ粘れるか。いずれにせよ馬券の対象としてはリスキー。(切)
3 ワンダーシアトル:最近の成績ではちょっと手がだせない。(切)
4 ウインクリューガー:前走で終い33秒台の脚で復活への狼煙。鞍上も信頼性高いが、まあワイド圏だろう。×
5 ゴールデンロドリゴ :ここ2走凡走して人気を落としているが、CBC賞の再現あれば大穴も。×
6 タマモホットプレイ:有力馬のスピードについていけないような印象。(切)
7 メイショウボーラー:このところ絶好調。この勢いでGⅠ連勝を期待したいところ。 ◎
8 シルヴァーゼット:ポジションも着順も中途半端な印象。ここでも掲示板はあるかもしれないが、馬券の対象には苦しいか。(切)
9 クリノワールド:昇級緒戦でGⅠというのは荷が重いだろう。(切)
10 ナイキアヘッド:陣営も弱気のようだし、ここは「経験を積む場」といったところだろう。(切)
11 コスモラブシック:この成績では勝負するには厳しい。(切)
12 プレシャスカフェ:人気もしてるし、有力馬の1頭には違いないが、番手から捲くるのが得意な鞍上が短距離のGⅠで捲りきれるか。届かない危険性もある。(キに近い切)
13 カルストンライトオ:前走で香港ショックも解消しただろう。平坦で前々に行って粘りきりそう。○
14 ゴールデンキャスト:人気薄の気楽さで終い3着くらいに食い込んでくるかもしれないが、そんなことばっかり言っていると買い目が増えてしまうので。(切)
15 キーンランドスワン:前走で「古豪復活」ぶりを見せてくれたが、前哨戦勝っている割に人気がないので、買い目に加えておいても損はないだろう。▲
16 キョウワハピネス:ここでは外を回ってくるだけだろう。(切)
17 ブイヤマト:GⅠ挑戦は荷が重いだろう。(切)
18 アドマイヤマックス:掲示板は大丈夫だろうが、終いの甘さがでて4着だろう。(キ)
以上まとめると、◎メイショウボーラー、○カルストンライトオ、▲キーンランドスワン×ウインクリューガー、×ゴールデンロドリゴ。馬券的には枠連4-7、ワイド7-13、7-15、4-7、5-7。
キルトクールにはアドマイヤマックスを指名。

中山11R 第12回 マーチS
 ここは◎16サカラートに頑張ってもらいたい。相手もこのところ好調な○2ブラックコンドルで。馬券的にはタイキエニグマ-レマーズガールで決まってもおかしくないので枠連1-8中心に。
キルトクールには最近中央では今一歩の11クーリンガーを指名。


他のブログさんは?

| | Comments (0) | TrackBack (14)

日経賞ほか

中山11R 第53回 日経賞
「コスモバルクとオペラシチーの一騎打ちムード」と以前書いたが、やはり心配なのはバルクのオーナーの小細工。今のところヤネを替えた(多くの騎手にチャンスを与えるためらしいが)こと以外はなさそうなので、まあそのままで大丈夫だろう。より安定感のある12オペラシチーが◎、自分のペースで先行できなかった時にコケる公算の高い9コスモバルクが○。といっても9-12を買ってもしょうがない気がするので、休養前に終い33秒台で走っている13テンジンムサシ(単にテンジンショウグンからの連想という説もあるが)を絡めて、3連複9-12-13。枠連(馬連よりつきそうな気がする)6-8、8-8。ワイド12-13。

阪神11R 第52回 毎日杯
 人気になりそうな2コンゴウリキシオーは賞金的にマル外枠当確だろうから、ここはいろいろ試せる場か。是非内側から突き抜ける競馬をしてもらいたい。6ローゼンクロイツも本番大丈夫だろうが、たんぱ杯組のレベルに?が付き始めているのでここは名誉挽回したいところ。で、勝負気配なのは賞金を加算しないと本番出走が叶わない組。
ということで、重賞実績もある◎3コスモオースティンに期待したい。地元に馴染みの薄い関東馬ということもあって、あまり人気にもならないだろう。3の単勝、馬連3-6、2-3。

