« NHKマイルC キーワードは・・・ | Main | この果物は? »

May 10, 2005

ケンタッキーダービー観戦記

 休暇中、第131回ケンタッキーダービー(1.25Mile)をLIVEで見る(といってもテレビ観戦ですが)機会がありました。レースの前日からダービー特集が組まれるなどESPNも大騒ぎ、前評判は16 Bellamy Roadが高くオッズは5-2(日本流だと3.5倍)。しかもこの馬のオーナーはかの有名なヤンキースのスタインブレナー氏ということで、番組でも氏へのインタビューなども行われていました。
 さて、レースは開始前あの有名なファンファーレの後、入場者全員による”Old Kentucky Home”の大合唱。それとともに、精鋭20頭が誘導馬(それぞれに付いている)とともに発馬機の方に向かい、ゲート入り。発馬機は日本より広いようで、ゲート内に係員がいて、スタートまで馬を宥めたりしている。
 ゲートが開きレース開始、序盤は13 Spanish Chestnutが逃げ、それを19 Going Wildが追いかける展開。16 Bellamy Roadも好位置につける。
 最後先行勢は失速し、後方から徐々に上がってきた人気薄10 Giacomoが優勝。単勝51.3倍の波乱となった。2着は比較的好位置で粘りとおしたこれも人気薄18 Closing Argument。3着に2番人気の12 Afleet Alexが入った。
馬単は4900倍、3連単は67000倍、4連単は86万倍の高配当だった。
レースで面白かったのは、女性インタビュアーも馬に乗っていて、レース直後優勝ジョッキーに馬上から勝利インタビューを行っていた。日本でも細江純子さんあたりをコメンテーターに使うなら、ウイニングランの際に馬で併走してインタビューするようにしたら良いのではないか。


他のブログさんは?

|

« NHKマイルC キーワードは・・・ | Main | この果物は? »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/4062803

Listed below are links to weblogs that reference ケンタッキーダービー観戦記:

« NHKマイルC キーワードは・・・ | Main | この果物は? »