« September 2006 | Main | November 2006 »

October 31, 2006

いじめ生徒は処分せよ

いじめ問題は全国的な広がりを見せている。勿論いじめは今に始まったことではなく、昔からあった訳だが、既にこの問題を教育的に解決する能力を学校は失ったのではないかと思う。
では対策はどうするかというと、原因者を学校から排除することである。
いじめを行った生徒については、どんどん処分して、排除していくしか方法はないだろう。そうなるといじめを行うこと自体「不名誉」ということになり、徐々に納まっていくのではないだろうか。
いじめを教員が行ったということもあるようだが、こうした教員も「信用失墜行為」で処分できるだろう。
その際、その後自分の行為を深く反省し更生した者については、きちんと元に戻す道も残しておく。これが「再チャレンジ」ということではないだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 29, 2006

混戦模様 天皇賞(秋)

全国の高校での履修単位不足問題が明らかになっているが、別に今に始まった話ではないらしい。しかし、教育分野では、管理教育を徹底させようという「管理派」と現場の裁量に任せようという「現場派」があるらしく、今回は前者のリークのようなんだが、自民党筋から、当事者の高校生に迷惑が及ぶのは困るとして、「指導要領を墨守するのは如何なものか」という意見が出始めて薮蛇になっているらしい。どっちの派も同じ穴の狢である種抵抗勢力ではあるようだが・・・

東京11R 第134回天皇賞(秋)
今年は「悠仁親王殿下御誕生慶祝競走」という形で行われる。「混戦」の名にふさわしく、人気もかなり割れているようだ。展開に左右されることが予想されるが、ヌボっとした周回で終い勝負ということではなく、比較的速いペースで淀みのない流れになるというちょっと意外性のある展開を考えてみた。また、「速い馬が勝つ」、「外枠不利」という府中二千の特性も踏まえながら、1頭ずつみていくこととしよう。
1 アサクサデンエン:内枠の藤田だからそこそこやるかもしれないが、前走負けすぎ。(切)
2 カンパニー:「輸送で馬体重の変動がなければいい」ちゅうけど安田は惨敗。前走は何とか掲示板。変動なくとも変わらん印象があるが・・・(切)
3 サクラメガワンダー:「脚をタメた方がいい競馬をする」ということだが、阪神・中山向きという印象で。(切)
4 ダンスインザムード:「今回は人気になるだろうし、きっとその期待に応えてくれるでしょう」ってこの厩舎が強気の時は案外のことが多いので。(切)
5 ローエングリン:最近しぶとい競馬をしている印象。「長くいい脚を使えるので東京は合う」ということだし、ワーグナーの歌劇の騎士の名前というから、騎士といえば剣。一応チェック対象に。(×)
6 トリリオンカット:前走で重賞制覇。その時の時計が出走メンバー中二千では最も時計が良い。前に行くタイプで展開も向きそうだし、「速い馬が勝つ」という原則から考えて、本命に。馬名はダイヤのカット法らしい。ダイヤと言えば宝石=勾玉か。(◎)
7 スイープトウショウ:「使いつつ良くなるタイプ」ということだし、前走は強い競馬をしたが、終い勝負という展開が合ったとも言える。今回は少し前が速くなりそうでしかもバルクがいるから淀みのないペースになるのではとみて、キルトクール指名。(キ)
8 コスモバルク:「3、4番手のいい位置で折り合って、最後は勝負根性、精神力を生かしたい」というにはおあつらえ向きの舞台になりそう。掛かって行っちゃったとしても二千ならなんとか粘れるだろう。ここは注目したい。(○)
9 インティライミ:成長力ひと息の印象で。(切)
10 スウィフトカレント:「2000mなら兄以上の適性がある」ちゅうことだが、決め手勝負になったらスイープには勝てないだろう。(切)
11 ファストタテヤマ:前走は嵌ったが、長い距離を終い活かす競馬の方がいいんだろう。二千では短いか。(切)
12 ハットトリック:そろそろ潮時かも。(切)
13 オースミグラスワン:「調整はうまくいったし絶好調」ということだし、今回思い切って前々に行けば面白いかもしれない。グラス=鏡というのも。(△)
14 ダイワメジャー:ヌボっとした展開なら前走のようになりそうだが、良い脚を長く使えるというタイプではなさそう。(切)
15 アドマイヤムーン:「前につけても競馬はできる馬」ということだが、鞍上のチグハグさがまだ残っているようなのは不安材料。(切)
16 グレイトジャーニー:「レースの番人」という特性をここでも発揮してくれるだろう。(切)
17 ローゼンクロイツ:「この相手だとちょっと足りない」と陣営が言うようにGⅠでは足りない一族だけに・・・。(切)

結局のところ剣、勾玉、鏡といった三種の神器のサイン馬券か・・・
6の単複、枠連3-4、3-7、4-7。ワイド5-8、6-8、8-13。
キルトクールはスイープトウショウ。

| | Comments (3) | TrackBack (10)

