« July 2006 | Main | September 2006 »

August 28, 2006

マカオ・タイパ戦記(4)-タイパ競馬あれこれ

タイパ競馬場の馬券の種類は基本的には香港と同じで、単勝、複勝、馬連、ワイド、三連単という各レース単位の馬券のほかに、複数のレースの1着馬を当てる馬券などが存在する。
馬券はマークカードの裏面に印刷されるので、裏を汚してはいけないということになっている。
賭け金は10ドル単位だが、行った時は知らなかったがパタカ用の売り場も別にあるようだ。
馬券はゲート入りしてスタート直前まで購入することができ、また、ギリギリに購入する人が多いようだ。
マカオカップ当日の番組だが、全14レース組まれていたがそのうち4レースはなんとドッグレース(カニドロームで実施されるものの場外)。競馬としては
1レース:5,6班1500m。11頭、6:45発走
3レース:4,5班1100m。12頭、7:15発走
4レース:5班1800m。12頭、7:40発走
5レース:6班1000m。11頭、8:05発走
6レース:オープン1500m(マカオカップ)。15頭、8:30発走
7レース:3,4班1400m。14頭、8:55発走
8レース:2班1100m。16頭、9:20発走
10レース:3,4班1400m。14頭、9:50発走
12レース:5,6班1500m。11頭、10:20発走
14レース:4,5班1100m。10頭、10:50発走
これにドッグレースが、
2レース:4班350m。7頭、7:00発走
9レース:1,2班510m。7頭、9:35発走
11レース:2班350m。7頭、10:05発走
13レース:3班510m。7頭、10:35発走
という形だったので、終わりのほうは大変忙しなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 27, 2006

キーンランドカップの予想

札幌9R 第1回キーンランドカップ
サマースプリントの方はまだ最終戦を残している。そこを含めて総合優勝濃厚なのが、14◎シーイズトウショウ。前走は惜しくも2着であったが、平坦コースは向きそうだし、ここでも主役は譲れないところ。最終のセントウルSも今年は中京開催というラッキーが重なり、この勢いで初代サマースプリントチャンプの座に。
相手は、連勝で勢いに乗る4○ツルガオカハヤテ。さらに、こちらもバクシンオー産駒10▲ブルーショットガンにも期待。
更に、応援していたビワテケヒデ産駒の13△ダンスオブサロメにもほのかな期待。
枠連2-7、5-7、2-5。ワイド13-14。
キルトクールは2ビーナスライン。ドジョウはそうそういない。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

武のこない重賞なんて 新潟記念

平坦だと芝ダート問わず確実に差してくる馬がいて追っかけているんだが、追える鞍上に変えてくんないかと思っていたら、土曜のレースで公営上がりのJKにチェンジし、終い前が壁になったものの強引にこじあけて2着に突っ込んできた。でも皆良く知っていてさほど複勝もつかなかった。次走も期待したい。

新潟11R 第42回新潟記念
今回でサマー2000シリーズの覇者が決まる。ということで、優勝の可能性のある馬が勝負がかりということになろう。そこで期待したいのが、16◎ヴィータローザ。「中間も順調だし、いい意味で安定している」ということだし、本来小回り向きの馬ではあるが、去年も3着に来ているし、外枠を活かして粘りこめないか。GⅠには少し足りない一族だけに、こうした積み重ね型の栄冠こそふさわしいのかもしれない。ただ、ガサはある筈なのに、58キロ背負うとガックリしてしまうのか、2走前のような大敗も多いのは懸念材料。
相手は、こちらも優勝の可能性のある18○スウィフトカレント。「展開と折り合いがポイントではあるけれど、持ち味の瞬発力を生かせれば、チャンスはある」ということのようだし、外枠というのも他の馬をみながら競馬ができマーク屋の本領発揮できそうか。
3番手は、前走終い33秒1で走った9▲エイシンニーザン。「ジリ脚だから、直線の長いコースでしぶとさを生かす競馬が合う」ということだし、「相手なり」の強味だせるか。
さらに、51キロは恵まれた印象の8△サンレイジャスパーにも期待。
枠連8-8、5-8、4-8。
キルトクールは10ヤマニンアラバスタ。昨年の覇者とは言っても前走負けすぎだし、鞍上がなぁ~。

| | Comments (0) | TrackBack (6)

