« 社会保険庁不正問題 | Main | 恐るべし映画とG1の関係 »

May 30, 2006

賭博経済学入門(7) 安田記念出走馬の分析(1)

日本ダービー○▲△◎の順に入着した上に「お遊び」のアペリティフまで6着と馬券以外はほぼ完璧の予想結果であったことに気をよくして、安田記念も同様な方法での分析を試みることとした。
安田記念出走予定馬が走っているレースとして、京王杯SC、ヴィクトリアマイル、マイラーズC、ダービー卿CT、高松宮記念、阪急杯、中山記念。さらに、香港馬の出た香港Cマイルの8レースについて、スピアマンの順位相関係数を算出するとともに、スタートとラスト3Fの時計もみてみることとした。
レース     順位相関係数 信頼度 スタート3F ラスト3F
京王杯SC     0.78  P < 0.01  35.2    34.6
ヴィクトリアマイル 0.64  P < 0.01  35.4    34.3
マイラーズC    0.89  P < 0.01  36.7    34.9
ダービー卿CT   0.11        35.1    34.3
高松宮記念     0.65  P < 0.01  33.7    34.3
阪急杯       0.29        34.7    36.2
中山記念      0.48        37.1    35.6
香港Cマイル    0.29        36.2    34.2

順位と人気の相関のほとんどないレースもみられるという結果から、今年の短距離路線の混迷ぶりが見て取れるという印象を受けるが、京王杯とマイラーズCの結果は人気との信頼度が高い。このうち、マイラーズCは出走頭数が揃わなかったことから、1F短いとはいうものの、同じ府中の舞台で行われた京王杯で自分のペースで逃げ粘ったオレハマッテルゼが馬券検討の軸馬ということになろう。
府中は今週からBコースとなり、枠順に左右される要素が高いことが十分想定され、最終判断は、枠確定後ということになる。


ブログランキング にも参加しています。

|

« 社会保険庁不正問題 | Main | 恐るべし映画とG1の関係 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/10311405

Listed below are links to weblogs that reference 賭博経済学入門(7) 安田記念出走馬の分析(1):

» 2006年【安田記念】登録馬の血統 [【血統フェスティバル】blog]
【安田記念】登録馬の血統と近5年の1〜3着馬の血統を掲載。ノーザンダンサー系が重要に! [Read More]

Tracked on May 30, 2006 at 07:07 PM

» 安田記念は当たりそうな気がする・・ [susuのほんまに当たらん競馬予想]
ダービーが終わりました。 また外れました・・・ 今年、まだG1で、本命馬が馬券に絡んでくれません。。。。 しかし、安田記念は、なんか当たりそうな気がする・・ 根拠は、ここまでのG1での本命馬選びは、かなりギリギリまで迷いましたが、今回の安田記念は、既に本命馬は決まっております。 昨年のこのレースでも、その馬には重い印を打ちました。 ちなみに本命は、ユートピア(14番人気1�... [Read More]

Tracked on May 31, 2006 at 12:09 AM

» 《牝系で考察》安田記念 [馬券下手の「へたうま日記」]
過去5年の「1〜5着馬のデータ」をもとに、安田記念(東京芝1,600m)における《牝系の傾向》を探ってみます。 ★注目馬:シンボリグラン、テレグノシス、(除外対象:マルターズホーク) [Read More]

Tracked on May 31, 2006 at 03:17 PM

» 行動経済学 経済は「感情」で動いている [野菜とネット - amaxoop2]
出版社/著者からの内容紹介ノーベル経済学賞を受賞した、経済学を超えた経済学その誕生から最前線まで「経済人」という特別の人々をご存じだろうか?禁煙や禁酒やダイエットに失敗する... [Read More]

Tracked on June 02, 2006 at 05:12 PM

« 社会保険庁不正問題 | Main | 恐るべし映画とG1の関係 »