October 28, 2006

ちぎるのか 武蔵野Sほか

郵政造反組の自民党復党問題が俎上に登っているが、そもそも自民党が長期政権を維持しているというのはこうしたええ加減さがあることが本質だから、まあ止むを得ないところだろう。そもそも小泉チルドレンなんて使い捨てのような存在なんだろうし・・・・

東京11R 第11回武蔵野S
父親と同じようにぶっちぎることが期待されている7フサイチリシャール。その期待ゆえにかなりの人気を集めるだろう。初ダートというリスクがあるにもかかわらず、相当人気するというようなタイプの馬は斬って捨てるのが当ブログの方針。迷わずキルトクール指名。勿論ちぎって勝つかもしれないし、その時はJCダートの予想に反映させるだけ。
本命は10◎サイレントディール。ムラ馬だが、今年は帝王賞3着もあり、このレース自体も以前勝っている。相手は鞍上にアンカツを起用した1○サカラート。更に、「馬券域に入る術」を良く知っている横ノリ騎乗の8▲ヒカルウィッシュ。3歳馬だったら、このコースに実績(ユニコーンS2着)のある4△ヤマタケゴールデンの方が計算できるだろう。
枠連1-5、2-5、4-5、1-4。
キルトクールはフサイチリシャール。

京都11R 第49回スワンS
こちらも混戦模様。本命は5◎オレハマッテルゼ。「今回は上積みが十分に感じられるデキ」ということだし、7Fが向いている印象。叩き2戦目で上昇も。相手はここのところ好調な13○ネイティヴハート。更に、スプリンターズS2着の▲14メイショウボーラー。ゲート再審査も無事合格したようだが、「今回は先入れになるので、あまり待たされるとスタートが少し心配」というのが減点材料か。
5の単、枠連3-7、7-7。三連複5-13-14。
キルトクールはタガノバスティーユ。スプリンターズS3着だが、速い脚に欠ける印象で。

| | Comments (1) | TrackBack (6)

October 26, 2006

バランスオブゲーム故障

バランスオブゲーム故障かぁ。
競走能力喪失とは結構重症のようだ。
最近馬場入りを嫌がっていた理由の一つかもしれないなぁ。

同じような病状なので他人事ではなく・・・・
(こっちは、予想能力喪失かもしれんが・・・)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 24, 2006

三冠は難しい 菊花賞回顧

昨日、朝バスに乗ったとたん「緊急事態発生!乗務員はお客様を一旦下ろし、至急車内点検を行ってください」という無線が入り、一旦降ろされて、運転手が車内と点検していた。爆弾騒ぎでもあったのだろうか?

菊花賞は5キ・アドマイヤメインが一人旅という展開になって、レコード決着となった。自身も3着に粘っているのだから、やはりマイペースで逃げられたんだろう。だいたい、前に行く宣言をしていた馬が結構いたのに、こういう展開になるとはね。やはり、三千を意識してあまり行けなかったんだろうか。
勝った18ソングオブウインドは、「前走しぶとく粘っていた」という点をもっと評価すべきであったか。エルコンもラストクロップで良い後継が出たということになるだろうか。
2着の13 ○ドリームパスポートは、「4年連続濃厚とみた」という予想は的中したんだが、それだけじゃなぁ。
4着の12◎ メイショウサムソンはそれなりに力を示したということなのかもしれないが、終いの追い出しで隣を見てるようじゃなぁ。結局一度もメインを交わせず終わってしまった。三冠馬になっても種付け料をそう高く設定できないだろうから、この方が良かったんかなぁ。
7▲マルカシェンクは距離適性を問題にしていたようだが、どうかなぁ。展開が向かなかったということではないだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

October 22, 2006

議論すべきは「非核三原則」でなく「核攻撃防止策」

自民党の中川政調会長が、「非核三原則について議論すべき」と発言して物議を醸しているが、そもそも、そうした発言が生じる原因となったのは北朝鮮の核実験であり、これに伴う日本周辺の緊張状態の激化が「周辺事態」に該当するのかどうかということの一環としてそのようなことが出てきたんだろう。
しかし、本当に必要なのはわが国が核攻撃を受ける可能性が高まってきており、それをどのように防ぐかということではないだろうか。
最善の策として現在選択しているのは、国連の場で核実験を非難するとともに、周辺諸国が一体となって北朝鮮の核武装を放棄させるような努力をするということであり、「非核三原則」とはなんら関係ない。
百歩譲って「非核三原則」について議論するとすれば、憲法にこの原則を組み入れるかどうかという議論ではないだろうか。このような憲法改正であれば、反対者はほとんどいないのではないだろうか。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