August 26, 2006

明日の主役はいるか ひまわり賞&クローバー賞

小倉11R ひまわり賞
九州産限定ということで、中央勝ち馬は3頭しかいない。といって単純に3頭立てと言い切れないのが面白いところ。主役は唯一1分10秒台の記録を持っている10◎コウセイカズコで良いだろう。相手も既走馬相手に勝った9○テイエムイナバコ。さらに、前走で時計を短縮してきた1△テイエムジカッドと5△カシノエデンに注目。
馬連9-10、ワイド1-10、5-10。
キルトクールは6イフウドウドウ。チンジャオロウスのCMで馴染みのある曲だが・・・

札幌10R クローバー賞
道営から5頭来ているが、ダート向きっぽい面子。函館2歳S4着の10マイニングゴールドに注目したいところであるが、Fデピュティ産駒だけに芝では延びると甘くなりそう。せいぜい▲までか。中心は延びてよさそうな2◎スイングロウ。ラグビーのイングランドチームを奮い立たせる時にファンが歌う応援歌にちなんで名づけられたんだと思うが、勝って「心の故郷に連れて行って」くれい。あとは能力だけで善戦しそうな4○イクスキューズ。
2の単。枠連2-3、2-8、3-8。
キルトクールは8ブレイブボーイ。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

August 25, 2006

冥王星とコリン星(2)

冥王星のあとは、コリン星人ことユウコリンの話である。

お笑い芸人と交際しているとかで、ある宣伝のイベントに参加したユウコリンの会見場でその話題に触れた芸能レポーターを屈強なガードマンが制止したそうだ。
他の話題が出るに決まっている会見を設定しておいていざ出ると排除するのは、ヤラセ以外のなにものでもないと思うが、もし本当に嫌だったら、あらかじめ「本題に無関係な質問をされた場合は会場費の一部をご負担いただきます。」とかして有料にすればよい。
それで飯食ってる連中にとっては必要経費にすぎない。
有料はけしからんと言うんだったら、アウトプットだって同価値だろう。

主催者もスキャンダルを逆手に取って少しでも報道してもらえば勝ちという姿勢は止めたほうがよい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

冥王星とコリン星

国際天文学連合が、結果的に冥王星を惑星の定義から除外し、新たに矮惑星と位置づけることとしたらしい。結論に至るには紆余曲折があったようだが、まずは同連合がパーキンソニズム的解決をしなかったことに敬意を表したい。
そもそもこうした議論が起きた背景には冥王星が思ったより小さかったことがあるようだ。冥王星は、海王星の公転周期が乱れることから、その存在が推定され、発見に至ったと昔習ったような気がする。
いわば理論主導の発見過程を経た天体である。
今回、惑星の定義から除外されたからと言って冥王星がなくなるわけではないし、発見者の功績に傷がつくわけでもない。
この議論がきっかけとなって、天文学への関心が高まってくることを期待したい。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 24, 2006

マカオ・タイパ戦記(3)-マカオカップ

Mc1
タイパに宿をとった目的の一つはタイパ競馬場でちょうどマカオカップ開催という情報を得たため。前日に5ドルで競馬新聞を購入。
Mc11
ジョッキークラブの入口もカップムード満点。
Mc12
20ドルの会員席に入ったのであるが、ここに入れる資格者はかなりいる模様。
Mc2
パドック風景。

Mc3
Mc32
掲示板にオッズなどが表示されるが単勝が一番売れるのが日本と違うところか。


Mc4
ゴール。


Mc5

マカオカップの優勝表彰式。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

マカオ・タイパ戦記(2)-マカオ・タイパ競馬場

マカオの競馬場は、マカオ半島の南にあるタイパ島にあります。現在半島とタイパ島は3本の橋で連絡しているので、行き来はかなり便利。
Rc1
欧州系らしく、芝はかなりきれいに整備されている印象を受けます。

Rc11
一見川のように見える海を挟んで向こう側は中国本土。

Rc2

Rc3
コースの特徴としては、内側のダートコースを普段調教に使用しており、そこへ行く芝コースの部分がダートになっているということでしょうか。すなわち、芝のレースでも距離によっては、ダート区間を横切る場合があるということです。レースの際に狭い方の通路には緑色の砂を撒いて一見わからなくしていました。

Rc4
Rc42
Rc5
Rc6
厩舎はコースに隣接しているようで、早朝から追いきりも行われていました。また、追いきり後の馬の引き回しを行うための場所もあり、クールダウン対策もとられているようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 23, 2006

