« 「悪循環の現象学」を読む(&JRA賞の社会学的分析) | Main | つるかめ算 »

January 24, 2006

ホリエモン逮捕と検察のシナリオ

ライブドアの堀江社長が逮捕された。
その帰趨はこれから裁判等で明らかになっていくんだろうが、以前元特捜検事だったという弁護士さんの話しを聞いたことがあるが、検察のやり方としてある程度情報が集まった段階で一定のシナリオを作り、それに沿って証拠集めや取り調べを行うんだそうだ。
おそらくその過程において、シナリオの展開をマスコミにリークし、マスコミもその線で裏取りをするから、結果的にシナリオ通りに進んでいくんだろう。

マスコミ取材に対し、堀江容疑者が「常に、適法か違法か検討し違法なことはしていない。」と答えていたがこれなど「違法性の認識」の動かぬ証拠となってしまうだろう。なぜなら違法性の認識がないのならそもそも違法性の有無の検討などしないからである。
少なくとも日頃から違法すれすれのところで業務を行っており、今回一線を越えてしまったという話しになるだろう。

ただ逮捕を受けて社長のブログにひどいことを書いている輩がいるようだが、これは自らの低能を吐露しているだけでいただけない。
やるなら建設的な提言だろう。ライブドア社に必要なのは「適法か違法か」という判断基準でなく「世間がどう思うか」という判断基準を作っていくことであり、それがコンプライアンスというものだろう。
それを磨く武器は「教養」なのである。

ところで、逮捕は彼にとって「想定の範囲内」だったのだろうか・・・

|

« 「悪循環の現象学」を読む(&JRA賞の社会学的分析) | Main | つるかめ算 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/8310315

Listed below are links to weblogs that reference ホリエモン逮捕と検察のシナリオ:

» ホリエモンを持ち上げていたのはどこの誰? [わたしさくらんぼ]
各メディアでホリエモン叩き、堀江を利用しての自民叩きが激しいがその堀江を「時代の寵児」ともて囃していたのは他ならぬマスコミである。 その中でも朝日新聞と民主党の手の返し方が本当に凄い過去の新聞記事を見つつ、簡単に振り返ってみる。 [Read More]

Tracked on February 10, 2006 at 11:22 AM

» ホリエモンを持ち上げていたのはどこの誰? [わたしさくらんぼ]
各メディアでホリエモン叩き、堀江を利用しての自民叩きが激しいがその堀江を「時代の寵児」ともて囃していたのは他ならぬマスコミである。その中でも朝日新聞と民主党の手の返し方が本当に凄い過去の新聞記事を見つつ、簡単に振り返ってみる。... [Read More]

Tracked on February 10, 2006 at 08:31 PM

« 「悪循環の現象学」を読む(&JRA賞の社会学的分析) | Main | つるかめ算 »