« August 2005 | Main | October 2005 »

September 28, 2005

香港馬2頭の争いか(スプリンターズS展望)

いよいよ秋のGⅠシリーズ。第1弾は電撃の6ハロン。主役は世界No.1スプリンターサイレントウィットネスだろう。2ハロン長い安田記念に参戦して堂々の3着。この距離ならば無敵だろう。相手もやはり香港馬ケープオブグッドホープ。昨年3着の実績は評価してよい。日本勢ではやはりデュランダルなんだろうが、末脚一気の脚質は不発の虞を常に抱いておりリスキーさは否めない。この3頭の3連複とサイレント→ケープ→デュランダル、サイレント→デュランダル→ケープの3連単2点か。穴なら終い斬れるリキアイタイカンか。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

September 25, 2005

私のギターがほろほろと涙を流す間に(神戸新聞杯回顧)

○ディープインパクトは強かった。3コーナー過ぎたあたりから徐々に前に行き、外を回りながら直線で先頭。鞍上の気合に反応し、ムチもほとんど使わず、最後は持ったままで後続を寄せ付けず圧勝。このまま無事に行けば無敗の三冠馬誕生もほぼ間違いないと思わせる一戦だった。シックスセンスは競馬上手なところを見せ2着。鞍上は関係なかったか(^^;;;)。本番でも逆転は無理だろうが、馬券にはなりそう。◎ストーミーカフェは自分のペースで逃げてはいたが最後捕まってしまった。
ディープがこれだけ強いところを見せてしまうと本番も回避が結構でるか。そうするとアドマイヤフジも出走可能になろう。そうなれば、ディープインパクト-シックスセンス-アドマイヤフジの3連単1点でいけるかもしれない。そういう印象を持った一戦であった。

他のブログさんは?

| | Comments (0) | TrackBack (3)

「英雄待望論」神戸新聞杯&「誰もこなかった」オールカマー

阪神11R 神戸新聞杯
仁川は徹夜組が数多く並んでいるらしい。まさに「英雄」をひと目見たいというファン心理なんだろう。前日オッズも単勝1.0倍と圧倒的な人気に支持された9ディープインパクト。夏場の調整もほぼ順調と伝えられているし、これまでに見せた圧倒的なパフォーマンスを維持できれば勿論死角はなかろう。しかし、ここはあくまでもトライアル。無理をする場ではない。安全策で勝てる程甘い相手ばかりではないだろう。そこで敢えて○に留める。エンジンのかかりの遅いディープに対抗できるのはやはり先行組。前に行くのは4ストーミーカフェと7テイエムヒットベ。後者はスピードの絶対値に劣るところがあり、ここで主役を張れそうなのは4ストーミーカフェ。朝日杯2着の実力は無視できないものがあり、堂々の◎指名。更に夏場古馬に混じって健闘した馬も注目したい。その意味で1000万勝ち、準オープンでも2着に入った8▲トウカイトリックにも印を回したい。
4の単、枠連4-6、ワイド4、8、9BOX、3連複4-8-9。
キルトクールは13シックスセンス。競馬上手で着に徹する競馬をすれば良さそうだが鞍上にそうした器用さがあるか疑問で。

中山11R オールカマー
夏場のGⅢの延長戦のようなメンバー構成。天皇賞目指す組は2週後の毎日王冠を使うし、関西馬は2週前の朝日CCがあり、どうにも中途半端な日程&距離に問題があるのではないだろうか。土曜日のニューマーケットCと並んで少し工夫の余地があろう。このメンバーなら1◎グラスボンバーが主役だろう。典型的な上がり馬、夏場も順調に戦ってきており、かなり悪くなりそうな馬場も苦にしないだろう。相手は牡馬とも善戦している5○エルノヴァ。1の単、馬連1-5。
キルトクールは6チャクラ。鞍上の騎乗ぶりが気がかりで。

他のブログさんは?

| | Comments (0) | TrackBack (8)