マカオ・タイパ戦記(1)-マカオ滞在中の注意事項

夏休みをとって、タイパに行ってきました。タイバ競馬場やマカオ・カニドロームのドッグレースの模様はおいおいレポートするとして、まずは、マカオ滞在に向けての一般的な注意事項の紹介から。
* マカオへの行き帰りについて~マカオは香港島からジェットホイルで行く人が多いようですが、香港空港からも直行便でマカオ行きのジェットホイルが出ています。これだと香港に入国せずに直接マカオ入国の形になるので、入国書類がマカオだけで済みます。特に帰りは飛行機代に含まれていた香港空港の使用料120ドルが戻ってくるのが魅力。ただ、本数が一日4本しかないのがネックで、マカオから香港空港に行くときは飛行機の出発時間と3時間以上の余裕が必要とされます。近々マカオ空港-関西空港の直行便が出るようで、それができればまっすぐマカオに行けることになり、かなり時間の節約になりそう。
* ツアーでなく、個人旅行で行く場合も、マカオのフェリーターミナルに各ホテルのシャトルバスが待っていて、それに乗ればホテルまで直行。そうでなくとも、市内を縦横に路線バスが走っていて、それに乗っていく方法もあり。ただ、路線バスは乗車区間でなく、バスの行き先によって運賃が異なるので、半島内だけ乗る場合は、半島内のみの路線にのらないと高い運賃を支払うはめに。ちなみに、半島内は2.5パタカ。タイパ行きは3.3パタカ。その先のコロアネ行きは5パタカ。
* マカオの通貨はパタカだが、「香港ドルが同率でそのまま通用する。」と旅のガイドブックに書いてある。しかし、香港の10ドルコインが使えない店があったり、競馬場やドッグレース場では逆に香港ドルしか使えないなど一様ではない。その競馬場でも、1ドル未満の細かい配当金はパタカの下の10アボスコインが出てきた。
* ホテルの両替のレートは悪いので、市中の銀行で両替した方が得。土日などで銀行が閉まっている場合、こういう手法があると知らせてくれた人がいる。すなわち、カジノで1000ドルのカジノチップをクレジットカードで購入(1040ドルくらいかかる)。それをチップの両替所に持って行って現金に両替する。ホテルではこちらの方法のほうがレートが良いらしい。(未経験)
* レートは日々変わるのでどうこう言うことは難しいが、日本の感覚でみると物価が安いんで、御大侭気分にひたれる。
* マカオにはチップの習慣はないが、カジノで勝った時はディーラーに祝儀を出すようです。(未経験)
* ホテル、カジノ、店、交通機関など親の仇と思うほど冷房が効いている。真夏でも長袖を一枚持っていった方がよい。
* 日本語はあまり通じないので、文句を言う時は筆談が便利。単に怒る場合は日本語で罵詈雑言を浴びせれば十分。
* 競馬場は20ドル出すと冷房完備のスタンド席に入場でき、ドッグレース場も10ドルで特別席に入場でき、中にはレストランがあり、一人30ドル以上使うことが条件になっているようだが、食事をしながら観戦できる。しかも、この席は予想紙が無料でついてくる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 18, 2006

今週はお休み

今週は夏休みNUKツアーに行くので、予想はお休み。
NUK(勿論飲む、打つ、買う=Shopping)ツアーは初めてのタイパ遠征を予定しています。明日(19日)にはマカオカップがあるらしいので、その様子もできれば当ブログで紹介したいと思います。時間があればドッグレースにも挑戦予定。
では、再見!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

August 17, 2006

惑星が12個に!

「水金地火木土天海冥」と覚えた惑星配列だが、国際天文学連合が、火星と木星の間にあるセレス、冥王星の衛星カロン、新たに発見された2003UB313を惑星に追加する定義案を出したそうだ。
この三つと冥王星を他の惑星と区別して定義するらしい。
そもそも、冥王星が他の惑星と性質が異なるので除外すべきだという意見からでてきた話だとおもうが、愚論のあげく拡張的収拾とは、学者の世界でもパーキンソンの法則は健在ってことか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2‐0じゃマズくねぇ? オシムヤーパン。

はるか格下のチームにホームで2-0ていうんはかなりヤバくないですか?
韓国や豪州は余裕で勝っているようだし。
南ア大会までに課題は多い印象。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

会議の進め方

塩野義製薬という製薬メーカーの研究所長を長年勤めた武田健一さんのかかれた本の中に、会議の進め方についてなるほどと思う記述があった。
まず、会議で話を聞いている人は、「自分の経験に照らして聞いている」という。従って自分の思ったことはなかなか伝わらないそいだ。特に形容詞を使う時は要注意で根拠や定義をはっきりしておかないと混乱するという。
このため、会議の主宰者は、まず会議の目的を明らかにし、その目的と出席者とのつながりをはっきりさせて、目的に対してどんな結果が得られたかをすぐチェックしておくことが大切だそうだ。
特に、「良い」とか「うまくいく」という抽象的な表現がなされた時は、何と比べて良いのかとか、何を根拠にどこがうまくいくのか厳しく説明を求めて、誰が見ても現実的な根拠が明確に示されるようにしておくことが大切という。
逆にこうしたことを徹底すると会議は短くなり、かつ回数も少なくなるんだそうだ。
研究者の言ではあるが普遍的な真理ではないだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 16, 2006

