« キルトクールはマツリダゴッホ。青葉賞 | Main | 一応TR スイートピーS »

April 30, 2006

紐荒れ狙い 天皇賞・春

京都はだいぶ前から並んでいる人たちがいるらしい。確かにこの後海外遠征して、JC、有馬で引退だろうから、京都で見られるのはこれが最後ということか・・・

京都11R 第133回天皇賞・春
紐荒れ狙いというのが、今年の基本となろう。では1頭ずつみてみたい。
1 ストラタジェム:決め手に欠けるという問題はあるんだろうが、常に相手なりに走るという魅力がある。一応考慮の対象か。(?)
2 マッキーマックス:陣営も「3200mを前提とした仕上げをしてきた」ということだし、結果も出してきている。相手筆頭ということになろう。(○)
3 チャクラ:「精神面が戻ってこない感じ」ということでは、馬場掃除要員か。(切)
4 ローゼンクロイツ:「勝つ馬が決まっているレースに出ても、気持ちは盛り上がりませんよ…」ということでは如何なものか。終い平坦だから突っ込んでくるかもしれないが、敢闘精神に欠けるので応援する気になれない。(切)
5 トウカイトリック:「今回も後ろがバタバタになるほどの大逃げを打つ」というのが本当ならイングランディーレの再来の期待がちょっぴり。でも最後捕まっちゃうだろうが。(?)
6 トウカイカムカム:「次につながるレースを」と陣営は控えめだが、京都ではほぼ上がり34秒台で走っている。終いの突っ込みはありそう。(△)
7 ディープインパクト:今回は喧嘩はできない。(◎)
8 ビッグゴールド:前々行けば去年のようなことがあるかもしれないが・・・。(切)
9 デルタブルース:勝負付けが済んだ印象なので、最初から2着狙いで乗ってくればそのような結果になるだろうが、馬券的妙味に欠けて・・・。(切)
10 アドマイヤモナーク:これも相手なりに走るという印象。鞍上が妙に強気というのも気になる。(?)
11 リンカーン:天皇賞は鬼門のようだ。イタリアに遠征して共和国大統領賞を狙えば勝てるかも・・・。(切)
12 ハイフレンドトライ:ハンデ戦じゃないと苦しいのはわかっているが、唯一の関東馬ということで応援したい。(×)
13 ファストタテヤマ:京都は向いているのでそこそこ走りそうだし、紐にはいいかも。(?)
14 アイポッパー:この馬も去年並みに走るということは考えられるが、前走負けすぎの印象があって。(切)
15 シルクフェイマス:会長先生と手が合うんだろう。今年は京都でやる宝塚記念に出てきたら期待できるかも。(切)
16 ナリタセンチュリー:「久々の方が引っかからなくていいんです」ということだし、今年のキーワード「地味系ジョッキー」、「お手馬」ということなので注目したい。(▲)
17 ブルートルネード:ムラ馬という印象。ここでは苦しいか。(切)
馬券的には、ワイド6-7、7-10、7-12、7-16。三連複2-5-7、2-7-12、2-7-13、2-7-16。
キルトクールはリンカーン。大統領に天皇賞は鬼門。

ブログランキング にも参加しています。

|

« キルトクールはマツリダゴッホ。青葉賞 | Main | 一応TR スイートピーS »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/9824852

Listed below are links to weblogs that reference 紐荒れ狙い 天皇賞・春:

» ◎ディープインパクト 2006年天皇賞・春【血統フェスティバル】予想 [【血統フェスティバル】blog]
【天皇賞・春】出馬表と出走馬・近5年の1〜3着馬の血統を掲載。 [Read More]

Tracked on April 30, 2006 at 09:55 AM

» 2006 天皇賞(春) 複勝軸馬予想 [競馬予想・必勝法を考えるページ]
ディープの相手探し。 思い切って、アイポッパーにしたい。 成績を見ると、掲示板を外したのは ここ2走のみ。 前走が休養明けで度返しするなら、 [Read More]

Tracked on April 30, 2006 at 10:17 AM

» 【天皇賞春】戦国乱世に終止符の予感 [そのまま、そのままっ!!]
この3年間、ちょっと異例というべき波乱の決着が続いてきた春の天皇賞。菊花賞優勝の実績を過小評価されていた03年のヒシミラクルなら、まだ勝たれて納得もいくけれど、近2年の優勝馬(イングランディーレ、スズカマンボ)となると、失礼ながらいまだに「場違いな馬」という印象を禁じ得ない。前走・船橋の交流重賞で先頭から5馬身も千切られた馬が、いきなり天皇賞を勝つなんて、冗談にも程がある。 一方、この伝統の大一番... [Read More]

Tracked on April 30, 2006 at 11:46 AM

« キルトクールはマツリダゴッホ。青葉賞 | Main | 一応TR スイートピーS »