中山9R 山桜賞
 良血10エアサバスが人気になりそうだが、柴田先生は人気になると驚異的な駄乗で笑わせてくれることがあり、ここでもその公算あり。ということで狙いは内枠で前々行けそうな関西馬3スイートアリッサム。相手も関西馬11コウエイマーブル。馬連3-11。


他のブログさんは?

| | Comments (0) | TrackBack (6)

March 25, 2005

土曜は中京で・・・

頑張れニッポン。テヘランはすごいのぉ~
愛読しているMMなどによると土曜の中京は本田、中舘、柴山、赤木を買っておけば大丈夫とのこと。実際みてみると確かにそうかも・・・

中京6R 4上500万下
 ここは赤木騎乗の7エリモジェンヌが中心か。相手も柴山騎乗の15モリトヴィーナス。中舘の10スペースウーマンも無視はできず。

中京7R 4上500万下
 ここも、柴山騎乗の11ゲイリーリボルバーが軸か。相手は中舘騎乗の13スウィートデジャヴ、本田の3サウンドスピリットも圏内。

中京8R 4上500万下
 おこも、本田の5スリーハイランドは無視できない。さらに、柴山の2ヒミノトップガンが相手か。

他のブログさんは?


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 23, 2005

キルトクール炸裂!! 宮記念・マーチS展望

 1回中京8日11R 宮記念
 スタートから前にガンガン行きそうな面子が揃った印象。普通はこういう展開だと後ろから来る馬が有利ということになるのだが、そこは平坦小回りコース。前に行った馬がそのまま行ききってしまう展開必至とみたい。そこで、中心となるのは芝でもスピードを活かせそうなGⅠ馬◎メイショウボーラー。相手は最終週で多少時計の掛かりそうな馬場幸いしそうなスプリンターズSの覇者○カルストンライトオ。さらに、前走で復活をとげた▲キーンランドスワン。
キルトクールは終い甘そうなアドマイヤマックス。

 3回中山2日11R マーチS
 今の段階でどの馬が出てくるか当てる方が本番の予想より難しいかも(^^;)。とりあえず、そろそろ初重賞制覇の美酒をあげたい◎サカラートを本命に、相手はアテにし辛いが、走るときは走る○ジンクライシス。さらに、連勝で勢いにのる▲タイキエニグマ 。
キルトクールは外から被せられるとモロいことがはっきりしているユートピア。

日経賞はコスモバルクとオペラシチーの一騎打ちムードだし、毎日杯はコンゴウリキシオーが人気しそうだが、ローゼンクロイツとコスモオースティンでいく予定。

他のブログさんは?


| | Comments (0) | TrackBack (5)

仕事に行き詰ったときは

仕事に行き詰ったときに、案外全く専門外の書物にヒントが隠されていることがあるようだ。以前、ある開業医の先生が、「患者さんの対応に困ったことがあった。いくら医学書を読んでもやり方がわからない。でも答えは漢籍にあった。」ということを言っていたことがある。
「失われた10年」とか「閉塞感漂う世相」とかよく言われる。どうも、専門外のことにまで目がいっていないことが一因ではないだろうか。
「教養」の重要さが認識されるこのごろである。

