« March 2005 | Main | May 2005 »

April 30, 2005

天皇賞・春 もくにの最終決断

 惨劇に嘘と詭弁の巷にも今日も競馬の出来る幸せ(もくに)
ということで・・・

京都11R 天皇賞・春
今年は抜けた馬がいない印象なので、かなり人気も分散している。さらに、思い切って逃げそうな馬も見当たらないことから、終い勝負になりそうな予感。そうなるとSS系(直子7頭、直孫2頭、BMS2頭)が強いということになるが・・・
恒例の全頭チェックを。
1 ザッツザプレンティ:菊花賞馬ということは十分考慮しないといけないし、鞍上岩田というのも魅力だが、屈腱炎明けというのは高く評価しがたい。(切)
2 アクティブバイオ:障害帰りが盾というのもなんだろう。(切)
3 アドマイヤグルーヴ:秋の盾は展開が嵌ったということで。牡馬相手に長丁場は厳しいだろう。(切)
4 トウショウナイト:5連続連対、特に年明けは重賞連続2着という実績は評価したいが、ティンバーカントリー産駒に三千二百というイメージはちょっと・・・(切)
5 ユキノサンロイヤル:日経賞勝ったのは注目に価するが、それだけレベルに問題があったということで。(切)
6 リンカーン:天皇賞に大統領はちょっと・・・(切)
7 シルクフェイマス:今年も着狙いに徹すれば3着はあるかも。(×)
8 ヒシミラクル:一昨年の覇者であることは考慮しないといけないが、休養明け後パッとしてないのが・・・(切)
9 チャクラ:人馬ともに中途半端な印象。思い切って逃げるとかちょっと趣向をこらしたら如何か。(切)
10 スズカマンボ:4歳馬の中では最先着しそうな予感がするが。(切)
11 ハイアーゲーム:長いところを使われてそこそこ戦っているが、本来千八くらいが向くのでは。エプソムCで。(切)
12 マカイビーディーヴァ:女性5人の名前を繋げた馬名とは知らなかった。豪州より日本の方がレベルは上などと言っているようでは。(切)
13 アイポッパー:鞍上が外から回すと伸びないのが不安因子だが、好調さでカバーできるのでは。(○)
14 サンライズペガサス:やはり二千が向いているんだろう。(切)
15 マイソールサウンド:マイラーと言われているようだが、父親はこのレースを勝っている。母父SSだし、人気もなさそうなので狙い目か。(◎)
16 ハーツクライ:来てもおかしくはないが、来なくとも不思議ではない。(切)
17 ビッグゴールド:「オープン大将」かもれないが、連勝の勢いは評価したい。(△)
18 ブリットレーン:ユニオンの馬がGⅠ取るのも痛快かもしれないが、ちと無理か。鞍上の魅力で掲示板狙いなら。(×)
 ということで、馬券的には馬連13-15。ワイド13-15、7-13。枠連4-7、7-7、7-8。複勝17、18。
キルトクールは6リンカーンを指名。

東京11R スイートピーS
 ここは桜花賞組中心に10◎ダンツクインビー、5○ブリトン、14▲ライラプスで。

他のブログさんは?

| | Comments (0) | TrackBack (10)

April 29, 2005

青葉賞&新コロ

東京11R青葉賞
 以前はあまり本番につながらない印象があったが、最近はそうでもない。今年などは皐月賞で勝負付けが済んだ感じなので、むしろ本番に向けて注目馬を探すレースになるか。
まず、弥生賞に出てきた4頭。順位は5~8位と冴えなかった。一番注目されるのは良血5ニューヨークカフェだが、やはり秋になってからだろう。あとの3頭も相手なりに走る感じなので、馬券になるかもしれないが、本番での魅力に欠けるのが難か。
そこで本命に推したいのが◎15コスモオースティン。前走も自分の競馬で2着に粘った。今回ワールドアベニューも逃げ宣言しているので、ムキになる鞍上なので、共倒れになるペースになると駄目かもしれないが、坊や相手に大人気ないこともしないだろう。相手はコスモに京成杯やゆりかもめ賞で迫っている○17イブキレボルシオン。
人気になりそうな1ダンツキッチョウであるが、前走の結果はイブキとそう差があるものではなく、人気ほどは差がないと考えたい。ただ最内なら鞍上も上手く立ち回れるだろう。
馬連15-17中心に、3連複1-15-17、10-15-17。
 キルトクールは5ニューヨークカフェ。「成長力」がカギになるだろうが、夏越して逞しくなるというタイプなのでは。菊花賞はこの馬かもしれないが今はまだ・・・

