« 改めて名馬に敬礼 宝塚記念 ほか | Main | 砂の二強対決か帝王賞 »

June 27, 2006

凱旋門賞展望&宝塚記念回顧

今頃、宝塚の回顧書いてもしょうがないと言われそうなんだが、やはり、一言言っておきたい部分もあり・・・。凱旋門賞とセットにすることに。
宝塚記念は予想通り◎ディープインパクトの圧勝だった。鞍上も早速喜びのコメントを出している。まぁ次はロンシャンということだが、本当にあの深い芝を克服できんのかなぁ? ちと疑問も、エルコンドルと並び、あちらでも勝負になる(可能性のある)日本馬ということで期待をもって見て行きたい。
さて、特筆すべきは2着の△ナリタセンチュリー。やはり、馬の癖を知り尽くしている鞍上の力というのは無視できないということだろう。
○リンカーンが「道悪はからっぺた」 なんて話は聞いたことがなかったぞ。

さて、凱旋門賞であるが、既にブックメーカーのオッズ も出されている。これは、現時点での賭け率のようで、出走しなくとも払い戻しはないそうだし、逆に後で上下しても現時点のオッズで配当がなされるという性格のものらしい。ただし、日本で購入すると刑法犯に問われる虞があるそうだ。
それによると、現時点でのトップは昨年の覇者ハリケーンラン(4倍)。2番人気がシロッコ(5倍)、そして3番人気にディープ(6倍)という順であり、ハーツクライは現時点では13倍。キングジョージの結果次第ということだろう。そのキングジョージの方はハリケーンランが2倍で1番人気、ハーツクライが4倍で2番人気、3番人気はエレクトロキューショニスト(5.5倍)となっている。
当日の馬場はおろか、出走馬がどういう状況かもわからないので、今の時点で凱旋門賞の予想もへったくれもないもんだが、ディープに勝機があるとすれば、「ハーツクライの出走」ということが大きな要素になるものと思う。日本から2頭出てくれば、ターゲットが分散され、特に欧州勢が前に行くことが考えられるハーツクライを潰しにかかることで、相対的に終い勝負のメリットが出てくるのではないだろうか。ただ、現状では◎ハリケーンランのⅤ2が最有力で、重量有利な3歳馬○サーパーシー、3番手に▲ディープといったところか。

ブログランキング にも参加しています。

|

« 改めて名馬に敬礼 宝塚記念 ほか | Main | 砂の二強対決か帝王賞 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/10698540

Listed below are links to weblogs that reference 凱旋門賞展望&宝塚記念回顧:

» ハットリ君はやってこなかった 宝塚記念の回顧です [ネギ背負ってきました]
◆京都11R 宝塚記念 [Read More]

Tracked on June 27, 2006 at 09:29 PM

» 2006年宝塚記念回顧【血統フェスティバル】 [【血統フェスティバル】blog]
1〜5着馬の血統を見ながら【宝塚記念】を振り返ります。 [Read More]

Tracked on June 28, 2006 at 07:20 AM

» 【驚愕】お金が増え続けます。 支払いは1回のみ。 [サクセス]
誰でも簡単に配当生活が出来ます。最近では超ローリスク国際分散投資MLIの魅力に気づいた方が、銀行の定期預金に預ける感覚で続々と登録しています。普通の主婦やサラリーマン達が資産運用にと複数登録しています。 [Read More]

Tracked on July 08, 2006 at 09:34 AM

« 改めて名馬に敬礼 宝塚記念 ほか | Main | 砂の二強対決か帝王賞 »