« 郵政民営化 一つの案 | Main | 土曜競馬 »

August 19, 2005

民営化反対派の読み違い

今回の総選挙では、亀井氏を始めとする郵政民営化反対派の読み違いが大きいのではなかったか。
小泉総理が解散するとは思ってなかったかもしれないし、解散しても党の公認が得られない上に刺客まで送られることは、想定の範囲外ではなかったろうか。
あわてて立ち上げた「国民新党」にほとんど人が集まらなかったことをみても容易に推察できる。

逆に言えば総理は、今までの党の常識をぶっ壊すことに成功したわけだ。

ただ、総理の反対派を「抵抗勢力」と決めつける手法は賛成できない。
なぜなら、それにはかつて「非国民」というレッテル貼りをした時と同じ匂いを感じてしまうからである。

その結末は、我々自身が良く知っている・・・

|

« 郵政民営化 一つの案 | Main | 土曜競馬 »

Comments

税収の半分をを公務員の人件費として使っています。
それで税収だけでは足らないので借金をしています。
郵便貯金は国民からもらったものという感じで好き勝手に借りてきては使ってしまうので、小泉さんがそれではいけないと思い、政府と郵便局との距離を離したらよくなると信じて改革しようとした。
もし郵便局から借金ができにくくなったら税収の半分を食っている公務員の人件費を削減しようとなるから公務員は反対する
民主党の支持基盤のひとつに公務員の労組がある。公務員が反対したのだから民主党は自分の意思に反して改革に反対しなければならないつらい立場になっている。
製造業が日本から中国へ移って行ってます。製造コストの低い中国と勝負するために日本での製造コストを下げる必要があると思います。

Posted by: MPa | August 19, 2005 at 09:30 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/5537628

Listed below are links to weblogs that reference 民営化反対派の読み違い:

» 小泉首相の勇み足 [日本独立共和党]
小泉首相は優勢民営化反対派の非公認、対立候補(刺客)の擁立と反対派に対する圧迫を強めてきた。  この結果、反対派の一部はついに新党設立による自民党離脱に追い込まれた。反対派自体も分裂し、この段階で小泉首相の勝利は確定した。  しかし、勢いにのった小泉首相はどうも勇み足をしそうである。 自民党地方組織に対し、反対派を支援するなら解散すると強権を発動し、新党に結集しなかった反対派にたいしても離党しなけ�... [Read More]

Tracked on August 19, 2005 at 10:25 AM

« 郵政民営化 一つの案 | Main | 土曜競馬 »