新コロ
新潟開催になり、柴山・中舘・木幡といった面々が新潟騎乗。
新潟6R 3ニシノイワイザケ。ワイド3-9
新潟7R 9ユニバーサル
新潟8R 9リージェントゲスト
新潟9R 16ゲッケイジュ
新潟10R 1ヤマノダイセンプー(8グランデグロリアに注目したいが・・・)
新潟11R 5ステキプレゼント
新潟12R 12グレートパルサー


他のブログさんは?

| | Comments (0) | TrackBack (12)

April 27, 2005

天皇賞・春 カブトヤマ記念か女帝誕生か

 さて、天皇賞・春である。どうもこれといって抜けたメンバーがいない印象を受け、展開一つでどうにでもなるような気がする。そこで注目したいのが、阪神大賞典で上位を占めた父内国産馬たちである。フロックでは三千mの重賞は勝てないだろうし、本番でもそれなりの格好は見せてくれるのではないか。順番通り◎マイソールサウンド、○アイポッパー、▲サクラセンチュリーとしてみたい。
一方で、前走期待はずれだった豪の女傑マカイビーディーヴァであるが、どうも終いの坂が合わなかったような印象を受けた。京都コースに変われば克服可能かもしれない。アドマイヤグルーヴも組し易しとみて出てきた。時あたかも皇室典範の改正が話題になっている時期でもある。別路線として女傑にSS産駒を加えた展開も一考の要があるかもしれない。要は「競輪競馬」になりそうな一戦である。

他のブログさんは?

| | Comments (0) | TrackBack (6)

JR西日本脱線事故-再発防止へ何ができるか。

JR西日本の脱線事故は死者70名を数える大惨事となった.
事故原因はいろいろな説があるようだが、その一つとして、前の駅でオーバーランしたことによる列車遅延を回復するために、焦ってスピードを出しすぎたのではないかというがあるようだ。
これについて、ある専門家は、「ベテラン運転士だと1分半の遅れだと3駅くらいで取り戻そうとするが、この運転士は1駅で取り戻そうとしたのではないか」と言っていたが、そうだとすると、これはまさにマニュアルに書かれていない「裏技」で、こうした「暗黙知」が事故防止に関係しているのかもしれない。こういう裏技をきちんと集積して、再発防止に努めることが最大の供養なんじゃないかと思う。

他のブログさんは?

| | Comments (2) | TrackBack (1)

April 24, 2005

日曜競馬(フローラS & 福コロ)

東京11R フローラS
 人気馬がコケるレースとして知られるが、要は人気ほど実力の差がないということではないか。ということで、人気のレースパイロットに前走のミモザ賞で差のない2着だった、◎8イエローパピヨンから入りたい。さらに、フラワーC3着を評価したい○6アルフォンシーヌ、さらに、ジュニアC2着、クイーンC4着ならここでも掲示板は見込める▲13パーフェクトマッチとデザーモで終い頑張れそうな△7ピサノグラフ。
キルトクールは15ディアデラノビア。「府中二千の大外は不利」の格言がここでも・・・

東京10R メトロポリタンS
 「断念天皇賞」という印象のレースか。日経賞3、4着だった◎6オペラシチーと○8アンフィトリオンで。

福コロ
福島で複コロでも如何か。といっても未勝利戦はよく分からない部分があるので6Rから。
福島6R 10シャンハイセンプー
福島7R 8キープクワイエット
福島8R 4アツスパーゴ
福島9R 14エムエスゴールド
福島10R 4タイニーウイナー
福島11R 3レクレドール
福島12R 3シンボリモーガン

他のブログさんは?

| | Comments (1) | TrackBack (5)

April 22, 2005

隙間こそ狙い目 土曜競馬

 GⅠの中休みの週だけあって、今イチテンションがあがらないなぁ。世間一般もGWに向けてメイチ働いている時期(小生も相対的にはそうであるのだが・・・)だし、まぁこういう時期こそ大穴が来ると信じていくしかないだろうか(^^)。