肉を切らせて骨を断つ 菊花賞 

福岡のいじめ自殺問題は、「生まれ変わったらディープインパクトの子供になりたい」という件も話題になったが、元担任教諭がかなり叩かれている。この教諭の言動もしょうもないことは事実のようだが、遺書には「奴ら」とあったので、直接的な原因は級友によるいじめだろう。それにしても、文部科学省の統計による児童の自殺も「いじめ」原因はゼロとのことで、文部科学省自体は嘘をついている訳ではないが、この状況は地方からの報告が全くなかった(事実は地方が報告していなかったのだが)ことをもって「我が国にサーズはない」と言いきった某国幹部と状況はそっくりだ。やはり、教育行政の分野は大胆な改革が必要なんだろう。

京都11R 第67回菊花賞
ここの最大の見所はサムソンが三冠達成できるかということだが、以前から、「なんとなくテイエムオペラオーを彷彿させる馬になるかも」と言っていたサムソンだが、ダービーも勝ってしまったのはちと予想外ではあった。そういうことも含め全頭みてみることにしよう。
1 トーホウアラン:休み明けがどうかだが、京都2勝というのは無視できない。鞍上も内枠なら安心できるし。(△)
2 ミストラルクルーズ:「いい意味でのズブさがあるので距離は大丈夫」ということだが、このメンバーだと斬れ不足ということになってしまうだろう。(切)
3 シルククルセイダー:ダート馬でしょう。(切)
4 タガノマーシャル:北海道で古馬に揉まれてきたのはプラス要素。コマンチ産駒だし、むしろ長い方が良いのでは。(×)
5 アドマイヤメイン:「石橋さんには追い出しをゆっくりして欲しいですね」って他力本願か。鞍上のショックが癒えていない印象で。キルトクール候補に。(キ)
6 ネヴァブション:「母の父、祖母の父とも凱旋門賞馬、曾祖母は凱旋門賞2着の名牝」ということなんで、万葉Sでは期待できるか。(切)
7 マルカシェンク:絶対ダービー馬になると思ってたんだけどなぁ。叩いて上昇しそうだけど、前走好騎乗の会長先生でなく、福永に戻したのは「空気読めよ」ってことなんだろう。馬券の対象にはなるが相手か。(▲)
8 マンノレーシング:これもダート馬だろうが、父譲りの成長力を見せてくれれば波乱の目には。(×)
9 インテレット:「平均して長くいい脚が使える」というのは魅力だが、成長力がひと息のようで。(切)
10 フサイチジャンク:「デルタとはタイプがで違うが、潜在能力の高さという点では同じ」と鞍上は評価しているが、後ろから届く展開にはならないだろう。(切)
11 トーセンシャナオー:セントライト記念のレベルは低いと衆目一致しているようだが、更に評価が低かった紫苑S組が秋華賞で善戦した訳だし、1着馬くらいはソコソコ評価しておくべきでは。(×)
12 メイショウサムソン:何も言うまい。2年連続のトリプルクラウンの誕生を足をさすりながら見てみたい。しかし三冠ジョッキーになるかもしれないのに、土曜は2鞍、日曜もこの前に3鞍しか騎乗しないんか。斜行とかして「三冠に汚点を残した」と理事長にコメントされなきゃ良いが。(◎)
13 ドリームパスポート:完全にこの馬を手に入れている主戦の高田を降ろして、3年連続2着というシルバーホルダーのノリを使うところなんぞは、関西サークルの深層心理がわかるちゅうもんやなぁ。4年連続濃厚とみた。(○)
14 アペリティフ:陣営のコメントも「けっこうズブい馬」とか「切れる脚がない」ということだし、なにせ代表的なアペリティフは「キール」だから。(切)
15 アクシオン:これも北海道で揉まれた組だが、鞍上がGⅠと縁が薄いので。(切)
16 トウショウシロッコ:GⅠでは足りないが、GⅢあたりだと善戦というパターンの馬では。(切)
17 パッシングマーク:成長力がひと息という印象で。(切)
18 ソングオブウインド:「前走は1、2着馬にかわされてからもしぶとく粘っていた」ということなので、アンドロメダSでは期待したい。(切)

枠連1-6、4-6、6-7。三連複7-12-13。三連単12→13→7、12→7→13。ワイド1-12、4-12、8-12、11-12。
キルトクールはアドマイヤメイン。

| | Comments (0) | TrackBack (10)

October 21, 2006

肉離れ再発-予想はよそう

電車に乗ろうとして、あせって思わず走ってしまったため、肉離れが再発してしまった。
歩けないことはないが、大事をとって本日は休養することに。
皆さんも体にはお気をつけください。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ディープインパクト薬物疑惑:JRAの説明は「不十分」

