« 賭博経済学入門(7) 安田記念出走馬の分析(1) | Main | 社会保険庁改革 »

June 02, 2006

恐るべし映画とG1の関係

オークスの週に公開された「ダウ゛ィンチコード」は、パンドラの箱を開けてしまった二人が宝捜しをする物語で、そのキーワードは「プリンセス」だった。
オークスではその「プリンセス」と「パンドラ」のワンツーだった。

ダービーの週に公開された「嫌われ松子」は、人気教師(先公)から一転して殺人者までなってしまう松子の壮絶な一生を描いたものであった。
そのダービーは「松」本さんの馬が、「先行」馬をかわして二冠を達成した。

今週は何が公開されるんだろうか?

|

« 賭博経済学入門(7) 安田記念出走馬の分析(1) | Main | 社会保険庁改革 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/10356807

Listed below are links to weblogs that reference 恐るべし映画とG1の関係:

« 賭博経済学入門(7) 安田記念出走馬の分析(1) | Main | 社会保険庁改革 »