京都11R オーストラリアT
 ここは素直に◎10サイレントディールを信じることとしよう。相手は京都得意な○4シアリアスバイオとオープンでも通用しそうな▲8ツルマルヨカニセ。

福島10R 医王寺特別
 ここは6枠2頭◎12アグネスドーン、○11オメガスピリットに期待。

福島12R 文知摺特別
 休みあけでも◎15アグネスクラウンの3連勝は固そう。相手はそろそろ圏内に入ることを期待したい○3カスケード、鉄砲走りそうな▲8クリスタラン。


他のブログさんは?

| | Comments (1) | TrackBack (11)

April 20, 2005

二つのコンクラーベ

 二つの「コンクラーベ」が行われた。一つは本家のローマ法皇選出会議。もう一つは自民党の郵政関係合同部会である。
 初日はどちらも決まらず、二日目に決まったという点では共通しているが、後者の方は執行部が「政府と調整するということの一任」をやや強行的に取り付けてとりあえずの結論を出したことから、それでおさまらない民営化反対派は「納得できない」などと気勢をあげているようである。まだまだ紆余曲折があるんだろうか。
 しかし、意外なところでコンコルディアのおっかさんも脚光をあびたなぁ~。

他のブログさんは?

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 18, 2005

これは本物か 皐月賞短回顧

ディープインパクトの強さはやはり本物だった。直線で一ムチくれるとさっと走り出した。
予想通り4角手前から隣でついて行こうとしたローゼンクロイツは直線に行く前で既に全く歯が立たなかった。まさに「スタア誕生」の一冠目というところか。
ダービーはもっと走りやすいレースになるだろうから、このまま行けば2冠はほぼ手中か。レディブロンドをみていると成長力もありそうだから、秋もかなり期待できそうだ。
2着は「相手なりに駆ける馬のようだ」と評していたシックスセンス。こういうレースだとこうしたタイプの馬が良いのだろうか。

他のブログさんは?

| | Comments (0) | TrackBack (6)

April 17, 2005

皐月賞 もくにの最終決断

中山11R 第65回皐月賞
 どうもモチベーションが高まらないレースだが、恒例の全頭検査(^^)を。
1 アドマイヤフジ:鞍上がノッているのは買い材料だが、「善戦マン」の域を出ないようで、GⅠで突き抜けるというイメージが湧かない。(切)
2 トップガンジョー:スプリングSのレベルが高かったことを考慮すれば、3着は評価すべきものだろう。人気薄だし鞍上は終い追えるのでワイド圏には入るかも。(×)
3 マイネルレコルト:前走で白旗を揚げてしまったのは残念。(切)
4 コンゴウリキシオー:着を拾う競馬に徹すれば掲示板は間違いないだろうが、鞍上の敢闘精神が裏目にでそうで・・・。(キ)
5 ヴァーミリアン:前走はいくらなんでも負けすぎ。ヌルい展開でボっと走るようなレースが向いているのでは。(切)
6 ビッグプラネット:思い切って、ガンガン前で飛ばしてもらいたい。そうなると逃げきりまであるかもしれないが、この鞍上では無理かも。(★)
7 ペールギュント:この乗り替わりは良い方向にでるのでは。3着候補に(△)
8 ストラスアイラ:この辺が人気薄で突っ込んでくれば面白いが、そうは問屋が卸さないだろう。(切)
9 ダイワキングコン:やはりダート馬だろう。(切)
10 シックスセンス:相手なりに駆ける馬のようだが、勝負付けは済んでいるようで。(切)
11 パリブレスト:GⅠでは力不足でしょう。(切)
12 タガノデンジャラス:終いの斬れがありそうで、3着への突っ込みはあるかも。(×)
13 ローゼンクロイツ:隣を見ながら競馬ができる強みがあり、終い33秒台の脚もあるので、対抗としてはこれだろう。(○)
14 ディープインパクト:今年の主役になってほしい馬ではあるが、単勝1倍台では馬券的には・・・(◎)
15 エイシンヴァイデン:二千は長いだろう。(切)
16 アドマイヤジャパン:前走2着が評価されているようだが、オリンピックの準決勝を見ているようで、最高に乗っての2着と流しての1着を比較するのは如何なものかと思う。(切)
17 スキップジャック:どうも千六あたりが向いているようで。(切)
18 ダンスインザモア:前走は評価したいが、この枠での鞍上の乗り方に一抹というより多抹の不安がある。(▲)
馬券的には、枠連7-7が本線。7-8、3-7が押さえ。6の単勝、2、12の複勝。ワイドで2-6、6-14、12-14、13-18。
キルトクールはコンゴウリキシオー