September 24, 2005

釈迦に説法 袖ヶ浦特別、神戸新聞杯前日展望

最近サラ金会社が銀行の系列を名乗ったり、銀行がサラ金会社を作ったりしている。これだけ低利子の時代に利息の高いサラ金をやってさらに儲けるつもりかと思ったら、そうでもなく、例えば日曜日に10万円を銀行で下ろすと手数料105円かかるが、サラ金で借りて翌日返済すると利息が60円で済み、サラ金の方が安いという事象もあるらしい。近々「郵政会社」という巨大民業が参入することもあり、銀行業界も体力勝負という時代なんだろう。

中山11R 袖ヶ浦特別
準メインの筈がメインに昇格。来週のGⅠのイメージトレーニングにはなるか。開幕週の初風特別組が6頭。最先着の11アンテリオールだが、中山で連対歴がなく、坂が不得手の平坦向きという印象。ここでも甘さが心配。ということで主役は4着だった13エアカエサル。ムラ馬のようだが、鞍上はご存知穴男だし、今回もさほど人気にはならないようなのが妙味。さらにハンデも54キロどまりは魅力。相手は昇級戦も形ばかりの2フレンドリースピカ。中山コースも2勝しており、53キロもまずまずか。
13の単複、枠連1-7、ワイド2-13。

日曜阪神11R 神戸新聞杯
ディープインパクトが外目の枠に入り、これで波乱要素が大分減った印象。後はスピードに任せて飛ばす馬が逃げ切る展開だけだろう。その候補となりそうなのが4ストーミーカフェ。父親はダービー馬だし、母父もレインボウクエストなら二千なら十分守備範囲。ディープが外回すのはほぼ確実だから内を上手く突けば逃げ切りもあるのでは。4の単勝は是非買っておきたい。

他のブログさんは?

| | Comments (0) | TrackBack (3)

September 20, 2005

神戸新聞杯 ディープ内枠なら波乱も

今週は、神戸新聞杯。二冠馬がここから始動する。
普通なら盤石だろうがそこはトライアル。鞍上は大事に乗ろうとするだろう。
外枠ならば他馬と接触しないように外を回す作戦に出るだろうが問題は内枠に入った時だろう。
おそらくその場合は少しゆっくり出て外目を狙うだろうがゴチャツイて上手く出せずに包まれた時、波乱があるかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (6)

September 19, 2005

カネヒキリ 強かったようだが

ラジオで聞いていたのだが、ダービーGP、カネヒキリが強かったようだ。ただ不利があったとはいえ、エルムSで古馬に歯が立たなかったドンクールが3着に入ったところからみて、JBCに出てどのくらい勝負になるのだろうか?

他のブログさんは?

それにしても、3連がないと単勝100円、馬連・馬単200円台では購入意欲が湧かないのではないだろうか。こうしたところにも公営の工夫の余地があると思う。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

セントライト記念、ローズS回顧

今日の中央はあまり買いたいレースがないし、ダービーGPは中央で買えないので、日曜重賞の回顧をば。
セントライト記念であるが、キングストレイルが終い差しきった。10か月ぶりの競馬とということで人気の盲点になっていた印象があるものの、ヌルい展開の終い勝負が嵌った感は否めず本番は用無しだろう。2着のフサイチアウステルは上がり馬の実力を見せたということで本番も掲示板はありそう。▲ピサノパテックは権利取りに成功しまさに「トライアル」を活かした競馬。「後ろから行き過ぎて届かない」結果となった◎アドマイヤフジは本番出られるかわからないが、福永に戻ってマークに徹すればワイド圏はあるだろう。
ローズSは4強とした中の3頭で「素直に決まってしまった」レース。特に1、2着の両頭はメンバーの中で抜けていたということだろう。ただこのまま本番でも行ってしまうかどうかは分からない。ライラプスは「トライアルホース」の面目躍如といったところだが上位2頭との差は明らか。

他のブログさんは?

| | Comments (0) | TrackBack (4)

September 18, 2005

釈迦に説法 セントライト記念、ローズS

地下鉄のイメージガールを務めているタレントのY・Y嬢であるが、母親もミス東京-スッチー-ミス沖縄という経歴をもつ現役のモデルらしい。そういう親からならタレントになるような子が産まれても全く不思議はない。こういうのをまさに「血統」というんだろう。

