« 祭りの後の「政」(まつりごと) | Main | 選挙後の政策課題は何か »

September 12, 2005

総選挙 民主党の敗因を探る

総選挙で民主党が大敗し、岡田代表が辞意を表明した。別に民主党の支持者という訳ではないが、「負け」の反省をするのが日課のようになっているので、民主党の敗因をいくつか探ってみると、まず自民党が「郵政民営化の是非」を正面に据えて選挙戦を進めたことに対し、真っ向から勝負を挑まず「マニフェスト」主体の選挙戦をやろうとしたことが選挙民に受入られなかったことが揚げられる。むしろ、郵政を全面に押し立てて対立構造を煽った方が戦術としては分かり易かったのではないだろうか。「民営化反対」では勝負しにくかったろうから、例えば「米国の言いなり改革」といったプロパガンダが必要ではなかったか。
さらに、反対派無所属や他政党との連携が不十分だったことがあげられる。自・公両党は上手く選挙協力を行って議席を確保していったのに対し、票が割れる結果になって死に票が増えてしまったケースが多かった気がする。
もともと、小選挙区の候補でも確固たる地盤がある人よりも浮動票を獲得するタイプが多かったような気がするのでやはり票が自分の方に流れるような「ムード作り」に欠けたという点も重要だろう。


他のブログさんは?

|

« 祭りの後の「政」(まつりごと) | Main | 選挙後の政策課題は何か »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/5901002

Listed below are links to weblogs that reference 総選挙 民主党の敗因を探る:

» 選挙から一夜明け [裕二郎御殿  ]
予想はしていたものの、その予想以上いや、予想異常の自民圧勝劇。 誰もがここまでは予想しなかったのではないか。 前にも書いたが、郵政民営化を中心とした、小泉総理への評価の結果。 日本国民に問う選挙の結果は意外な程の差をもって終焉した。 ただし、この結果といえ、..... [Read More]

Tracked on September 13, 2005 at 10:30 PM

« 祭りの後の「政」(まつりごと) | Main | 選挙後の政策課題は何か »