レース的には空き巣の福島の方が魅力的。
福島6R 4上500万下
9エリモジェンヌが中心か。相手は15エイシンベーター。

福島9R 4上500万下
13シンボリブレオが主役。相手は2枠の両頭か。

福島10R 雪うさぎ賞
君子蘭賞組はレベルが高そう。そこで4着だった1クイーンマルトクが中心か。相手は4エイシンサンバレーと5ピクシーダスト。

福島11R 渡利特別
 2マイネルサイプレス中心か。相手は6タマモゴーアップと12ジオストラ。


他のブログさんは?

| | Comments (0) | TrackBack (8)

April 16, 2005

今日もGⅠが 中山GJほか

 最近コーラのCMで若い女性が街角でコーラの瓶をグイ飲みしているシーンが見られるが、どうも黒人男性のpenisを咥えているイメージがしてしょうがない。事実あのコーラの瓶はそれを深層心理的にイメージするようにデザインされているらしいが、今までああいったシーンはなかったような気がする。戦略に変更があったのだろうか。

中山11R 第7回 中山グランドジャンプ
前哨戦でも2、3着になった4フォンテラと5カラジの外国馬両頭が主役だろう。若いフォンテラを◎、カラジが○。さらに、前走で2頭に続いた9ロードプリヴェイルが▲か。2スファンクスデュベルレも無視はできず。
キルトクールは6ギルデットエージ。前走叩き台にしても負けすぎ。今回はせいぜい去年と同じ4着では。
枠連3-4、3連複4-5-9、2-4-5、3連単4→5→9、5→4→9。

阪神11R 第36回 マイラーズカップ
ここは阪神初めても前走で中山記念を2着している◎16カンパニーが主役だろう。相手は、中山記念3着、前走もオープン勝ちした○4アルビレオ。さらに、4連勝の勢いは無視できない▲15ハットトリック。
キルトクールは8プリサイスマシーン。相手なりに走る馬だが、芝では平坦コースの方が向いているのでは。

他のブログさんは?

| | Comments (1) | TrackBack (6)

April 15, 2005

皐月賞枠順確定 ダンスの騎乗ぶりがカギか

郵政民営化の議論が喧しい。驚いたことに、郵政民営化をはじめとする最近の構造改革のプログラムというのは、ほとんど米国が作ったシナリオに基づいているらしい。わが国は米国の核の傘の下にあるだけでなく、法のコートの中にもいたわけだ。そういう状況ならば「自主憲法制定」を掲げる自民党の面々が米国に「押し付けられた」郵政民営化法案に反対するのも理解できるような気がする。
 で、皐月賞の枠順が確定した。ディープインパクトは外の14番。こうなるとおそらくは揉まれることもなく、終いに賭ける競馬をするだろう。問題は大外の18番となったダンスインザモアである。内側ならばスプリングSのような競馬になったろうが、この位置だと次の3つの方法のいずれかを取ることになるだろう。
1 前々につけて、直線で一歩早くスパートして勝ちにいく戦法
2 勝ちは諦めて、外からディープをマークしながら着を拾いにいく戦法
3 何も考えずに乗る駄乗
鞍上がこのどれを取るかによって、展開が大きく変わってくるだろうが、3となる公算が高そうなだけに、隣の枠で様子を見ながら着を拾えそうな13ローゼンクロイツの方が馬券的には無難な気がする。13-14中心か。

他のブログさんは?

| | Comments (0) | TrackBack (3)

April 12, 2005

皐月賞 Dインパクトは磐石か

 いよいよ皐月賞である。問題は圧倒的一番人気になりそうなディープインパクトは磐石かということだろう。
 多頭数の競馬を経験していないことが、本番でどうでるか。無論外枠になったら、そのまま外を回してくるだろう。内枠になっても、包まれて脚を余すことがないように、途中で外に持ち出してくるだろう。
そういうことになると、要はインパクト以上の末脚を繰り出せそうな馬がいるかということになる。可能性がありそうなのは、ダンスインザモアとローゼンクロイツあたりだろうか。
現時点では、この3頭のBOXでいこうかと思っている。