中山11R 第59回 セントライト記念
トライアルというのは二つの意味を持つものと思う。すなわち、本番に向けて「調整する場」という意味と本番に出るために「凌ぎを削る場」という意味である。
賞金が2000万を超えていればおそらく本番も大丈夫だろうから、前者の意味だけで走れるが、賞金が微妙な組は後者の意味もあり勝負がかりということになる。そうしたことを考えてまず注目したいのが3◎アドマイヤフジ。皐月賞5着、ダービー4着という成績はこのメンバーの中でも指折りといえ、差す競馬も鞍上の特性に合っていよう。ただ、後ろから行き過ぎて届かない危険は大いにあるが・・・
相手筆頭に選びたいのは13○ニューヨークカフェ。中山2勝の実績は評価できるし、夏を越してさらに成長を期待。外目からストライドを伸ばして飛んでくる光景が目に浮かぶようだ。さらに500万を勝ったばかりであるが夏場好調だった2▲ピサノパテック。
枠連2-2、2-7。ワイド2、3、13のBOX。
他の有力馬であるが、マイネルレコルトは馬体細化で追い切り不十分は懸念材料、フサイチアウステルは過剰人気のきらい、コンラッドは中間熱発が不安、トップガンジョーは「外枠の藤田はケン」のセオリー通りで、スムースバリトンは前走負けすぎ。この中からキルトクールを選べば、叩き台に徹することができる6マイネルレコルトか。

阪神11R 第23回 ローズS
こちらはエイシンテンダー、エアメサイア、ラインクラフト、ライラプスが4強を形成。素直にこれらで決まってしまうことも十分考えられるが、やはり勝負がかりの馬を見出したい。その意味で注目は連勝でここに臨む8サンレイジャスパー。2000経験馬の中では持ち時計が一番良いのも好感。8の単複とトライアルホースっぽいライラプスとのワイド8-12。
キルトクールは4強の中では4番手と思われる5エイシンテンダーで。

他のブログさんは?

| | Comments (0) | TrackBack (10)

September 17, 2005

釈迦に説法 サロマ湖特別 ほか

連続3日開催ということだがダービーGPは中央では売らんのか? 「依頼されていないあ」という官僚的対応かもしれないが・・・

札幌11R サロマ湖特別
注目したいのは5ヴァーチュ。初の古馬との対戦となるが、前走0.1秒差で破っているコイセヨオトメが2走前0.2秒差の5着していることを考えれば好勝負できるのではないか。5の単複と13カラメルアートとのワイド5-13。

札幌9R 積丹特別
おそらく昨年の覇者4バイロイトあたりが人気の中心となるだろうが、あえて次の3頭に注目してみたい。
まず休み明けの9マチカネウマジルシ。休養前は5、4、4着と芝・ダートを問わず堅実に駆けており仕上がりも良さそう。
これも休み明けだが8ピエナオンリーワン。Fコンコルド産駒ならむしろ鉄砲駆けしそうだし、去勢したことがプラスに出ることも期待。
さらに5バンブージーコ。鞍上が結構渋く乗っている印象を受けここでも。
5、8、9の複勝とワイドBOXで。

他のブログさんは?

| | Comments (0) | TrackBack (1)

September 14, 2005

別馬騒動

種牡馬ドバイミレニアムの弟が別馬で本物はウクライナにいたという記事が某夕刊紙の一面トップのようだが、どういうことなんだろう?
血統証明とか出生馬の取り扱いはどうなるのか?
このご時世にテンプラが出るとは思わなかったが・・・・

(ちゅうか、この記事自体かなり旧聞に属するネタだったとは・・・)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

選挙後の政策課題は何か

総選挙が終わり、新たな体制で国政が展開されることとなる。
郵政民営化法案などはちゃっちゃと仕上げてもらって重要な政策課題にとりくんでもらいたい気がするが、郵政民営化といっても当面は「国有」であることには変わりないわけで政府保有株の過半が売却されて初めて真の民営化が実現する。もし、民営化してあまりに都合の悪いことが
多ければ株式のやりとりで再度国有化すればよい。
欧州の基幹企業をみても国有化と民営化を繰り返しているところは結構あるようだ。