他のブログさんは?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 21, 2005

岡部引退デー観戦記

まずは、福岡沖地震の被災者の方々にお見舞い申し上げたい。
岡部引退デーとあって、中山まで足を運んでみた。まず、引退記念入場券と場内入場。こういう状況では混雑するであろうことは十分予測できるはずであるのに、入場時間は従来通り。現場に十分な権限委譲ができていないか、現場の担当がアホなのかどちらかであろうが、いずれにせよかなりの行列ができてしまっていた。入場開始時間を若干早めるとかの柔軟な対応が望まれる気がした。まあ、なんとかトラブルもなく、入場し、指定席に並ぼうとするもかなりの行列で断念し、一般席に陣取る。
P1010005
 昼休み、メディアホールで岡部JKのトーク。一番受けたのは、司会者(鈴木淑子さん)の「これから何を?」の問いかけに対し、「ハローワークに行きたい。」と答えたところか。思い出のレースベスト10を見ながらのトークとなったが、ビデオを見ながら涙ぐんでいる観客がいたりしたのは印象的であった。
メインのスプリングSは波乱の結果となったが、上位3頭がいずれも父内国産というのが印象的だったし、鞍上も蛯名―四位―武ということで「競馬は騎手」ということを印象付けたレースだったのかもしれない。
実質本日のメインイベントであった最終レースであるが、蛯名連勝ということではあるが、1、2着馬が最後ヨレてインセンティブガイの四位が腰を浮かすという後味の悪い結果となった。逆に考えれば「岡部の後継者はいない」という意味で良いメモリアルレースになったいうことかもしれない。
P1010008new
審議が長引いたため、レースのプレゼンターとしての表彰式、最後のパドックでのセレモニーも予定より遅くなったが、多くのファンが家路につく前に岡部JKとの別れを惜しんだ。
とにかく、GⅠ並みの大混雑でJRAの試みは大成功ということだろうが、若干運営上の反省点は残ったと思う。こうした点を改善しながらさらにファンサービスの向上に努めていただきたい。

いずれにせよ、岡部さんには、「夢をありがとう」と申し上げておきたい。
P1010012new


他のブログさんは?

| | Comments (0) | TrackBack (2)

March 20, 2005

日曜競馬(岡部騎手引退記念ほか)

いよいよ岡部騎手も正式引退。やはり中山に出向いて退職慰労金の一部にと拠出しようと計画している(^^)。

中山12R 岡部騎手引退記念
 騎手の名前がついた冠レースはJRAでは例がないとの話だったが、武がわざわざこれに乗るために東上。人気になりそうではあるが、久々ということもあり軽視し、中山千六では内枠から狙っていきたい。
そこで、穴男江田照騎乗の◎2オーゴンサンデーから入りたい。相手は東のエース横典騎乗の○9アサクサデンエン。さらに、▲13アルビレオも鞍上のマクリ決まれば。馬券的には枠連1-5、1-7、5-7。ワイド2、9、13BOX。
キルトクールは14マイネルモルゲンを指名(枠で買っているところがセコいが・・・)。

中山11R 第54回ライブドア杯(爆)スプリングS
 ここはトライアル出走の馬よりも出走権獲得に向け本気モードの馬に注目したい。その意味で4ディーエスハリアーはここで3着以内に入らないと本番はまず無理。4の複勝と4-6、4-13のワイド。このレースのキルトクールは鞍上のリズムが今イチの7ペールギュントか。

阪神11R 第53回 阪神大賞典
スローの終い勝負になりそうな展開。となるとSS産駒の2頭(4リンカーン、10ピサノクウカイ)中心とみたい。別定戦でも5ハイフレンドトライも食い込めそうで。馬連4-10、3連複4-5-10。


他のブログさんは?


| | Comments (0) | TrackBack (5)

March 19, 2005

土曜競馬(若葉Sほか)

阪神11R 若葉S
 皐月賞トライアルであるが、本番で掲示板を確保できそうなイメージが湧く馬が見当たらない印象。テイエムヒットベ、シルクネクサスあたりが前に行き、ヌルいペースの競馬になりそうな予感。そうすると終いの決め手勝負になる公算が高い。となると狙いはSS直子。たんぱ杯で終い33秒台で走った2◎シックスセンスが本命。相手は前々で競馬ができ、終いも粘れそうな○12エイシンニーザン。さらに、デムーロが最後持ってきそうな▲10グッドネイバー。馬券的には枠連2-6、2-7。ワイド2、10、12BOX。
人気になりそうな5アドマイヤフジはどうも甘そうな印象を受け、キルトクール指名。

阪神7R 3歳500万下
ここは、◎5アップドラフトが中心だろう。相手も○7スナークファルコンで良いと思うがフレンチデピュティ産駒2頭にも注意か。枠連5-7、4-5。ワイド4-5、5-7、5-8。