凱旋門賞でディープインパクトが禁止薬物を使用したとされる問題は、JRAの記者会見の内容が報道される限りにおいて疑問の残るものだった。
しきりに「コメントできる立場にない」ということを繰り返したようだが、フランスギャロの決定に口を挟む余地はないということを名言すれば良い訳で、むしろ「事実関係を照会している」のか否かをきちんと説明すべきだったろう。また、フランスギャロが調教師などに何らかの処分を科した場合、JRAとしては「コメントできる立場にない」のだろうか? 何らかの処分を行うのではないだろうか? 
さらに、「調教師、馬主の責任」を再三強調していたようだが、じゃあ何故日本でGⅠが行われている日にもかかわらず、理事長自らロンシャンに乗り込んだのか? JRAだって相当浮かれていた筈である。
松岡農相が「JRAは原因を解明し、二度と起こさないよう徹底ほしい。」とした上で薬物の使用基準の国際的な統一化についてもJRAに検討を求めたそうだが、この判断は正鵠を得ていると思う。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

October 18, 2006

応援馬券3種

Ohen2
応援馬券導入記念投票券。
3ヶ所のウインズで買ってみたが、みなデザインが違っていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 15, 2006

カワカミ強かったなぁ。秋華賞回顧

12◎カワカミプリンセスは久々も関係ない強さだった。エ女王杯でもかなりの所に行くのでは。来年は牡馬と対決させたいとのことだが、むしろ外国遠征した方が面白いのでは。16アサヒライジングは、「掲示板はあるだろう」とは思ったが、会長先生が予想以上に上手く乗った印象。相手が強かっただけだろう。来週もMシェンクで上洛すれば怖いかもしれない。5フサイチパンドラは、「強い馬」ということは証明したということだろう。来年のヴィクトリアマイルはこの馬かもしれない。
キルトクール指名した9アドマイヤキッスは「トライアルホース」なんだろう。4○シェルズレイは掲示板は確保したが、後ろに脚を使わせる競馬ができなかったのが敗因か。1▲キストゥヘヴン、13★サンドリオンが6、7着かぁ。

| | Comments (1) | TrackBack (5)

日曜競馬 府中牝馬Sほか

東京11R 第54回府中牝馬S
東のメインは古馬牝馬重賞。こちらもエ女王杯に向けた一戦。4◎ヤマニンシュクルに期待したい。「東京では結果が出ていないんだが、脚質的に合っていると思う」ということだし、脚元の関係から一戦勝負ということにも好感。相手は、前走牡馬相手に好走した5○レクレドールと8▲ディアデラノビア。
枠連2-3、2-4、3-4。
キルトクールは16サンレイジャスパー。ハンデ戦向きで別定戦は厳しいか。

応援馬券
東京1R 7クインズプライド
東京8R 11シベリアンヒート
東京9R 9ソリッドスライダー
東京10R 3ドリームパートナー
京都9R 10チリエージェ
京都10R 15マルカジーク
京都12R 6エイシンイーデン

| | Comments (0) | TrackBack (1)

October 14, 2006

Snake on a Planeを捜せ 秋華賞

秋のTVドラマ、映画、CMといったところにしょっちゅう出てくるのが、長澤まさみ、蒼井優、堀北真希といった面々。ちと出すぎではないか。直ぐに飽きられなきゃ良いが・・・。

京都11R 第11回秋華賞
今全米では、大作を押しのけてSnake on a PlaneというB級映画が配給1位になっているそうである。GⅠでもそうした状況を期待・・・というスケベ根性を前提に1頭ずつみていくこととしよう。
1 キストゥヘヴン:秋華賞のSS系の成績は、[2-2-0-59]ということのようだ。タイム状況はおそらく山城守さんのブログで言及されるだろうが、要は、SS系向きのヨーイドンの上がり勝負でなく、途中で脚を使う淀みのない流れになってしまうのがこの成績ということではないだろうか。SS系の売りである瞬発力が仮に伴性遺伝子の寄与が大きいとなると、牝馬においてはSSの母系の血を受けるということだけに更に苦しいということになる。しかし、この馬に関して言えば、Aベガ産駒故に、父系からの伴性遺伝子は長く良い脚を使えるトニービン産駒であるベガの血を引いているということになる。そうすると、SS系の中では淀みのない流れにも比較的耐えうると言えるのではないだろうか。牡馬相手に入着していることもあり、馬券的には外せないだろう。(▲)
2 ソリッドプラチナム:マーメイドSで古馬を破っているのは魅力だが、「外枠を希望していたが…。アカンですわ…」と白旗をあげているようでは。(切)
3 タッチザピーク:夏を越して成長力が今一歩という印象で。(切)
4 シェルズレイ:クロフネ産駒で終いの斬れが十分ではないので、前々に行って後ろに脚を使わせて、消耗戦に持ち込めるような乗り方が出来れば勝機はあるだろう。(○)
5 フサイチパンドラ:強い馬なんだろうが、安定感に欠ける印象で。(切)
6 ブルーメンブラット:前走はなかなか強い競馬をしたが、ここではどうか?(切)
7 シークレットコード:「一番いい頃に比べて筋肉の付きがまだ物足りないね」ということだし、ダート路線に活路を見出すべきか。(切)
8 ホウショウルビー:「隣に有力馬がいるので見ながら競馬をしたい」って授業参観か。(切)
9 アドマイヤキッス:人気してるし、実力もあるんだろうが、前走は鞍上の計画的騎乗が嵌った感じだし、展開が向かないような気がするので、キルトクール指名に。(キ)
10 ヤマトマリオン:この馬も成長力がどうか。(切)
11 キープユアスマイル:「前走は展開がハマッただけかも…」かぁ。でも終い結構良い脚使っているようだし、複勝くらいは。(×)
12 カワカミプリンセス:「無敗でオークス勝って、今回勝ってこの先もずっと負けたくない」というのが凄い自信だなぁ。使って良くなるというタイプじゃないだろうし、勝つか大敗かどっちかだろう。(◎)
13 サンドリオン:母の父トニービンだから、長く良い脚使えそうな印象。父系はカワカミと同じだしね。単穴も。(★)
14 ブロンコーネ:成長力が未知数で。(切)
15 ニシノフジムスメ:外枠の藤田は買わんことにしとるんで・・・。(切)
16 アサヒライジング:人馬ともに甘いという印象で、掲示板はあるだろうが・・・。(切)
17 トシザサンサン:ここでは家賃が高そう。(切)
18 コイウタ:マイルくらいが合ってるんでは。(切)

