« パロマ湯沸かし器問題に思う | Main | 連ドラ風スパムメール-その2 »

July 18, 2006

「映画」とアメリカ

アメリカが「映画」をキーワードにした観光キャンペーンを展開しているようだ。
ポスターには、「キングコング」「ホォレストガンプ」「北北西に進路をとれ」などが並び、その舞台に行こうという訳である。
確かにアメリカ映画というのは、スケールの大きさでは群を抜いているし、娯楽を前面に押し出したものが多い。
そのために、膨大なセットを作って撮影するのでロケは少ないと思ったがそうでもないようだ。

アメリカの魅力といえばやはり「人工的」なものだろう。なにしろ、あのワイキキビーチさえも「人工海浜」というのだから驚いてしまう。
確かにグランドキャニオンやナイアガラなどの自然の物でも見所はあるが、自然物よりはディズニーランドやラスベガスの方に食指が動く。
今回のポスターに使われた場所が具体的にどこかはよくわからんが(勿論大体見当はつくが)、アメリカの魅力を反映していることに間違いないだろう。

|

« パロマ湯沸かし器問題に思う | Main | 連ドラ風スパムメール-その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/10990820

Listed below are links to weblogs that reference 「映画」とアメリカ :

« パロマ湯沸かし器問題に思う | Main | 連ドラ風スパムメール-その2 »