中山11R 第19回フラワーC
2シーザリオ、5ラドランファーマ、13ウェディングヒミコの3つ巴ムードだが、3連複買ってもあまりつかない印象があるので、名前からしても(^^)、一角を崩せそうな9サオヒメと12タマヒカルの複勝とワイド9-12でも買って様子をみたい。

中山7R 3歳500万下
前走圧勝した◎8ブレイクオブドーンが昇級でも一気にいけそう。相手も昇級だが前走好時計の○3エイワンタッチが距離伸びても。馬連3-8。

他のブログさんは?

| | Comments (0) | TrackBack (5)

March 16, 2005

「竹島の日」に思う

島根県議会が、「竹島の日」を条例制定しようということで、韓国が大騒ぎになっているようである。日本の一地方自治体の動きを中央政府にコントロールを求めようとしていること自体、韓国が「地方自治」を理解していないことの表れと言えるのであろうが、それはさておき、2月7日は北方領土の日とされている。
この日について、ロシア政府が公式に抗議したという話は聞いたことがない。(住民レベルの小集会は行われたようであるが。)これは、ロシア政府がこんな日の制定など意味がないと無視をきめてかかっているからであって、自治体の決めた日にまで過敏に反応する韓国と随分違う印象を受ける。穿った見方をすればウシロメタイところがあるから、逆に声を上げるのではないかとすら思えてしまう。勿論日韓の特別な歴史的事情を指摘する声もあろう。しかし、第二次大戦後の日本の領土の範囲については、東西南北どこをとっても事情は同じであり、わが国が地域によって主張を変えるということはありえない話なのである。
国境というのはいろいろないざこざが起こるものなのである。そう考えると、韓国という国はきちんとした国境がない国だということに注目する必要があるのかもしれない。現在の北との境は「休戦ライン」に過ぎない。韓国が竹島を実効支配したのが、休戦ラインが設けられた直後の1954年からだということも興味ある事実である(*)。北と戦争している時は竹島なんかどうでもよかったわけだ。まあ、あのキューバに米軍基地 があるくらいだから、世の中なんだかわからない。

ところで、韓国の国立現代美術館の収蔵品の中に、「JAPAN SEA」と書かれていた作品があったが、この作品はまだ展示されているのだろうか?

(*)その後、ある本を読んでいたら、韓国が1952年の「李承晩ライン」設定の際に、竹島をラインの内側に組み入れていたということが判った。ただ、これは国境線ではなく、国際法を無視した一種の排他的漁業水域だと思うが、この線を引いた背景にはサンフランシスコ講和条約で、韓国側の竹島の領有権主張が入れられなかったことがあるようである。


他のブログさんは?

| | Comments (0) | TrackBack (1)

毎日新聞報道に?

毎日新聞に専門学校卒のレントゲン技師を採用 全国初 という記事が出された。これを見てそうかなぁと思った。大卒以外の医学部教員は、以前信州大学がどこかで、旧制中学出の講師がいたような気がする。
まあ、全国初であってもなくても、今回教員に採用された方の能力が優れていることに変わりはないと思うのでどうでも良いことと思うが、この手の記事を出す時は十分気をつけた方が良いと思う。

他のブログさんは?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 15, 2005

米国務長官来日とBSE問題

米国の新国務長官が近々来日するという。その最大の話題は「ライス」ではなく「ビーフ」のようである。
どうも争点は、わが国が米国産牛肉の輸入解禁日時を「明示しない」ことにあるようである。しかし、この理論は本末転倒している。わが国にとって必要なのは米国産牛肉輸入解禁のための「道筋」であって、極論を言えば、米国がわが国で採用している屠殺牛の全頭検査を「明日から行います」といえば、「明日」から輸入解禁となるのである。
食というのは生活の一部であり、言い換えればそれぞれの国の文化の一つである。その異文化に進出しようとするのであれば、それに迎合するのは当然のことで、「非科学的」と非難するのは一面では真実かもしれないが、異文化を押し付けようとする点で驕りがある。だいたい、全頭検査を「非科学的」と主張する人々は「カシュルート(kosher)」についても同様の主張をするのだろうか?
逆に「全頭検査はわが国の文化的背景から言って、一種のカシュルートのようなものであり、これについて異議を唱えることはカシュルートを否定することと等しいものである。」と説明すれば多くの米国人は黙るのではないだろうか。
食品安全委員会が判断に苦慮しているのは、米国側が自身のBSE対策をせいぜい微修正しかしないと言い張っている中で、牛肉の安全性をどう担保することが良いか到達点を見極めているからに他ならない。「同じ」であることと「同じようなもの」であることは違うのである。