小泉総理靖国参拝と今後

小泉総理が、最後の年に漸く「公約」であった8月15日の靖国参拝を実現させた。事前に十分折込済みのことではあったし、ことさらに問題視する必要も無いことだろうと思う。
中韓の反発もあったの事実だが、「メンツ」を重視する両国であるから、その点を配意した対応といえるのではないだろうか。外交上は小泉総理は「レームダック」となっていることから、次期総理の対応を見守っているのだろう。
以前も書いたことがあるが、「靖国」を外交カードにしている間はこの問題が中韓が因縁をつけるネタになる訳だが、もし、「靖国には行かない」ということを明言する総理が誕生したとすれば、おそらく新たなネタを見つけてくるに違いない。
「日本海呼称問題」なんかはその例になるかもしれないが、もし韓国がこのことを外交カードに持ち出してきたら、今度は中国に「黄海を西海と呼ぶんか」と言って共闘する余地はあるかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 14, 2006

意外なところで露呈した東京の脆弱性

昼間東京都内の広範囲に大規模な停電が発生した。しかし、原因がクレーン船のチョンボで早めにクレーンを上げすぎて送電線に引っかかって線を損傷したためだという。
それだけのことで首都機能が一時的にマヒしてしまうのだから恐ろしい。都市の脆弱性を思い知らされた一日だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 13, 2006

戦争責任とは何か

富田メモが公表されて以来、靖国とA級戦犯の問題は新局面を迎えた印象がある。
いずれにせよ。
東條陸相時代に靖国合祀基準が定められ、A級戦犯は非該当となるらしい。

いずれにせよ、彼らは戦争責任を負って処刑されたわけであり、何等かの区別が必要ではないだろうか。

極東軍事裁判にはいろいろな意見はあろうが、少なくともその結果をわが国は受け入れた訳であり、また、そこで被告となるということは軍人になるなと厳しく通達していた「隷属」と同じではないだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

牝馬はようわからん・クイーンS

札幌9RクイーンS

牝馬の競走体系が整備されたのは良いが逆に引き時の見極めが難しくなったといえるのではないだろうか。
ただでさえ調子の見極めが難しい夏場なのにフケだのなんだのとあるんで印だけに。判断基準は開幕週だから内枠中心。
◎1チアフルスマイル
○4ヤマニンシュクル
×13シュフルール。
キルトクールは、 11マイネサマンサ。そろそろ潮時では。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

スプリントシリーズは誰の手に 北九州記念

それにしても、高速で100キロ以上の渋滞とかいつもながらお盆というのは「民族大移動」の季節。雷騒ぎで山手線がストップしたり大変だったようだなぁ。

小倉10R 第41回北九州記念
アイビスSDの覇者1サチノスイーティーの取捨が第一のカギ。陣営は、「54か53を覚悟していたのに52キロだからね。恵まれましたよ。楽しみ」とかなり楽観視しているようだが、外枠有利だろうから、ここはどうか。ただ、馬場が荒れてきたのはこの馬向きと言えるのかもしれない。しかし、単勝5倍台はちと人気しすぎで、キルトクール候補に。
第2のポイントはハンデ戦。58キロの5リミットレスビッドは、「中間は体も戻っているし、本質的には芝1200mがベスト」。同じく8ゴールデンキャスト「今回も他馬を気にせず自分の競馬をするだけ。ハンデも関係ない。強い馬は勝つ」といずれも強気。57.5キロの6マルカキセキも、「前回は、終い勝負の形で33秒台の脚を使ってくれた。1回使うと良くなる馬だし」ということで、これらハンデ上位馬は一応押さえておく必要はありそう。
しかし、本命は11◎ケイエスストロング。条件は違うものの、前走の勝ち時計は北九州短距離Sよりも早く、終いも33秒台の脚を使っている。外枠を利して終い差し切る可能性大。ここからさきの3頭に行ってみましょう。更に、アイビスSDより勝ち時計が良かった2コスモフォーチュンも複勝で。11の単複。ワイド5-11、6-11、8-11。枠連4-7、5-7、4-5。2の複。
キルトクールはサチノスイーティー。