閑話休題。政策課題の件に移るとやはり年金問題をはじめとする社会保障制度の見直しにつきる。
当面は、公務員などの共済年金と企業の厚生年金との一元化が課題となろう。
国民年金まで含めるとかなりややこしくなる。というか、すでに基礎年金という形で一元化されているので上乗せの給付水準を確保するために保険料をどう負担していくかという難題がある。

他にも医療保険や介護など課題はあるが、そもそもこうしたことをしなければならない根本の原因は少子化と高齢化であり、この点に抜本的な対策を講じないと問題の解決は難しい。
高齢化に関しては高齢者は従属人口だという考えを捨てて、生涯現役で働けることを柱にすることが必要であろう。
その際、「老害」の弊を排除するために「権力なき労働」に徹してもらうことが肝要である。
少子化については、海外から人口移動を図るしかないように思う。
その際労働力世代を直接導入して失敗する例が多いようなので、毎年十万人の就学前世代に来てもらい日本で学校教育を受けさせ、就労してもらう「十万人教育プロジェクト」を提唱したい。
受け入れに際しては全国の家庭に里子の形で協力してもらい、そこには税制面も通常の扶養家族同様の配慮をし、企業にも扶養家族同様の措置を義務づける。

制度は既存のものをそのまま使うだけだし、将来の勤労人口が一割増える形になる。
一考の余地はあるのではないだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

September 12, 2005

総選挙 民主党の敗因を探る

総選挙で民主党が大敗し、岡田代表が辞意を表明した。別に民主党の支持者という訳ではないが、「負け」の反省をするのが日課のようになっているので、民主党の敗因をいくつか探ってみると、まず自民党が「郵政民営化の是非」を正面に据えて選挙戦を進めたことに対し、真っ向から勝負を挑まず「マニフェスト」主体の選挙戦をやろうとしたことが選挙民に受入られなかったことが揚げられる。むしろ、郵政を全面に押し立てて対立構造を煽った方が戦術としては分かり易かったのではないだろうか。「民営化反対」では勝負しにくかったろうから、例えば「米国の言いなり改革」といったプロパガンダが必要ではなかったか。
さらに、反対派無所属や他政党との連携が不十分だったことがあげられる。自・公両党は上手く選挙協力を行って議席を確保していったのに対し、票が割れる結果になって死に票が増えてしまったケースが多かった気がする。
もともと、小選挙区の候補でも確固たる地盤がある人よりも浮動票を獲得するタイプが多かったような気がするのでやはり票が自分の方に流れるような「ムード作り」に欠けたという点も重要だろう。


他のブログさんは?

| | Comments (0) | TrackBack (1)

September 11, 2005

祭りの後の「政」(まつりごと)

総選挙は自民党圧勝の結果に終わりそうである。ある意味で「郵政民営化」というどうでも良い課題を全面に押し出した自民党の作戦勝ちということかもしれないが、逆に言えば、どうでも良いテーマだからこそ、国民は「改革」側に軍配を上げたのではないだろうか。おそらく、近く召集される特別国会で郵政民営化法案が可決されることになろう。
今回の結果で評価できるのが自民党の議員の中で「公共事業推進派」が絶滅に近い形でいなくなり、いわば「新人類」が増えるということである。新しい議員が新たな観点から政治に関わっていくことにより政治の流れが変わることを期待したいものである。選挙というお祭りよりもその後の政治の方が重要なのである。

他のブログさんは?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

釈迦に説法 京成杯、セントウルS

ハリケーンの対応でFEMAの長官がHEMAをしたようである。現場指揮官を降ろされてワシントンに帰ったらしい。現在の長官は危機管理とは無縁の弁護士で前職はなんと「全米アラブ競走馬協会理事」だったという。米国でアラブ馬のレースが行われていたとは驚きではあるが・・・

中山11R 京成杯AH
中山千六は内枠有利。開幕週とあればなおさらだろう。前に行く馬がそのままという展開が十分考えられる。そこで期待したいのが5◎ニシノシタン。重賞ではちと足りないかもしれないが、前に行ける強味を活かせれば。相手も前に行けそうな1○ミッドタウン。中山6勝という中山巧者(ちゅうか中山でしか勝てない)ぶりも魅力で。さらに、前走ダートで叩いてハンデ軽減もなった(?)2▲マイネルモルゲン。コスモ・マイネル軍団4頭出しの中で人気薄のようで。3歳馬で狙うなら52キロ11パリブレストの突っ込みか。
枠連1-2、1-4、2-4。11の複。
キルトクールは8アイルラヴァゲイン。55キロは見込まれすぎの印象で。