 そうは言っても、相手を非難ばかりしていても前進はないので、解決策のオプションにはどのようなものがあるか考えてみると、
1 米国も全頭検査を実施する。
2 生後20月以下であることが履歴管理等で確実に証明できる牛に限り輸入を認める。
3 米国民は米国式の管理で牛肉を食べている(日本人も米国に行けば米国産牛肉を食べることが可能)ことを十分認識し、それと同等のBSEのリスクを許容することを受容した人に対してのみ開放する。
4 国産牛と輸入牛の基準を異なるものにする。
といったところだろうか。いずれにせよ、違反への厳罰など実効性の確保が重要な課題ということになろう。

他のブログさんは?


| | Comments (0)

March 14, 2005

クリスタルC回顧

勝ったのは「キルトクール」指名のディープサマー。スタートから前に行って競馬したのが良かったのだろう。2着馬は風水が向いていたということだろうか(^^)。
◎アイルラヴァゲインは「問題は鞍上の弱気だけ」と書いたが、スタートで出遅れ、さらに途中不利があるというツキのなさだった。しかし、こうした展開になってしまうこと自体鞍上のリズムの悪さを象徴している印象を受け、馬自体は終いだけで3着に食い込んでおり、能力の高さはみせたということは言えることから、次はヤネの変更も視野に入れて検討する必要があるのではないか。
▲チアフルワールドは惜しい4着。もう少し前で競馬した方が良かったか。
○エイシンヴァイデン(5着)はどうも叩き良化型のようで、さらに鞍上も「1600mぐらいの方がよさそう」と言っているそうなので次走に期待というとこだろうか。


他のブログさんは?


| | TrackBack (2)

March 13, 2005

フィリーズR ほか

しかし、JRAの岡部引退祭りには驚かされた。20日は思わず中山に行ってみたくなってしまう。

阪神11R フィリーズR
 13ディアデラノビアが怒りの連闘。この馬の取捨がカギとなろう。先週は吉沢元騎手に「ヤネのせいで負けた」と言われてしまったが、このレースは2連勝中。再度無様な競馬はすまい。白梅賞で下した10エアメサイアがエルフィンSを制したことから単純に考えるとディアデラノビア>エアメサイア>ジェダイト、デアリングハート。阪神JFの結果からジェダイト、デアリングハート>キャントンガール、カシマフラワー、モンローブロンド、コスモマーベラス。スズカパサー・アイノグレースはダート馬っぽく、ブリトン、ツルマルオトメ、フジノハゴロモは千二要員で消し。
残ったのは2頭。8ラインクラフトは阪神JFで不本意な3着。ここはあくまで本番へのトライアルであるが、実績・力関係からもここでは上位にきそう。ということでこの馬を◎に。7フローラルパレス。ここで権利を取らないと本番に出られない。そういう意味で真剣勝負。名牝フラワーパークの仔という血統、前走阪神で上がり34秒台というのは魅力であり、○に。3番手に相対的に▲13ディアデラノビアが位置する
キルトクールにはドンガバチョの可能性高いが(^^)、10エアメサイアを指名。
馬券的には、枠連4-5、5-7。ワイド7、8、13のBOX。

阪神6R 3歳500万下
ここは久々でも4ハギノグラッドが主役か。相手はダートのこのクラスで上位にきている11クロウキャニオン、1タケショウヤマト。馬連1-4、4-11。

阪神7R 3歳500万下
前走圧勝が魅力の12ロスメレンゲス。ここも前々で押し切りか。相手は前目で競馬できる2アグネスモナクと名前とは裏腹にこのくらいの距離が合いそうな5ヤマトスプリンター。
馬連2-12、5-12。


他のブログさんは?


| | Comments (0) | TrackBack (6)

March 12, 2005

クリスタルC

アネモネはドンガバチョか。ところで、ホリエモンの面白い歌を知ったので・・・
頭叩かれ 格好言われて それがどうした 僕ホリエモン
IT時代の 新型人間  どんなもんだい 僕ホリエモン
奇妙キテレツ 摩訶不思議 企業買収 お手の物
時間外でも へっちゃら平気~
ホリエモン ホリエモン CXに勝った CXに勝った ホリエモン

中山11R クリスタルC
 このメンバーならば、重賞勝ち馬を輩出している新潟2歳S組である◎3アイルラヴァゲインに勝ってもらわなければしょうがない。問題は鞍上の弱気だけだろう。相手は重賞でもそこそこいい勝負をしている○4エイシンヴァイデン。さらに、前々で押し切りたい▲7チアフルワールド。まあいずれにせよマイルC勝ちそうな面子はいなそうなので、エルシエーロの下が有力ってことか・・
枠連2-2、2-4。ワイド2,4,7BOX。
キルトクールは2ディープサマー指名。

他のブログさんは?


| | Comments (0)

March 11, 2005

アネモネS

中山10R アネモネS
ここは10アンブロワーズが軸とみてよいだろう。相手は前走好走した13タケカワルキューレか。あとは内枠につけた2オースチンローズの一発期待。人気の一角を占めそうな8ペニーホイッスルは終い甘くなりそうで・・・
10-13、2-10。
キルトクールはペニーホイッスルで。

しかし、ストーミーカフェの離脱は痛いなぁ~

他のブログさんは?


| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 09, 2005

岡部引退報道とTBポリシー

岡部騎手引退の報はあちこちのブログでも話題になっているようだ。いろいろな意見はあるだろうが、あえて1000勝ジョッキーの特典を用いず、「生涯一騎手」を貫いた姿勢は評価されるべきだろうし、最近の騎乗をみても追えなくなっているのは明らかで、本人が潮時と判断したのは正鵠であろう。
でいろいろブログを見ているうちに、トラックバックに対する考え方も各ブロガーさんの間でさまざまなのがわかった。ちなみに、小生は、予想系をやみくもにTBするということはせず、必ず一読して何らかの参考にしたブログにTBすることにしている。「参考」といっても別に引用したりという意味ではなく、それぞれの見解に同意あるいは異論といった見解を持つということも含めてである。各ブログに「コメント」をすれば済む話ではあるだろうが、そういう部分も含めて見解を自分のブログに書いているんでいちいちコメントするのを省略しているという極めて手前勝手な論理かもしれない。
まあ、各ブロガーさんのポリシーは尊重しないといけないのでこれからは十分留意して参りたい所存ではあるが・・・

他のブログさんは?

| | Comments (0) | TrackBack (10)

March 06, 2005

弥生賞 回顧

スローに流れた序盤戦、あと800mから外目をスパートし、終いはSS産駒らしい斬れを活かしてハナ差の勝利。一見文句のつけようがないが、ディープインパクトは「弥生賞に勝つ競馬」をしてしまったという印象を受けた。
裏を返せば、本番に向けていろいろ課題・問題を残した気がする。まず、本番では今回のような頭数でなく、フルゲートでゴチャツク展開になるのは目に見えている。今回は馬群に入れて揉まれる競馬をやらせた方がよかったのではないか。本番で18頭の大外を回したらいくらなんでも届かないだろう。
比較的長く良い脚を使えそうな印象を受けたが、本番ではかなり速いペースで前半から飛ばす馬が出てくることから、途中で脚を使ってしまうおそれがないわけではない。皐月賞では枠順・展開・馬場等の諸条件を十分考慮していく必要があろう。単勝1.5倍にもなったら「危険な人気馬」になる気がする。
むしろ3着のマイネルレコルトの方が、今の脚では終い勝てないことがはっきりしたので、序盤からの位置取りをもっと注意するという課題がはっきり見えた印象を受け、巻き返し可能かもしれない。
いずれにせよ、皐月賞は◎ストーミーカフェで決まりかなぁという感を強くした一戦であった。

他のブログさんは?

| | Comments (0) | TrackBack (6)

March 05, 2005

土曜競馬 チューリップ賞ほか

グリーンチャンネルって競馬放送と思っている人は多いのだろう。確かにそうではあるのだが、正式には「財団法人競馬・農林水産情報衛星通信機構」という機関で、競馬以外にも農事情報を多数流している。いわゆる「アグリネット」というやつで、その中に「農林水産気象情報」というのがある。要は天気予報なのだが、まあそういうものまで手がけるくらいだから、馬場の状況なども十分考慮されるんだろう。ということで予想に。

阪神11R チューリップ賞
 本番と同じ条件で実施されるトライアル。2連勝の13ディアデラノビアが人気しそうだが、2勝とも終いの斬れを活かした勝利で、タイムは平凡。メンバーが上がって厳しい勝負となりそうな流れに対応できるか疑問。ということで「危険な人気馬」とみたい。もう1頭の人気馬10オリエントチャームだが、こちらの問題は出遅れ。ただ、逆に流れに無関係に行けそうな印象もあり、鞍上も含めて○に推したい。本命は紅梅Sでオリエントチャームを破った◎14エリモファイナル。馬場が渋りそうなのも好材料。さらに、注目したいのが久々も鞍上に川原を起用した▲9コスモフォーチュン。スピード活かして行ききっても。GⅠ4着の実績を誇る△1ハギノコマチだが、最内でゴチャツク中をどう捌けるか。キルトクールには当然13ディアデラノビアを指名。
馬券的には、枠連6-8、5-8、5-6。ワイド10-14、9-14、1-14、9-10。

阪神6R 3歳500万下
ここは人気だろうが、フレンチデピュティ産駒の2頭で大丈夫だろう。馬連2-7。

阪神7R 3歳500万下
あまり前に行きそうな馬がいない。ということは終い勝負となりSS産駒の独壇場だろう。ということで◎5アドマイヤコングが中心。相手はフジキセキ産駒の6枠両頭ということで、枠連5-6。


他のブログさんは?


| | Comments (0) | TrackBack (12)

March 03, 2005

仁川S 展望

 フェブラリーSにでてきても買おうと思っていたジンクライシス、サカラートが登場。さらにブラックコンドルが出るとあらば、この3頭の3連複中心で良いのではないか。
AJCCや中山記念がGⅡなら、メンバー的にはこのレースだって重賞にしたっておかしくない気がするなぁ。

他のブログさんは?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 01, 2005

弥生賞 展望

今年も少頭数による戦いになりそうだが、やはり注目すべきは関東初見参となるディープインパクトの走りということになろう。過去2走とも抜群のパフォーマンスを見せ、一挙にクラシックの主役に躍り出た印象を受けるが、長距離輸送もある上に、厳しい中山のレースにどう対応できるか。逆に今回もアッサリ勝つようだと「三冠」の声も大きくなってくるかもしれない。これに対峙するのはやはり2歳チャンピオンマイネルレコルトということになるのかもしれないが、間を空けるよりも使った方が良いタイプのようにも思える。ここはあくまでトライアル。「勝ち」に拘る競馬はしないような気もする。
そこで、注目したいのはアドマイヤジャパン、キングストレイル、ニューヨークカフェ、レットバトラーといった面々。これらは当然本番でも複勝圏には入る可能性がある馬たちであり、本番に向けた取捨という意味でも今回の戦いぶりが気になるところである。
いずれにせよ、中山二千なので終い勝負ということになり、「斬れ」を見せた馬が美酒を味わうということになろう。

| | Comments (0) | TrackBack (6)

« February 2005 | Main | April 2005 »