13の単複、11の複勝。枠連1-2、1-6、2-6、6-7。
キルトクールはアドマイヤキッス。

| | Comments (0) | TrackBack (8)

クラシック候補はいるか デイリー杯ほか

京都11R 第41回デイリー杯2歳S
メンバーを一瞥するに、現時点で競馬上手っぽいのが、3マルカハンニバル、4オースミダイドウ、5、ローレルゲレイロ、13ケイアイマイスキーあたり。勿論この辺が人気しそうだが、敢えて本命に推したいのが、わがPO馬ロマネに代わって、厩舎の秘密兵器になりそうな2◎オールライトナウ。
2の単複とワイド2-3、2-4、2-5。
キルトクールは13ケイアイマイスキー。陣営が「今回は、掲示板に載れたら」と弱気なので。

東京10R サフラン賞
ここはPO馬7トーセンラピュタに期待。相手は8シャルマンレーヌと12シャルロットノアル。
枠連4-4、4-6。

東京11R 神無月S
自己条件なら、フィクサーならぬ9オフィサーが貫禄をみせるか。相手はダートなら安定している会長先生の14トシザヘネシー。
枠連5-7。

| | Comments (2) | TrackBack (5)

October 13, 2006

祝!ファイターズ優勝

ファイターズが25年ぶりにリーグ優勝を飾った。優勝を決めた試合も息詰まる投手戦で大変見ごたえがあった。
東京から離れてからは応援しなくなってしまったが、元ファイターズクラブメンバーとして心から祝福したい。札幌の地で新しいチームとして地元に力と歓喜を与えたことは特筆に価するだろう。超満員のスタンドがそのことを物語っていたような気がする。次は、昭和37年以来の日本一を目指してほしい。
景気回復が今ひとつといわれる北海道経済も、ファイターズにあやかって是非上向きになってほしいもんだ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 11, 2006

応援馬券 嵌められた気が・・・

Ohen
応援馬券登場記念でターフィーをデザインした限定版が登場した。
思わず記念に買ってしまったが、上手く乗せられた気がするなぁ~。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

October 09, 2006

金正日の「冷静な」賭け

北朝鮮が地下核実験を実施したようだ。以前から「やるやる」と言って居た訳で、別に驚くに価するものではないが、安倍総理の訪中・訪韓に合わせて行うところに意味があるのかもしれない。今回の実験に国際社会は反発を強め、制裁といった問題も出てくるかもしれないが、どうも今回の北の行為は決して無謀なものではなく、むしろ金正日の冷静な判断があったものという気がしてならない。
その理由としてあげられるのは、第一に米国が今まで核保有国に直接攻撃を仕掛けたことがないという点である。「核保有の虞のある国」に対しては容赦ないまでに叩くわけだが、今までのところ核保有国にそうした行為に及んだことはないようだ。
第二に経済制裁がそれほど実効性の高いものにならないだろうという読みだ。今から70年ほど前、アジアのある国に欧米を中心とした各国がかなり厳しい経済制裁を行ったことがある。その国はその結果どうしたかと言うと、無謀な戦争に突入し、破滅の道を歩んだのである。しかも、その端緒はまさかやらないだろうと思われた同じ民族が多く住む所に攻撃を仕掛けたのである。
この経験は米国に行動を慎重にさせる大きな要素になるのではないだろうか。なにしろ、米国はその国にパールハーバーを叩かれたのだから・・・・。この経験から、経済制裁を厳しくした場合の効果が必ずしも有効でないことを身にしみている筈である。
金正日は思いのほか熟慮に富んだ指導者である、今回の核実験は彼にとって無謀ではなかったのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