ブログランキング にも参加しています。

| | Comments (0) | TrackBack (6)

August 12, 2006

外差し決まるか ダリア賞、天の川Sほか

英国の航空機テロ未遂事件は衝撃的であった。そのため、夏休みの計画も急遽変更することとした。それにしても、目薬や歯磨き粉まで持ち込み禁止というのはかなり凄いことだ。

新潟9R ダリア賞
開催が進むにつれて外差しが決まってくるようになった印象の新潟。とはいえ、ここは前走同距離を1分22秒3で走った4◎マイネルレーニアを本命視したい。相手は前走オープン3着の6○マルカハンニバル。さらに、前走スローに恵まれたのかもしれないが終い34秒台で走っており、陣営も「1度使って体の使い方なども変わってきた。今回も楽しみ」という5▲マイネルハーバード。馬連4-6、4-5。三連複4-5-6。

新潟11R 天の川S
ソーユアフロスト、コンラッド、フェイトトリックスなど人気しそうな馬が内枠に揃った。となると11トウショウシロッコ、12オンリーワンクロスといった外枠の差し馬が有利だろうが、更に捻って前走オープン3着の14ロングアライブ、重賞勝ちもある15カゼニフカレテの大駆けに期待。14、15の複。ワイド11-12、11-14、11-15。5倍以上つくなら11、12の単も。

小倉10R 西部日刊S杯
小倉の芝コースは内が荒れてきて終い外回してくる馬が多くなった印象。となると前に行って終い自分でコース選択が出来そうな11◎テイエムポイントが主役か。相手はその外を回して粘れそうな5カリブソパンチと逆に内に切れ込んでも大丈夫そうな8スーパーワシントン。枠連5-8、7-8。

札幌9R 札幌日刊S杯
TV局などは札幌は「賞」で統一しているようだが、この社はこちらも「杯」。しかし、小倉と比べるとなるほどと思わせる。札幌千五は内枠有利。ということで、昇級のここも能力で押し切ってしまいそうな3◎スズカフェニックスに期待。相手も5○プリモスターで良いでしょう。馬連3-5。

ブログランキング にも参加しています。

| | Comments (2) | TrackBack (4)

August 10, 2006

靖国問題・新たな展開は

小泉総理が、改めて終戦の日の靖国参拝を示唆したことで、新たな展開が予想されている。
仮に総理が八月十五日に参拝しても、遺憾の意の表明はあるにしても、もはや中韓の反発はさほどではないだろう。
なぜなら、小泉総理はすでにレイムダックであるというエクスキューズが使えるからだ。
両国は早くも安部官房長官への牽制を開始している。
総裁選の帰趨もほぼついた印象であるので、これからは純粋に中韓両国との関係改善に向けた建設的な議論をする時期だろう。

そういう意味で靖国は外交カードにならなくなったと言えるのかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ディープ輸送に八百万円

凱旋門賞に挑戦するディープインパクトのパリまでの輸送費が専用コンテナに厳重な温度管理なとしめて八百万円かかったそうである。
ファーストクラスだって百万くらいだそうだから如何に貴重かわかる。
内外ゴタゴタ続きの日本航空としても威信をかけての輸送だったのだろう。

主戦の武騎手が今フランスで乗っているのも現地の勘をつかんでおきたい面もあるんだろう。
あとは現地の水に早くなれて、本番での健闘を期待したい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 08, 2006

カルト宗教のスケベ教祖

韓国のカルト宗教の教祖なる人物が信者の女性に対しワイセツな行為をしたことが問題となっている。
報道によると極めて巧みな方法で女性を集め、徐々に洗脳していくらしい。
この手の宗教は世界各地にあるんだろうが、韓国というだけで、「又か」という感覚に陥ってしまうのが怖い。

教祖なる人物は韓国の警察からも国際手配され、一説によると中国に潜伏しているそうだが、某インターネット巨大掲示板的表現で言えば『早よ出てこい!ゴルァ!』というこてになるのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

田中長野県政の終焉

長野県知事選挙において、現職の田中知事が村井元防災大臣に破れ、県庁を去ることとなった。
田中知事のややもすると強引な手法が県民の目には、「改革」でなく「混乱」と映ったのだろう。
ただ、旧来の長野県政というものが田中知事を必要とするほどひどかったのも事実だったのではないだろうか。
新知事は郵政民営化に反対し、党公認をもらえず国会を引退した筋金入りの「抵抗勢力」である。
混乱を収拾することは必要かもしれないが、かと言って時計の針を元にもどしてはならない。
官僚出身らしい手堅さが期待されよう。
今回自民党が事実上村井氏を支援したことで郵政民営化反対組の「恩赦」がささやかれているようだ。
確かにあの郵政解散の時に村井氏と同様国政を断念し、地方選に出た候補は対立候補をぶつけられて一敗地にまみれている。
今回の結果は国政にも波乱因子となりそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 06, 2006