他のブログさんは?

| | Comments (1) | TrackBack (12)

April 11, 2005

BSE問題について-リスクアナリシスとリスクマネージメントを混在させるな

神保哲生さんのブログ からTBいただいたので、BSE安全宣言のカラクリを斬る をちょっと視てみた。
第一印象は、食品安全委員会の役割についてのご認識が十分ではないのではということであった。言うまでも無く、食品安全委員会が設けられたのは、食の安全について、リスクマネージメントを担当する行政庁(国では農林水産省と厚生労働省)とリスクアナリシスを担当する行政庁を分離し、今までともすれば曖昧であったリスクアナリシスを科学的な判断の下に的確に行うところにあった筈である。
その意味で、現行の牛の全頭検査の実施時期を生後20月以上に限定してもリスクの上で問題はないか分析してほしいという諮問自体はまさにリスクアナリシスの問題であって、食品安全委員会のマターである。(そういう意図で諮問がなされたということであろう。)即ち、例え諮問の背景に米国との合意事項があったとしても、リスクアナリシスを行う側としてはそうした背景因子には全く関係なく判断するべき性質のものなのであり、そうでないと分離した意味がない。
これに対し、「特定危険部位の除去」ということを実施させるのは、リスクマネージメントのマターである。従って、リスクアナリシスをする側がリスクマネージメントをしっかりやれと言うのはある意味で正論であるとしても、アナリシスにはならない。
仮にアナリシスをするのであれば、例えば、「『特定危険部位の除去率』が現在○○%であるので、これを100%にしないとリスクが軽減されない。」というようなことを言わないとダメなのではないだろうか。
こう整理することによって、「全頭検査は生後20月未満を除外してもリスクの大きな増大につながらない」(アナリシスの観点)ということと、それでも「全頭検査を続行する。」(マネージメントの観点)ことの違いが理解できる。

いずれにせよ、ボールは再びマネージメント側に投げ返された訳で、どういう視点から新たな対策を整備するか注目が必要であろう。

他のブログさんは?

| | Comments (1) | TrackBack (6)

April 10, 2005

桜花賞 もくにの最終決断

 教科書問題などで、中国や韓国の一部民衆が騒いでいるようである。まあ、こういった騒ぎは一般に幼稚な民族が起こすものであるから、わが国としては邦人の保護はしっかりやるとしても、鷹揚に構えておれば良い。民度があがれば自然に無くなっていくものなのであろう。
さて、桜花賞である。阪神マイルは内側有利といわれているが、枠連の決着は8-8、2-7、8-8、5-7、7-8、4-6、4-7、3-7、5-7、5-7とむしろ外枠の方がきている。これは多頭数となることから、内側は揉まれたり、進路に不利があったりすることが多いということではないか。また、おそらく10テイエムチュラサンが前に行き、そんなに早いペースにならずに淡々と進むような展開となり、終い勝負に賭ける追い込み馬が斬れを活かせるような状況になるのではないか。
こうしたことを踏まえながら、恒例の全頭チェックへ。

 阪神11R 第65回 桜花賞
1 アドマイヤメガミ:重賞で一度も勝っていない馬が栄冠を手にするとは考えにくい(切)
2 ペニーホイッスル:内枠がこの馬にとっては都合が良いようであるが、陣営のコメントが「この枠なら善臣も落ち着いて乗れるだろう。」というには哂った。(キ)
3 エリモファイナル:GⅠを勝つには時計が足りないようである。(切)
4 マイネコンテッサ:人馬ともに「お勉強」の一戦だろう。(切)
5 ジョウノビクトリア:むしろオークスで期待したい一頭か。(切)
6 ダンツクインビー:先行系の馬に小牧乗せて勝ちにいけるか疑問だが、最高に乗ってくれればワイド圏は期待できるかも。(×)
7 シーザリオ:鞍上込みで来てもおかしくはないが、スペシャルウイーク×サドラーズウェルズはズブいというイメージがあり、やはりオークスでということになろう。しかし無視はできず。(▲)
8 エイシンテンダー:3連勝の勢いは評価できるが、エイシンサンディからGⅠ馬が出るというイメージが湧かず。(切)
9 デアリングハート:人気薄で勝つならこういう馬だろうが、ラインクラフトには斬れ負けするようで。(切)
10 テイエムチュラサン:先行してどのようなペースを作ってくれるか。展開の綾を左右する一頭ということになろう。(切)
11 ライラプス:秋華賞では有力な一頭になってくれるだろう。(切)
12 カシマフラワー:マイルはちと長いようである。(切)
13 フェリシア:有力馬を輩出している新潟2歳S組の一頭であり、マイルは少し長いようではあるが、一応守備範囲というおとで。(×)
14 アンブロワーズ:前走は少し納得いかないが、叩き台とみて対抗に。(○)
15 エアメサイア:SS×NTはGⅠ取れない血統と言われていたが、最近はそうでもなく、鞍上込みで軽視はできない。(△)
16 モンローブロンド:どうも阪神は向かないようである。(切)
17 ラインクラフト:前走でも「トライアル」をしてたようであるし、大外で届かない危険はあるにしても、末脚を活かした競馬ができれば差しきれるのでは。(◎)
18 ショウナンパントル:2歳チャンピオンであるし、2度続けて無様な競馬はできない筈。(×)
 馬券的には枠連7-8を中心に、4-7、4-8。17の単勝、6、13の複勝。
キルトクールはペニーホイッスル。

