« 北海道遺産 | Main | 土曜競馬 金鯱賞 ほか »

May 26, 2006

ダウ゛ィンチコードを読む

話題ものには飛び付く習性から、ダウ゛ィンチコードを読んだ。
キリスト教と聖杯伝説の知識があれば更に面白いんだろうが、その知識がなくとも楽しめる作品である。
ただプロットの重要部分が翻訳しきれないのが残念といえば残念。
GⅠレースのレープロの馬名解説に良く使われている手法が解読のカギとなるわけだが英文学者が多用するくらいだから比較的普及した遊びなんだろう。

一種のミステリー小説だから種を明かせないのが残念であるが、要は主人公たちはパンドラの箱を開けてしまったのだ。
そういえば、キーワードはプリンセス。
どっかで見覚えのある関係だ。

|

« 北海道遺産 | Main | 土曜競馬 金鯱賞 ほか »

Comments

つまり・・・この本の読者は馬券が取れていた訳ですね。(笑)
今さら読んでも遅いですよねぇ・・・。

Posted by: へたうま | May 26, 2006 at 03:28 PM

へたうまさん。
コメントありがとうございます。
ダービーは「嫌われ松子(=人気薄の後方待機組)」
でしょうか・・・

Posted by: もくに | May 26, 2006 at 10:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/10243778

Listed below are links to weblogs that reference ダウ゛ィンチコードを読む:

« 北海道遺産 | Main | 土曜競馬 金鯱賞 ほか »