阪神11R セントウルS
どの馬も一長一短あるようで買い辛い一戦。1ギャラントアローは陣営のトーンが上がっていないようだし、2マルカキセキはダート馬。芝でも千二なら大丈夫だがそれも平坦コース向きだろう。3ホーマンテキーラは連勝の勢いは買えるもののタイムがさほど良いわけではない。昨年の覇者5ゴールデンキャストも勢いが今一つ。9キーンランドスワンも宮記念以降精彩を欠く。
そこで8◎コスモラブシックに期待したい。先行して粘りきれば勝機が全くないとは言えないだろう。相手は宮記念で5着にきている7○ナイキアヘッド。さらに、調教の動きがよさそうな11▲タマモホットプレイ。この面子ではワイドで7、8、11BOXか。
キルトクールは上記のどれでも良いが、危険な人気馬の臭いがする3ホーマンテキーラを指名。

他のブログさんは?

| | Comments (0) | TrackBack (8)

September 10, 2005

釈迦に説法 朝日CC

阪神11R 朝日CC
秋競馬の開幕を飾る重賞。
期待はこのところ掲示板を外さない8◎ツルマルヨカニセ。阪神も二勝しているのに好感。
相手は、9○サクラセンチュリー。乗り込み十分なようで久々も大丈夫だろうし、斤量もガサがあるから問題にならないだろう。
枠連5‐6。
キルトクールはビッグプラネット。
距離不安がある上に、逃げきれるか疑問。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

国民審査にも関心を

総選挙に合わせ、最高裁判所裁判官の国民審査も行われる。
こちらも司法に国民が関与できる数少ない機会であるので各裁判官の判決例などを参考にしながらきちんと審査していきたいものである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 08, 2005

「計量スズーソ」

手に取ったら面白いので思わず買ってしまったのがこれ。
商品名は「計量スズーソセット」。「スプーン」の間違いだろうが、カタカナをイメージでみてしまうと「ズ」と「プ」、「ン」と「ソ」は区別しにくいのかもしれない。
さらに、商品説明もご丁寧に「使いやすくて料理い便利」、「3つぅそらつてコソパクト」とある。


fun1

他のブログさんは?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 06, 2005

郵政民営化 争点は何か?

新聞各社の総選挙世論調査の結果をみると、自民党有利に推移しているようである。争点を「郵政民営化」に絞った分かり易さが受けているということなのだろうが、未だに郵政民営化して何が良いのかよくわからないのである。
巷間言われているメリットとして、「国家公務員が二十万人も減る」、「無駄な公共事業に資金が流れることがなくなる」、「民間会社なら税金が入る」、「民間に資金が流れて経済が活性化する」などというものがある。
しかしながら、郵政公社の職員は国家公務員といっても税金で賄っているわけではないので、これが減ってもあまり税収との関係はない。また、郵貯マネーが財投に流れて不良債権化しているというが、これは銀行預金をベースとした民間金融機関の融資が不良債権化していることと事象的には何ら変わりはない。民営化すれば税収になると言うが、現行体制だってJRAのように国庫納付金制度を設ければ、税収と同じように国庫に金が入るし、経営者の評価を納付金の多寡で行えば、納付金を増やす努力をするのは明白となり、民営化の意味は少ない。さらに、民間に資金が流れるためには、郵貯マネーが民間金融機関に流れる必要があるが、誰が好き好んで利率が安く、時間外の引き出しに手数料を取る口座に金を移すのだろうか?
要は民営化のメリットは何かということであり、単にムードだけで民営化賛否を唱えても意味はないのではないか。賢明なる選択を望むものである。

更に言えば「メリット」とは、「預金者」の視点に立ってどうかということだろう。金を預け、運用することを考えれば安全かつ有利な所に流れるのは当然である。
米国が主張するような、暗黙の政府保証を行わないというのは到底容認できない。逆に言えば、これさえあれば、民営化の障害は何もない。


他のブログさんは?