October 08, 2006

こっちはどうよ。京都大賞典

安倍総理が就任後初の外遊ということで、中韓両国を訪問することとなった。アッキー夫人も早速ファーストレディとしての用務があるらしい。靖国参拝については「行ったか行かぬか言わない」という姿勢、即ち「信教の自由」というプライバシーの概念に落とし込んでしまったことが、既に小泉前首相と異なるスタンスであるため、その点は「評価」されるのではないだろうか。

京都11R 第41回京都大賞典
GⅢっぽい面子。どこが来るかよう分からんのでとりあえず1頭ずつ見てみることにしよう。
1 インティライミ:「見た目は太い気がするし、血統的に距離もいくらか長いかもしれない」ということだし、久々の割りに人気しすぎの印象。キルトクールの餌食か。(キ)
2 アルファフォーレス:芝では全く実績がないし、ちょっと見劣りする印象。(切)
3 ニッシングリン:「重賞では荷が重い」んなら何故出してくんだろう?(切)
4 マイソールサウンド:このところ結果は出ていないが、調教はかなり動いているようだし、叩き3走めで上昇も見込めることから穴で一考したい。(△)
5 ローゼンクロイツ:GⅠでは足りないが、GⅡ以下では良い勝負するのがこの一族の特徴。久々も苦にしないし、馬券にはなるだろう。(○)
6 ストラタジェム:典型的な「相手なり」の馬だろう。京都で勝ち星がないのが気がかりで。(切)
7 トウショウナイト:ティンバーカントリー産駒なのに芝で活躍しているのは妙だが、要はスローの展開なら向くということだろう。そういう展開になる公算も高いのかもしれないが、掲示板の下の方では。(切)
8 ファストタテヤマ:使われ続けているが、それなりに結果を出しており、昨年より順位を上げてくることを期待して。(◎)
9 スイープトウショウ:「休み明けはあまり走らないタイプ」ということだし、ここを叩いてGⅠが本番といったところだろう。(切)
10 キーボランチ:鞍上共々重賞では力不足か。(切)
11 アイポッパー:鞍上が「追って追って追いまくる」競馬をすれば上位もあるか。でも本来使ってからの方が良さそうで。(切)

8の単勝、4の複勝。枠連5-7。ワイド4-5、4-8、5-8。
キルトクールはインティライミ。

| | Comments (0) | TrackBack (5)

「展開要らず」なら何要るの? 毎日王冠

久しぶりに上野の森に行って「芸術の秋」を楽しんだのだが、それにしても展覧会に結構な人が訪れていた。

東京11R 第57回毎日王冠
「府中千八展開要らず」とは大橋巨泉氏の名言だそうだが、じゃ何が必要なんだろうか?そういう点を踏まえて1頭ずつ見ていくこととしよう。
1 サイドワインダー:「府中のトニービン」ということで、長く良い脚が使えるのが魅力だろうが、年齢的に難しいか。(切)
2 ダイワバンディット:ボストンハーバー産駒にしては古馬になっても頑張っていると思うし、内枠を利して自分のペースで先行して脚溜められれば、関屋記念のようなことがあるかも。(×)
3 メジロマントル:色々な面で強調材料に乏しい。(切)
4 カンパニー:「東京の開幕週は、瞬発力を生かすこの馬向き」ということだし、鞍上とも手が合っている印象あり。(△)
5 オースミグラスワン:後ろから行って最後強襲する競馬で一定の成果を上げているようだが、今度は思い切って逃げてみたらどうだろうか。(切)
6 クラフトワーク:「痛めた股関節は完全には落ち着いていない」というのが不安材料。(切)
7 アサクサデンエン:「天皇賞がほしいんです。秋の始動としては満足いく仕上がり」ということで、ここは叩き台。本番に上手く繋がるような競馬を期待したい。(切)
8 ロジック:鞍上も「凱旋門ショック」から立ち直りつつあるようだが、タキオン産駒ということで成長力に不安が。(切)
9 グレイトジャーニー:空き巣の重賞で好走するタイプではないだろうか。このメンバーではちと苦しいのでは。(切)
10 ダンスインザムード:イネスなら本命にしようと思ったが、北村だから対抗か。(○)
11 ハットトリック:今年に入って今ひとつのようで・・・。(切)
12 マルカシェンク:ダービー馬はこの馬と決めていたんで、4着にはがっかりしたが、何とか天皇賞では頑張ってもらいたい。願望をこめて本命に。(◎)
13 ローエングリン:「抑える競馬が本物になってきたみたいだね」ということだが、GⅢで連続4着じゃあなぁ。(切)
14 サクラメガワンダー:今年になってどうも調子が出ていないようで。(切)
15 テレグノシス:今回は鞍上の教育係か。(切)
16 ダイワメジャー:「展開や枠順次第なんじゃないかな。次につながる競馬をしてほしいね」ちゅうことだし、府中よりは中山向きだろう。キルトクール候補か。(キ)

