« 連ドラ風スパムメール-その2 | Main | シリコン・バレーの現実 »

July 20, 2006

昭和天皇の「御心」と靖国

日経新聞が一面トップで報じた記事で、昭和天皇がA級戦犯の靖国合祀に不快感を示し、以降参拝をしなかったことが明らかになった。
陛下の御心が明らかになった以上それに従うのが赤子の勤めであろう。
逆に、今A級戦犯合祀問題の処理を行うチャンスかもしれない。
何故なら「陛下のご意志」という大義名分ができたためで決して「外圧」ではないからである。
処理方法は分祀などがいわれているが、そもそも「神」にしたことが陛下のご意志に反しているのだから、やはり、一番の方法は錯誤による削除だろう。

この記事はまさに「勝負あり」を感じさせるスクープといえよう。

|

« 連ドラ風スパムメール-その2 | Main | シリコン・バレーの現実 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/11017598

Listed below are links to weblogs that reference 昭和天皇の「御心」と靖国:

« 連ドラ風スパムメール-その2 | Main | シリコン・バレーの現実 »