 阪神9R 忘れな草賞
 ここは桜花賞除外組4頭の争いになるのでは。中心は3オリエントチャームと4ジェダイト。馬連3-4、3連複2-3-4、3-4-5。

中山11R エイプリルS
 ここは豪州の女傑10マカイビーディーヴァの走りを見たい。相手は1アサカディフィートと6キーボランチ。

他のブログさんは?

| | Comments (2) | TrackBack (7)

April 08, 2005

土曜競馬 福島中心に

 厩務員組合がスト通告しているということで、中山・阪神は中止の公算ありとのこと。福島は対象外らしいので、福島中心に。でも、ストをやって一番困るのはGⅠに向けメイチで仕上げていた厩務員自身だと思うだが・・・(結局スト中止かぁ)

福島5R 3歳未勝利
 ここは久々も仕上がり早そうな◎3キラリダイヤモンドから。相手は7カヤドールージュと11ミッドナイトナース。

福島7R 4上500万下
 前走は度外視したい2チャームカーニバルと10ムギワラボウシ。

福島8R 4上500万下
 連続掲示板コンビの6イブキトレッキングと12マヤノリバティ。

福島10R 青葉城特別
 2-13-2-10ときて今度は掲示板の2ケイアイアバントと外からがよさそうな16ブライダルフラワー。

福島11R 飯坂特別
 このメンバーなら9プライマリーケアの軸不動。あとは1チュウシングラあありか。

福島12R 大内宿特別
 ここは7枠2頭12シークンギザベストと13ロードウィザードの一騎打ちか。

中山11R NZトロフィー
 ここは、今年のセンター試験を騒がせた(爆)、6ミスターケビンに期待した。相手は武が指名した10セイウンプレジャー。
 キルトクールは大外から回ると伸びない藤田騎乗の15ディープサマー。


他のブログさんは?

| | Comments (2) | TrackBack (6)

April 07, 2005

ラインクラフトの末脚一閃! 桜花賞枠確定

桜花賞の枠順が決まりました。ラインクラフトは外側の17番と揉まれない良い位置となりましたねぇ。馬場も内側よりは外の方が走りやすいでしょうから、大外から終いを活かした競馬が期待できるのでは。7枠にもフェリシア、アンブロワーズ、エアメサイアと精鋭が入り、枠連7-8の1点勝負か・・・・
4着候補はエイシンテンダーあたりで。

流石にGⅠともなると百花繚乱ですなぁ~
他のブログさんは?

| | Comments (0) | TrackBack (2)

April 04, 2005

福島四天王は如何か?