12の単勝。枠連2-5、2-6、5-6。ワイド2-10、4-10、10-12、4-12。2の複勝。
キルトクールはダイワメジャー。

| | Comments (0) | TrackBack (6)

October 07, 2006

応援馬券だ アイルランドTほか

今週から応援馬券が全国発売されるらしい。それにしても、東京は台風のような大風だった。雨はさほどではなかったが、体が飛ばされるような風で、至る所に壊れた傘が捨ててあった。

東京11R アイルランドT
ここは休み明けでも4◎キンシャサノキセキから入ってみたい。南半球生まれだがNHKマイルC3着という実力は評価できる。仕上がり早いフジキセキ(この場合FUJIKISEKIかもしれないが)産駒だし、ひと夏越して成長力もあるだろう。
相手は府中向きそうな16○トーセンテンショウと12▲スプートニク。
枠連2-6、2-8。ワイド4、12、16BOX。

京都11R 大原S
ここはスズカフェニックスをマークできる13◎エーシンニーザンが面白そう。相手はその11○スズカフェニックスとこのところ堅実な割りにあまり人気のなさそうな4▲ダイタクアルビン。
枠連4-7、4-8、7-8。ワイド4、11、13BOX。

応援馬券
東京1R 1キングオブロマネ。
東京2R 15ラインストーム。
東京3R 9キングタキオン。
東京12R 15ジャガーノート(3ヒカルバローロ、4セプターレインへのワイドも)。
京都6R 14リンリンリン。
京都10R 8イーグルドライバー。
京都12R 5マルブツフジ(12インペリアルパワーへのワイドも)。

| | Comments (1)

October 06, 2006

キルトクール王決定戦 ディープ(チープ?)な商品紹介(3)

Gift3
最後は、「初心者のための競艇バイブル」2006年版。競艇広報センターというところが作っているものらしい。これ一冊で競艇が分かるという便利な代物。
これだけではちと寂しいので、保護紙代わりに「TCKカタログ2006」と第132回天皇賞(天覧レース)のレープロ(関東版)を付ける予定。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

October 05, 2006

キルトクール王決定戦 ディープ(チープ?)な商品紹介(2)

次は、4月24日に中山競馬場で行われた2006JRAブリーズアップセールのカタログ(A5版、132頁)である。80頭上場予定だったが、1頭欠場と記載がある。中味は上場馬の5代血統に関する記載と種牡馬に関する紹介記事で、クラブ馬主のカタログに記載されている方法と同じである。当日自分の目でみてほしいということだろうか、各馬の写真は掲載されていない。
即戦力を上場することで定評のあるセールで、今回の上場馬にもエイシンイッテンなど勝ち上がり馬がいる。おそらく関係者しか配布されない代物だと思うので、そういう意味ではかなり貴重なものかもしれない。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

October 04, 2006

キルトクール王決定戦 ディープ(チープ?)な商品紹介(1)

今週はGⅠお休みということで、当ブログが大会に提供するディープ(というよりチープか)な商品を紹介することとしよう。
Gift1
まずは、マカオドッグレースの公式レーシングプログラム($5)。これはマカオ・カニドロームのドッグレース場のレストランに行った時に席に置いてあったものをゲットしたもので、ドッグレースには2日行ったので2つ持っていることから、その一つを提供するもの。
なお、郵送する際は昨年の菊花賞(関東版)のレープロを保護紙代わりに使う予定。と言っても、新馬戦の情報を切り抜いてしまったので、一部落丁あるの(ディープ関連記事は全て残っている筈)はご容赦を。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 02, 2006

86回凱旋門賞ディープが勝つには

池江郎氏が「また挑戦したい」と発言したことから、ディープインパクトが年内引退を撤回して来年また挑むという記事が散見されるようになった。
来年でも5歳だから。力が衰えるということはないだろうが、ちょっと作戦を立てないと勝ちきるのは難しいだろう。
その要素として考えられるのは、
第一にいきなり参戦するよりは、欧州で何回か戦うというエルコンドルパサー方式を取ることが大切だと思う。競馬は習慣のスポーツだけあって、アウェイよりホームの方が有利。
まずはキングジョージあたりから始めるべきだろう。
第二に、最後やはり脚がなかったが、岡部さんがTVで「まだ、まだ」と連呼していたように、ちょっと行くのが早すぎた印象を受けた。今年はどこも使わなかったが、出走可能ならばラビットを使って先に行かせ、自分のペースで脚を溜められるような展開に持ち込むことだろう。
オーナーサイドに適当な馬がいなければ、オールジャパンでコンゴウリキシオーかバランスオブゲームあたりに協力してもらったらどうだろう。
師の「また」はディープのことではなく、また良い馬がいたらという意味だと思うが、今度は思い切って3歳馬の挑戦も検討してほしい。

| | Comments (1) | TrackBack (5)

