« 「馬の科学」を読む(2)筋肉 | Main | 「馬の科学」を読む(3) 耳と脚 »

March 14, 2006

WBCの「疑惑判定」をめぐって

ワールドベースボールクラシックの2次予選、日本-米国戦でタッチアップをめぐって微妙な判定が行われ、結果として日本が敗退した。
13人と9人で野球をやっている訳だからこういう結果がでるのは当然と言えるかもしれないし、そもそも「スポーツ」というのはコーケジアンの概念なんだから、彼らの都合の良いようにルールが決められ、解釈されるということなんだろう。
柔道だって国際的な「JUDO」は既にスポーツと化し、嘉納精神なんてかけらも無くなっている。そういうもんだという観点で観ていく必要があるんじゃないだろうか。
こんなことは別にスポーツに限らず、あの「パールハーバー」を「だまし討ち」と決め付けた事だって、昔ハワイ王国で米国自身が同じことをしたことがあったようだ。

|

« 「馬の科学」を読む(2)筋肉 | Main | 「馬の科学」を読む(3) 耳と脚 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/9082309

Listed below are links to weblogs that reference WBCの「疑惑判定」をめぐって:

« 「馬の科学」を読む(2)筋肉 | Main | 「馬の科学」を読む(3) 耳と脚 »