« 牝馬はようわからん・クイーンS | Main | 意外なところで露呈した東京の脆弱性 »

August 13, 2006

戦争責任とは何か

富田メモが公表されて以来、靖国とA級戦犯の問題は新局面を迎えた印象がある。
いずれにせよ。
東條陸相時代に靖国合祀基準が定められ、A級戦犯は非該当となるらしい。

いずれにせよ、彼らは戦争責任を負って処刑されたわけであり、何等かの区別が必要ではないだろうか。

極東軍事裁判にはいろいろな意見はあろうが、少なくともその結果をわが国は受け入れた訳であり、また、そこで被告となるということは軍人になるなと厳しく通達していた「隷属」と同じではないだろうか。

|

« 牝馬はようわからん・クイーンS | Main | 意外なところで露呈した東京の脆弱性 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/11411830

Listed below are links to weblogs that reference 戦争責任とは何か:

« 牝馬はようわからん・クイーンS | Main | 意外なところで露呈した東京の脆弱性 »