« マカオ・タイパ戦記(3)-マカオカップ | Main | 冥王星とコリン星(2) »

August 25, 2006

冥王星とコリン星

国際天文学連合が、結果的に冥王星を惑星の定義から除外し、新たに矮惑星と位置づけることとしたらしい。結論に至るには紆余曲折があったようだが、まずは同連合がパーキンソニズム的解決をしなかったことに敬意を表したい。
そもそもこうした議論が起きた背景には冥王星が思ったより小さかったことがあるようだ。冥王星は、海王星の公転周期が乱れることから、その存在が推定され、発見に至ったと昔習ったような気がする。
いわば理論主導の発見過程を経た天体である。
今回、惑星の定義から除外されたからと言って冥王星がなくなるわけではないし、発見者の功績に傷がつくわけでもない。
この議論がきっかけとなって、天文学への関心が高まってくることを期待したい。

|

« マカオ・タイパ戦記(3)-マカオカップ | Main | 冥王星とコリン星(2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/11596889

Listed below are links to weblogs that reference 冥王星とコリン星:

» 冥王星「代表落ち」 [Re:F's blogroom]
 真っ先に、頭に過ぎった台詞みたいなもの。  「(外すのは)プルート。冥王星。」  何だか、W杯フランス大会を前に代表から外されたカズを見てるような心境・・・ 太陽系惑星:冥王星を除外 賛成多数で最終案採択... [Read More]

Tracked on August 25, 2006 at 07:55 PM

« マカオ・タイパ戦記(3)-マカオカップ | Main | 冥王星とコリン星(2) »