« JR西日本脱線事故-再発防止への提言 | Main | NHKマイルC キーワードは・・・ »

May 04, 2005

JR西日本事故-報道に疑問

 JR西日本事故で今度は乗り合わせた運転士が救助せずにそのまま出勤したことが報道されている。どうもこの報道は疑問がある。
非番の職員に救助義務があるのは事実だろうが、本人たちは「気が動転」していたという中で適切な救助活動を行えただろうか? 「気が動転」というとたいしたことはない印象を受けるが、昨今流行の怪しげななんとかワーカーの言う「PTSD」の状況だとしたらむしろその後運転業務に就かせたことの方が問題となるのではないか。
 これも、おそらく救助義務の重要性について社員に徹底されていないことが一因と思うので、社員に対する研修の強化などその対応策をきちんと追及すべきで職員の責任追及ばかりしていてもはじまらないと思う。
 「生贄作り」は新たな被害者を生むだけである。

他のブログさんは?

|

« JR西日本脱線事故-再発防止への提言 | Main | NHKマイルC キーワードは・・・ »

Comments

これを読んでいる皆さんは「何を言ってんだ!人が大勢死んでいるだぞ!」と思うかもしれませんが、耳を傾けてください.昨今メディアでは列車事故の原因について事故を知りながらボーリング大会に参加する(参加するような体質のJR社員)道理も倫理も無い会社であると報道内容を見聞きし、JR西日本に対し怒りを覚えている方が大多数のようですが、よく考えてください。(JRの体質に問題があるのは大前提。事故時に同乗していた社員と指示した上司は論外の上でお話してます) 例えば自身の会社で重大事故(人為的事故のような)が発生した場合、あなたはどうしますか?酒宴は自粛するとはいいながらも、管轄外であれば自宅で酒を飲むこともあるでしょう? 今日報道されている話では「九州のJR社員が...」といた内容の報道まで行いバッシングしている.組織の中(特に非常体制を組むような)では自己完結(セクションでの完結)を目指すのが普通ではないのでしょうか?あの場所に九州から、いや近隣方面のJR職員が応援に行く必要もないと思いませんか? もう一つ。過密スケジュール、勤務条件の中酒宴又はゴルフ(飲めない人ならば)で心身の休息をとる時間に理解はできませんか?(大半は違うかも知れませんが) 最後言いたい事は「味噌もくそも」一緒に論じて何が報道か。 事故の真実を一刻も判明し対策を図ることが最優先であり、JR西日本への世論を反映させる事は次のステップだと思います.真実の前に事実を履き違えるような報道をするマスコミに不快感を覚えます。

Posted by: 報道の真実って... | May 07, 2005 at 12:22 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/3972551

Listed below are links to weblogs that reference JR西日本事故-報道に疑問:

» 「マスコミ批評」のカテゴリーを作りましょう。 [雑談日記 (徒然なるままに、、。)]
 インターネットで個人が情報発信できるようになり、またブログが新たな情報発信の媒 [Read More]

Tracked on May 04, 2005 at 10:57 AM

« JR西日本脱線事故-再発防止への提言 | Main | NHKマイルC キーワードは・・・ »