意外と混戦?関屋記念

オシムジャパンが代表戦に13人しか選ばず話題になったが、その後5人追加招集し18人となった。クラブ選手権などが行われているのでなかなか難しい面があるんだろう。
ところで、ここで競馬トリビアを一つ。タケホープが勝ったダービーの時の最下位馬のジョッキーはだれでしょう?

新潟11R 第41回関屋記念
新潟はぼちぼち外差しが決まってきた。といっても前に行く馬が行ききってしまう状況もあり、差し届かずという展開も有り得そう。またまたコメント等を拾ってきたので、1頭ずつみていくこととしよう。
1 ケイアイガード:南関でナイターをやっているのは大井と川崎だが、大井は日曜はやることが多いのに対し、川崎は土日ともに休みが多い。そういう意味で内田博を確保できたのは大きいが、他に強調材料がないのが・・・。(切)
2 ワディラム:「抜け出してソラを使うところがあるので、わざと馬込みに入れ、そこでやる気が出るみたい」ということだが、それが出来るのが高田ということじゃないのか。この乗り替わりは吉と出ないとみた。(切)
3 テレグノシス:「このメンバーならもう少し自分から動いても…」ということのようだが、外に持ち出して終いを活かすには絶好の舞台とみた。(◎)
4 ウインディグニティ:準オープンでも苦戦してるようなじゃぁ。(切)
5 オーゴンサンデー:「直線勝負」とのことだが、そこまでの斬れがあるか。(切)
6 ロードフラッグ:9歳馬に大きな期待をかけるのは酷か。(切)
7 サイドワインダー:昨年の覇者であり、「8歳馬ですが、使っている回数が少ないからまだ若い」ということのようだ。トニービン産駒だから長く良い脚を使えるんだろうが、切れではテレグノシスに勝てないだろう。(▲)
8 ローエングリン:密かに期待しているのがこの馬。前々に行けば残ることもあるかも。(○)
9 エムエスワールド:「良馬場で速い時計の決着を経験させたい」ということで、ここは修行の場か。(切)
10 ナイキゲルマン:大井で頭打ちになり中央にやってきたようだが、いきなり重賞は辛いだろう。これ使って障害入りか?(切)
11 ダイワバンディット:Bハーバー産駒だから一本調子なんだろうが、2走前のような走りをすれば前残りはあるかも。(×)
12 アルビレオ:マイル5勝してるが「追い切りの反応が今ひとつ」と陣営の気勢は上がっていないようだ。(切)
13 カンファーベスト:アンバーシャダイ×シンザンという渋い血統。カブトヤマ記念が無くなったのは痛い。(切)
14 フジサイレンス:「ここ目標」ということで、4走前のようなことがあるかもしれないが、このところの戦績では強調材料に乏しい。(切)
15 ヤマタケゴールデン:「芝は新馬勝ちしている」ということだが、やはりダート馬だろう。(切)
16 ペールギュント:手術明け3走め。「ノドは完璧に治ったわけでないが、以前よりはいい」とのことで、昨年のDメジャーの例はあるが、『治ったわけでない』というのは切り材料か。(切)
17 ヤマニンアラバスタ:「ゆったりと流れて終い勝負になるのは合っている」とのことだが、斬れがどうか。やはり狙いは新潟記念だろう。前日2番人気のようで、キルトクール指名。(キ)
18 ニューベリー:前に行ければチャンスはあるかも。でも4着くらいか。(切)
枠連2-4、4-4。三連複3-7-8、3-7-11。ワイド3-8、7-8。
キルトクールはヤマニンアラバスタ。

競馬トリビアの答:池江泰郎騎手。
ブログランキング にも参加しています。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

インパーフェクトで良いのでは・函館2歳S

ふとTVを見ていたら、ある温泉町の老舗旅館の女将として受け継ぐ女性のドキュメントをやっていた。その旅館をベースとして町全体の振興を考えるという試みをやっているそうだ。是非頑張ってもらいたい。ただ気になったのは、何もしないで足だけ引っ張ろうとする地元の衆がいるらしいということだ。そんな奴らがいるから地方が衰退するんだろう。

