« 京王杯SC展望 アドマイヤマックスから | Main | 立夏Sというよりは・・・ »

May 14, 2005

JR西日本事故と報道姿勢

 JR西日本事故とそれに伴う報道姿勢については、何回か疑念を呈してきたが、報道内部からも、メディアの責任について発言がなされるようになってきたのは、「良心」の健在という意味で慶賀すべきことと言えよう。
言うまでも無く、今回の事故に関するJR西日本の責任は重大であり、それが免責されるものではない。しかしながら、被害に対しては物心両面から誠実に補償する以外に方法はない訳であり、国民全体にとって必要なことはさまざまな意味での「再発防止策」である。
マスメディアが「社会の木鐸」を主張する以上、こうした国民にとって不可欠な事がきちんと実行されるまで、監視を行うことが大義ではないだろうか。大臣の宴会出席まで記事になるのは、下ネタ捜しのようでえげつない印象を受ける。
社員の宴会問題にしても、重要なのは、今回の事故を「全社的な危機」として認識されていないという社内の体質が問題であるということなのではないか。新たな犯人探しをするよりは、こうした体質改善のためにどのような取り組みをしているのかその成果がどのように上がっているのかきちんと追跡するような姿勢をマズメディアに望みたい。

他のブログさんは?

|

« 京王杯SC展望 アドマイヤマックスから | Main | 立夏Sというよりは・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/4117649

Listed below are links to weblogs that reference JR西日本事故と報道姿勢:

» ココフラッシュにマスコミ批評カテゴリーがついに登場。 [雑談日記 (徒然なるままに、、。)]
 みなさんご協力ありがとうございました。10サイトを突破しついに「マスコミ批評」 [Read More]

Tracked on May 14, 2005 at 06:49 AM

« 京王杯SC展望 アドマイヤマックスから | Main | 立夏Sというよりは・・・ »