« ヒトラー13歳論 | Main | 本番には繋がらぬ 福島牝馬Sほか »

April 19, 2006

山口母子殺人事件に思う

山口県で起きた母子殺人事件が最高裁で結審したそうだ。
ここに至るまで弁護側のサボタージュなどが報道される一方、被害者の家族の方の冷静な対応が印象的だった。
おそらく、心中煮えくりかえっているのを理性で相当押さえているのだろう。
ことによったら、防ぎきれなかった自分を責めているのかもしれない。
こうした事態の再発を防ぐには、法しかない。
法が守らなければ誰が守るのか。
逆に言うと法を手玉にとって三百代言的言質を弄じるのは法への信頼を損ねる行為だと思う。

|

« ヒトラー13歳論 | Main | 本番には繋がらぬ 福島牝馬Sほか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/9663851

Listed below are links to weblogs that reference 山口母子殺人事件に思う:

» 山口県光氏母子殺害事件 [おいどんのブログ]
母子殺人事件の上告審が結審、弁論続行の主張退ける 3月に書いたブログ(山口の母子殺害、弁護士欠席で口頭弁論開けず…最高裁)が結構反響を呼んでいる今日この頃。先日の「弁論欠席の弁護士に初の「出頭在廷命令」…最高裁」という話もあり、やっと昨日結審したようで…。 ってか、こんな「死刑反対論者」のクソ弁護士の話なんか聞く必要ないっちゅうねん。 (ノ-o-)ノ ┫:・'.::   コイツの会見見てたら、ほんまイライラしたわ(メ-_-) とっとと「�... [Read More]

Tracked on April 19, 2006 at 08:18 AM

« ヒトラー13歳論 | Main | 本番には繋がらぬ 福島牝馬Sほか »