函館9R 第38回 函館2歳S
「パーフェクトにイッテン勝負」と洒落ようと思ったら、エイシンイッテンが出走取消かぁ。気を取り直して、1頭ずつみてみることとしたい。
1 ジャングルテクノ:「走りがゆったりして絶対引っ掛からないし、競馬がうまいから大崩れしない」とのことだが、牝馬に負けてるようじゃなぁ。いずれにせよもう少し距離延びてからでしょう。(切)
2 ガールズポップ:参考ビデオを見ていて痺れたのがこの馬。ダート戦ではあるものの、アンカツが後ろを見ながら持ったまんまで楽勝。芝では甘いかもしれないが、あの力があればここでも通用するかも。(○)
3 モデスティー:ちょっと苦しいか。(切)
4 ゼットカーク:これもビデオを見たところなかなか強い勝ち方だった。ただ、陣営が「スピードがあるので最終週の芝がどうか」と言っているのが気になる。(△)
5 インパーフェクト:オーナーの岡田氏が「能力が分かったら英国ダービーに連れて行きます」と言うには笑った。とりあえず、朝日杯の権利を取っておきたいところだろう。父の後継馬としての期待も高い。(◎)
6 エーシンダームスン:エイシンさん(これはジュニアの持ち馬のようだが)だから、2歳戦はかなり期待できるとは思うが、ちと人気しすぎで敢えて切り。(切)
7 マイネシャンゼリゼ:ダートの千八くらいで活躍しそうな印象。ここではスピード不足では。(切)
8 マイネペローラ:マリーG賞で勝負にならないようじゃなぁ。馬券になったら前走は鞍上の腰痛のせいか。(切)
9 シャルロットノアル:陣営が「来年の桜花賞を意識している馬」ということのようだ。(切)
10 エイシンイッテン:出走取消にガクッ。
11 ローレルゲレイロ:鞍上が「心配があれば馬よりオレだけどな」と言っているようだが、インパーフェクトとの勝負付けは済んだ印象で。(切)
12 マイニングゴールド:千二1分10秒6というのは出走馬中一番。こういう馬は一応押さえておくのが定石。(▲)
13 コンゴウダイオー:「実戦でフワフワする面がある」と言うが、それよりも追って伸びないというか、終いタレるようじゃなぁ。そこそこ人気しそうなので、キルトクール候補に。(キ)
14 ニシノチャーミー:鞍上が、「前走の時より断然いい。文句なしだね」と言っているが、その前走もビデオでみる限り揉まれ強そうな印象を受けた。多頭数のレースでは意外に強味をみせるかも。(×)
15 ウインクルウィナー:速い脚に欠ける印象で。(切)
16 シャルトリューズ:新潟組は苦戦しているようで。(切)
枠連1-3,2-3、3-6、1-6。ワイド2-5、5-12、2-12。14の複勝。
キルトクールはコンゴウダイオー。

ブログランキング にも参加しています。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

August 05, 2006

フェニックス賞ほか2歳戦

小倉11R フェニックス賞
2歳オープンは新馬戦で好時計で勝ちあがった馬から狙うのが定石だろう。その意味で千二持ち時計一番の13シャルマンレーヌ、馬場を考えればマズマズだった9シルバーストーン、育成価の高そうな6エーシンオームズの3頭が中心ということになる。さらに、公営から1秒以上ちぎっている1スターオブアモーレ、4シゲルイメエラの2頭にも注目。
枠連5-6、5-8、6-8。複勝1、4。

小倉1R 2歳未勝利
前走「追い切り不足」も結果マズマズの8ナンゴクプラネット。相手は段々良くなっている3ナムラコネリー。

小倉4R 新馬
芝では少し甘いかもしれないが、Fデピュティ産駒の3ソルヴィエントで。相手はオジサンオジサンの下12マヤノラヴィーナ。

新潟1R 2歳未勝利
前走2着の5キングデオキシスに期待。相手は2戦目ダート替わりで一変の6リッシンボスとこちらも2戦目で一変ありそうな14グッドヘラクレス。枠連4-4、4-8。

新潟2R 2歳未勝利
2走目で変わってきそうな16ハートオンスマイルが外枠利して。相手は増沢で2回使って今回カッチーに乗り替わって勝負気配の14ユキノマーベラス。枠連7-8。

新潟6R 新馬
逃げる3オウシュウヒカリを外からマクった9エイシンイッキが差しきってゴールという展開が目に浮かびそうなレース。馬単9→3。

函館1R 2歳未勝利
前走躓いても2着にきた7ブラックパレット中心か。相手は同レースで3、4着だった6スマートフォルムと1ルチェーレ。

函館2R 2歳未勝利
ここは8マンハッタンスカイの巻き返しに期待。相手ははやり千八の方が良さそうな10キンショージェット、延長向きそうな7ケイアイハイタイドで。枠連5-6、6-7。

