« 肉を切らせて骨を断つ 菊花賞  | Main | 三冠は難しい 菊花賞回顧 »

October 22, 2006

議論すべきは「非核三原則」でなく「核攻撃防止策」

自民党の中川政調会長が、「非核三原則について議論すべき」と発言して物議を醸しているが、そもそも、そうした発言が生じる原因となったのは北朝鮮の核実験であり、これに伴う日本周辺の緊張状態の激化が「周辺事態」に該当するのかどうかということの一環としてそのようなことが出てきたんだろう。
しかし、本当に必要なのはわが国が核攻撃を受ける可能性が高まってきており、それをどのように防ぐかということではないだろうか。
最善の策として現在選択しているのは、国連の場で核実験を非難するとともに、周辺諸国が一体となって北朝鮮の核武装を放棄させるような努力をするということであり、「非核三原則」とはなんら関係ない。
百歩譲って「非核三原則」について議論するとすれば、憲法にこの原則を組み入れるかどうかという議論ではないだろうか。このような憲法改正であれば、反対者はほとんどいないのではないだろうか。

|

« 肉を切らせて骨を断つ 菊花賞  | Main | 三冠は難しい 菊花賞回顧 »

Comments

『北朝鮮と台湾の関係』 核廃棄物

核開発などで何かと話題に上る北朝鮮と台湾の以外な関係をまとめてみましたので
ご参考まで。

 http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2004/00241/contents/500.htm

 http://72.14.203.104/search?q=cache:Dgo-61n9W8sJ:nippon.zaidan.info/seikabutsu/2004/00241/contents/500.htm+%E6%A0%B8%E5%BB%83%E6%A3%84%E7%89%A9%E3%80%80%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E3%80%80%E6%9D%8E%E7%99%BB%E8%BC%9D&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=2
 
  日本財団 図書館
  1997/06/10 世界週報

  必ずしも足並みがそろわぬ米側の対応

  加えて、四月一二日、李登輝総統は、イギリスの賓客との会見の中で、
  北朝鮮問題とそれに関する台湾の対応策に言及したといわれる。
  だが、かねてから話題となっていた台湾の核廃棄物を北朝鮮で処理する問題については、
  既述のギングリッチ米下院議長ですら李登輝総統との会見で抑制を促したもようである。

 http://ritouki-aichi.sblo.jp/article/31540733.html?reload=2009-08-27T15:15:16
  愛知李登輝友の会ブログ
   2009年08月23日
    のコメント欄をご覧ください

Posted by: おなか一杯 | August 29, 2009 at 01:42 PM

おなか一杯さん。
コメントありがとうございます。

Posted by: もくに | August 29, 2009 at 11:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/12380479

Listed below are links to weblogs that reference 議論すべきは「非核三原則」でなく「核攻撃防止策」:

« 肉を切らせて骨を断つ 菊花賞  | Main | 三冠は難しい 菊花賞回顧 »