やはり斤量が 凱旋門賞回顧

▲ディープインパクトは予想通り3着だった。やはり59.5キロ背負って走るのでは「飛ばなかった」と言えるだろう。
勝った◎レイルリンクはやはり前走で同じコースを走っていることと3.5キロのアドバンテージが大きいということだろう。3歳有利のレースということは間違いなさそうだ。
今回の出走馬のうち誰がジャパンカップに来るか判らないが、ホームで相見えれば日本馬有利だろう。
しかし、JRAの理事長御自ら凱旋門賞ご観戦とは恐れ入った。国内最高レースのGⅠの主催者の立場を投げ打ってパリに馳せ参じる大義名分はあったのだろうか?
せいぜい、今回の出走馬が一頭でも多くジャパンカップに出走するよう交渉を進めていただきたいものだ。

| | Comments (1)

October 01, 2006

そうは問屋が 凱旋門賞

昨日の段階で3000人の日本人が詰めかけたというロンシャン。今日はさらに多くのファンが訪れていることだろう。
歴史的にもかなり頭数の少ない8頭立て。今年はペースメーカーもいないようで、ディープ、ディープと騒がしいが、3.5キロの斤量差はやはり3歳馬有利ではないだろうか。
本命は同距離のニエル賞を制した◎レイルリンク。対抗はキングジョージを制した○ハリケーンラン。▲ディープインパクトは三番手か。
キルトクールはシックスティーズアイコン。セントレンジャーを制しているが、4番手評価ということで。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

ダブルGⅠ(?) スプリンターズS

昨夜はある飲み会があり、いい加減飲んだんで「さて、ブログ書くから帰ろう」と言ったら、「どうせほとんどアクセスないんでしょう。もっとつきあいなさいよ。」とお姉さま方から言われてしまい、反論の余地がなかったので、二次会まで付き合い遅くなってしまった。

中山11R 第40回スプリンターズS
どうも、こっちのGⅠよりも凱旋門賞の方に関心が向けられている印象。メンバーも小粒なので、人気の割には各馬の差はないと読んで、大穴狙いしてみたいところ。とりあえず1頭ずつ見ていくことにしよう。
1 ビーナスライン:「時計のかかる馬場や終いを生かす展開になれば、チャンスも出てくる」ということだが、最内からじゃどうか。(切)
2 タガノバスティーユ:陣営が「相手が強い」と言ってるようじゃなぁ。(切)
3 レザーク:「勝つのはウチの馬だと思っている。先行して好位を取りたい」ということだし、起伏のある英国のコースを考えれば終いの坂などどうってことはないだろう。テイクオーバーターゲットに連勝しているし、3走前だって順位ほどは負けていない。ここは本命に。(◎)
4 メイショウボーラー:レザークが前に行くようだと上手くマークして3着くらいあるかもしれない。(×)
5 シーイズトウショウ:平坦向きの上輸送が上手くいかないという中山だと最後止まるでしょう。そこそこ人気してるので、キルトクール馬か。(キ)
6 ゴールデンキャスト:穴馬として狙いたいのはこの馬。根拠はシーイズ除くと千二の持ち時計が一番良いというただそれだけ。しかし、中山の鉄則は「速い馬が勝つ!」(△)
7 オレハマッテルゼ:「馬がレースを知っている」ということだが、鞍上がレースを知らないのが問題か・・・。(切)
8 キーンランドスワン:このところの成績じゃあちょっと買い辛い。(切)
9 ベンバウン:2,2,2,2,1着という成績は安定してるとは言えるんだが、GⅠじゃないしなぁ。(切)
10 ブルーショットガン:これもバクシンオー産駒だから、平坦向きか。(切)
11 タマモホットプレイ:速い脚がなさそうだし、ちょっと強調材料に欠けるか。(切)
12 シンボリエスケープ:マクリには良さそうな枠ではあるが・・・。(切)
13 テイクオーバーターゲット:アウェイでも結果出しているのは強味か。(▲)
14 サイレントウィットネス:「今度の日曜日に私の判断が正しいことを証明したい」ということのようだが、休み明けは問題なさそうだし、抜け出すか惨敗かのどちらかだろう。(○)
15 ステキシンスケクン:自分のペースでヌボっと先行できれば結構いけるんだろうが、今回はそんな展開になりそうにないなぁ。(切)
16 チアフルスマイル:「確実に最後は伸びるので、スムーズな競馬ができれば」ということだが、坂が向かないのでは。(切)

枠連2-3、2-7、3-7。6の単複。
キルトクールはシーイズトウショウ。

| | Comments (2)

« September 2006 | Main | November 2006 »