ブログランキング にも参加しています。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

August 04, 2006

亀田会見で見せた彼の冷静さ

亀田がタイトル獲得から一夜明けて記者会見を行った。その中ではっきりしたのは、ジャッジの判断を極めて冷静に分析していたことがわかったということである。
開始早々からダウンを奪われるなど終始劣勢という印象の試合であったが、ダウンしてもそのラウンドの採点は10-8であり、他に2ラウンド取れば追いついてしまう。とりわけ最近の試合はラウンドごとに優劣を決めるラウンドシステムが多いので、僅差であってもダウン並みのパンチ力があるという訳だ。
要は彼は「試合に負けて、勝負に勝った」ということではないだろうか。
彼はそういう意味で極めて冷静なボクサーなのだ。

余談だが、小生が馬連でなく、枠連を買うのも、しばしば同枠が絡むからである・・。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

プール水死事件・見直すべきは何か

市営の流れるプールで女児が死亡した事件はいろいろ報道されているが、こうした公的施設の管理全般に関して見直しが必要なのは、管理委託をした場合のその妥当性のチェックではないだろうか。
契約に反して管理会社が別会社に丸投げしたことが問題視されているが、そのような契約違反を見逃した体制にも問題があるのではないか。
規制緩和に伴って、規制部門は不要になるものの公正監視部門は増強が必要になるのと同様に、管理を委託することにより、管理部門は不要になるが、その適正さをチェックする部門は必要なのである。
今回の事件を他山の石として、委託に伴う体制の見直しを検討する必要があるのではないだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 02, 2006

西郷さんは何故着物か?

上野公園にある西郷隆盛の銅像は着物姿である。
その理由として、病気説というのがあるそうだ。
西郷さんは、流島の刑に処せられたことがあり、そこでフィラリア症という病気になったらしい。
この病気は、チ○コが脚のように腫れあがってしまうのが特徴であり、当然洋服は着られない。
たまたま西郷さんのチ○コを見てしまった明治天皇が「朕は汝の珍を見た」と仰せになったという。(出来すぎてるんで作り話だろうが)

今は我が国でこの病気で苦しんでいる人はいないそうだが、世界的にはまだ患者がいるらしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

函館二歳S・インパーフェクト軸だろうが

いよいよ二歳の重賞、函館二歳ステークスである。
この時期は現時点での完成度がものを言うので道営のインパーフェクトが主役だろう。
相手も育成価の高いエイシン軍団になろう。
予想はそれで良いのだが心配なのはインパーフェクトの今後である。中央にいれば難無く出走できるG1レースをわざわざステップを使わないと出走できないリスクを敢えて冒すのは如何なものか。
岡田氏の狙いは中央にも外厩制を導入したいということなんだろうが、むしろ外厩で育った馬を中央に移籍させて走らせた方が中央のファンの支持を受けやすいんじゃないだろうか。
今のままでは反発の声も大きいような気がする。

にほんブログ村 トラックバックテーマ 函館2歳Sへ
函館2歳S

| | Comments (0) | TrackBack (2)

August 01, 2006

「有名税」導入は如何か

「長者番付」と言われた高額納税者の公示制度が廃止された。

それに代わるといっちゃなんだが、優良な個人、法人に対する付加価値税(有名税)というのはどうだろうか?

一定の基準を満たした個人や法人から超過課税をし、その対象を公示する。国などの調達は公示者に限定する。
そうすると、悪どく稼いでる企業は公示されないから、信用度がさがるのでなんとか上げようと努力するだろうし、公示対象者は、一種の政府保証がつくので納税意欲も増すのではないだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最強チャンプになれるか?亀田

亀田がいよいよ世界タイトル挑戦だ。
ハンバーガーをかじったり、相手を挑発したりと相変わらずのパフォーマンスでこれについて、あれこれ苦言を呈する識者もいるようである。
だが、プロ選手なんだからそれで良いと思う。プロ選手に観客が求めているのは、「興奮」と「熱狂」であり、決して「尊敬」ではない。
無論、プロとして食っていけなくなった時のことを考える必要はあるかもしれない(おそらくこの三兄弟は、その辺は緻密に計算されているような気はするが)。

いずれにせよ、勝つか負けるかで世間の見方は大いに変わることは間違いない。
健闘を祈りたい。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

« July 2006 | Main | September 2006 »