| | Comments (4) | TrackBack (2)

September 03, 2005

釈迦に説法 新潟・小倉2歳S

小倉10R 小倉2歳S
千二のレースということで、現時点の完成度とスピードが評価基準ということになろう。ということでフェニックス賞組を上位に取りたい。主役は2着だった12◎セントルイスガール。滞在で気配も急上昇とのことだし、外目からライバルを見ながら競馬が出来るのは強味。最後も外目から強襲すれば差し切りも。
相手は唯一の2勝馬8○エイシンアモーレ。中間一頓挫あったのが懸念材料だが、完成度・スピード共に一枚上手か。さらに、6▲グランプリシリウス。前走はフケの影響があった中での3着という成績は評価できよう。人気の1アルーリングボイスだが、最内というのがちょっと不利とみて△まで。
12の単複、枠連1-6、3-6、4-6、3-4。
キルトクールは3エムエスワールド。そこそこ人気しているようだが、速い脚に欠ける印象。

新潟11R 新潟2歳S
こちらは新潟外回りコースを走りぬけるタフさを評価基準としたい。その意味で主役に抜擢したいのが新潟千六の持ち時計が一番良い17◎マイネルグリッツァ。上がりも34秒台で纏めているし、人気もないのが妙味。鞍上がアンチャンなのが最大の不安要素か・・・
さらに、前走出遅れながらも快勝した13○ショウナンタキオン。母父トニービンの血が騒ぐか。さらに終いの斬れが売りのエンドスウィープ産駒の18▲タイセイハニー。1コスモミールは位置取りが難しそうで△まで。
17の単複、枠連7-8、ワイド1-17、13-17、13-18、17-18。
キルトクールは2ニシノフジムスメ。キングヘイロー産駒ならムラ馬の印象で。

他のブログさんは?

| | Comments (0) | TrackBack (9)

釈迦に説法 越後S、エルムS

「反対派のマドンナ」に送り込まれた刺客が、不倫メール500通騒動で話題になっているようである。刺客が逆に刺されてどうすんだという気もするが、おネエちゃんが魑魅魍魎の世界でのし上がっていくためには下半身の力も利用しないと難しいってことだろう。
しかし、メール500通もどう保存してたんだ。ニフなんか全部で1000通しか保存できなかったのに・・・

新潟11R 越後S
 北陸S出走組が4頭出ており、その時との斤量差はトウショウギア(2着)0、リンガスローレル(2着と0.1秒差3着)△1キロ、ビッグフリート(2着と0.3秒差5着)△1キロ、プリンセスアスカ(2着と0.5秒差6着)△3キロ。1キロ0.1秒とするとトウショウギアとリンガスローレルの差はないということになり、前走時に比べると鞍上の健康状態も向上していることを考えると後者の方が優位に立つと判断できる。
一方トップハンデのディバインシルバーであるが、前走こそ2着に入ったもののそれ以前の成績が芳しくなく、ちょっと買いづらい。むしろ北陸S組残り2頭のワイド圏突入に期待をしたい。
馬単5→1、馬連1-5、3連複1-5-8、1-5-9。

札幌9R エルムS
 ここは、勝敗よりもカネヒキリの強さを推し量る意味でもドンクールの戦いぶりに注目したい。どの馬も一長一短があるようで、人気も割れ気味になるだろうが、そんな中で主役に推したいのが、芝から転じてきた12◎マチカネメニモミヨ。北海道シリーズで3連続掲示板という実力は評価すべきだし、ダートも3勝しており、決して苦手とはいえない。今回人気の盲点になっているようなので狙い目だろう。だいたい、ダート路線が整備される前はこの手の馬が人気になっていたような気もするし・・・
相手はホントは強い10○ジンクライシス。番手から捲るレースをすれば勝機はあるだろう。
枠連7-8。
キルトクールは7パーソナルラッシュ。久々で59キロは辛いでしょう。

他のブログさんは?

| | Comments (1) | TrackBack (7)

September 01, 2005

夏休みとってました

夏休みをとってました。CNNくらいしか情報源がなかったのですが、米国のハリケーン被害とイラクの大惨事のニュースは一日中やってましたね。
米国人の関心はこうしたテーマなんだと思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »