« 釈迦に説法 京成杯、セントウルS | Main | 総選挙 民主党の敗因を探る »

September 11, 2005

祭りの後の「政」(まつりごと)

総選挙は自民党圧勝の結果に終わりそうである。ある意味で「郵政民営化」というどうでも良い課題を全面に押し出した自民党の作戦勝ちということかもしれないが、逆に言えば、どうでも良いテーマだからこそ、国民は「改革」側に軍配を上げたのではないだろうか。おそらく、近く召集される特別国会で郵政民営化法案が可決されることになろう。
今回の結果で評価できるのが自民党の議員の中で「公共事業推進派」が絶滅に近い形でいなくなり、いわば「新人類」が増えるということである。新しい議員が新たな観点から政治に関わっていくことにより政治の流れが変わることを期待したいものである。選挙というお祭りよりもその後の政治の方が重要なのである。

他のブログさんは?

|

« 釈迦に説法 京成杯、セントウルS | Main | 総選挙 民主党の敗因を探る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/5895221

Listed below are links to weblogs that reference 祭りの後の「政」(まつりごと):

« 釈迦に説法 京成杯、セントウルS | Main | 総選挙 民主党の敗因を探る »