 このたびひろくん人事係長さんから「斬徳山呑賀婆長寺」住職を仰せつかったもくにです。
今年公営から中央に移籍した柴山JKが福島開幕週に騎乗していました。その活躍ぶりを含め、仮称「福島四天王」とした中舘、大西、芹沢、柴山の4騎手の成績をちょっとみてみました。
土曜日
福島1R3未 中舘1着(1人、単140複110)、柴山5着、大西6着
  2R3未 柴山2着(1人、複120)、中舘9着
  3R3未 柴山3着(3人、複130)、中舘8着
  4R3未 中舘1着(2人、単320複120)、柴山2着(1人、複120)、大西8着
  5R3未 中舘13着、柴山14着
  6R4五 柴山6着、芹沢11着、大西13着、中舘14着
  7R4五 柴山12着、中舘15着
  8R4五 柴山9着、中舘13着
  9R4五 中舘1着(1人、単180複100)、柴山7着、大西11着
  10R3五 芹沢4着、柴山6着、中舘7着
  11R4千 中舘2着(2人、複210)、柴山6着
  12R4五 柴山8着、中舘12着
日曜日
福島1R3未 柴山1着(1人、単150複100)、中舘9着
  2R3未 柴山8着、中舘9着
  3R3未 中舘2着(1人、複150)、柴山8着
  4R3未 柴山13着
  5R3未 中舘4着、柴山7着、大西8着、芹沢14着
  6R3未 中舘2着(1人、複150)、大西8着、柴山16着
  7R4五 芹沢2着(1人、複130)、中舘12着、大西15着
  8R4五 柴山2着(4人、複290)、中舘5着
  9R4五 柴山1着(3人、単580複220)、大西9着、中舘13着
  10R4五 中舘1着(2人、単490複220)、柴山3着(6人、複470)、大西12着、芹沢16着
  11R4千 柴山5着、大西10着
  12R4五 柴山2着(1人、複160)、大西3着(4人、複320)、芹沢4着、中舘13着
柴山(2、4、2、15)単勝回収率31%・複勝67%。
中舘(4、3、0、14)単勝回収率54%・複勝50%。
大西(0、0、1、10)単勝回収率0%・複勝29%。
芹沢(0、1、0、5)単勝回収率0%・複勝22%。
という結果でした。
 四天王はそこそこ人気になってしまうので、あまりJKだけで買わない方が良さそうだというのが開幕週の印象ということでしょうか。

他のブログさんは?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

April 02, 2005

日曜競馬(ダービー卿CT、大阪杯ほか)

季節外れのインフルエンザで数日寝込んでおり、土曜は全休。漸く体調も持ち直したが、どうも塩梅がよくはない。テレビ東京のスーパー競馬の司会が変わっていたが、局アナのおねえちゃんはしょうがないとして、もう一人のアシスタントはコンセプトがよく判らない。スケベ親爺向きとも思えなかったのだが・・・

中山11R 第37回 ダービー卿CT
中山は初めても内枠を利して押し切れそうな◎3ダイワエルシエーロに期待。相手は全6勝すべて中山で挙げている○16ミッドタウン。さらに、昇級の前走も健闘した▲10フジサイレンス。
キルトクールは5ダイワメジャー。馬も鞍上も弱気なのでは(^^)。

阪神11R 第49回 大阪杯
あまり前々に行きそうな馬が見当たらない。ということは終い勝負となり、斬れるSS産駒中心で良いだろう。中心は◎3アドマイヤグルーヴ。昨年は着外に敗れたが、今年のメンバーの中では実績上位。57キロでもなんとかなるだろう。相手は○5サンライズペガサス。叩き2戦目の前走できっちり結果を出すのは伊達ではない。さらに前走でそのサンライズを下している▲7メガスターダム。中間もビッシリ追ったようで脚下の負担も解消か。キルトクールは6アドマイヤドン。前走の出遅れには笑わせてもらったが、ズブい上に抜け出すとソラを使うようでは芝のレースで馬券の対象にはちと疑問か。

阪神10R マーガレットS
鞍上を替えてきた◎8アイルラヴァゲインに勝ってもらわねばならないレース。相手は最内から粘りそうな○1ロードマジェスティとオープンでも相手なりに走れそうな▲10コスモシンドラー。

阪神6R 3歳500万下
ここは前走芝で大敗して人気を落としそうな5リーピンスイーパーが狙い目か。相手は10ファインスティール。

中山9R 伏竜S
弥生賞4着のダイワキングコンが人気になりそうだが、やはり「伏竜」を見出したい。そこでダート千八経験豊富な◎3スナークファルコンに期待したい。相手は○7ダイワキングコン。さらに、重賞であんなに見事に沈んでいる善臣がリーディング上位にいられるのもダート千八で勝っているからではとの印象があり、ここでも▲10デイフラッシュも対象に含めたい。

他のブログさんは?

| | Comments (0) | TrackBack (9)

« March 2005 | Main | May 2005 »