« 肉離れ再発-予想はよそう | Main | 議論すべきは「非核三原則」でなく「核攻撃防止策」 »

October 22, 2006

肉を切らせて骨を断つ 菊花賞 

福岡のいじめ自殺問題は、「生まれ変わったらディープインパクトの子供になりたい」という件も話題になったが、元担任教諭がかなり叩かれている。この教諭の言動もしょうもないことは事実のようだが、遺書には「奴ら」とあったので、直接的な原因は級友によるいじめだろう。それにしても、文部科学省の統計による児童の自殺も「いじめ」原因はゼロとのことで、文部科学省自体は嘘をついている訳ではないが、この状況は地方からの報告が全くなかった(事実は地方が報告していなかったのだが)ことをもって「我が国にサーズはない」と言いきった某国幹部と状況はそっくりだ。やはり、教育行政の分野は大胆な改革が必要なんだろう。

京都11R 第67回菊花賞
ここの最大の見所はサムソンが三冠達成できるかということだが、以前から、「なんとなくテイエムオペラオーを彷彿させる馬になるかも」と言っていたサムソンだが、ダービーも勝ってしまったのはちと予想外ではあった。そういうことも含め全頭みてみることにしよう。
1 トーホウアラン:休み明けがどうかだが、京都2勝というのは無視できない。鞍上も内枠なら安心できるし。(△)
2 ミストラルクルーズ:「いい意味でのズブさがあるので距離は大丈夫」ということだが、このメンバーだと斬れ不足ということになってしまうだろう。(切)
3 シルククルセイダー:ダート馬でしょう。(切)
4 タガノマーシャル:北海道で古馬に揉まれてきたのはプラス要素。コマンチ産駒だし、むしろ長い方が良いのでは。(×)
5 アドマイヤメイン:「石橋さんには追い出しをゆっくりして欲しいですね」って他力本願か。鞍上のショックが癒えていない印象で。キルトクール候補に。(キ)
6 ネヴァブション:「母の父、祖母の父とも凱旋門賞馬、曾祖母は凱旋門賞2着の名牝」ということなんで、万葉Sでは期待できるか。(切)
7 マルカシェンク:絶対ダービー馬になると思ってたんだけどなぁ。叩いて上昇しそうだけど、前走好騎乗の会長先生でなく、福永に戻したのは「空気読めよ」ってことなんだろう。馬券の対象にはなるが相手か。(▲)
8 マンノレーシング:これもダート馬だろうが、父譲りの成長力を見せてくれれば波乱の目には。(×)
9 インテレット:「平均して長くいい脚が使える」というのは魅力だが、成長力がひと息のようで。(切)
10 フサイチジャンク:「デルタとはタイプがで違うが、潜在能力の高さという点では同じ」と鞍上は評価しているが、後ろから届く展開にはならないだろう。(切)
11 トーセンシャナオー:セントライト記念のレベルは低いと衆目一致しているようだが、更に評価が低かった紫苑S組が秋華賞で善戦した訳だし、1着馬くらいはソコソコ評価しておくべきでは。(×)
12 メイショウサムソン:何も言うまい。2年連続のトリプルクラウンの誕生を足をさすりながら見てみたい。しかし三冠ジョッキーになるかもしれないのに、土曜は2鞍、日曜もこの前に3鞍しか騎乗しないんか。斜行とかして「三冠に汚点を残した」と理事長にコメントされなきゃ良いが。(◎)
13 ドリームパスポート:完全にこの馬を手に入れている主戦の高田を降ろして、3年連続2着というシルバーホルダーのノリを使うところなんぞは、関西サークルの深層心理がわかるちゅうもんやなぁ。4年連続濃厚とみた。(○)
14 アペリティフ:陣営のコメントも「けっこうズブい馬」とか「切れる脚がない」ということだし、なにせ代表的なアペリティフは「キール」だから。(切)
15 アクシオン:これも北海道で揉まれた組だが、鞍上がGⅠと縁が薄いので。(切)
16 トウショウシロッコ:GⅠでは足りないが、GⅢあたりだと善戦というパターンの馬では。(切)
17 パッシングマーク:成長力がひと息という印象で。(切)
18 ソングオブウインド:「前走は1、2着馬にかわされてからもしぶとく粘っていた」ということなので、アンドロメダSでは期待したい。(切)

枠連1-6、4-6、6-7。三連複7-12-13。三連単12→13→7、12→7→13。ワイド1-12、4-12、8-12、11-12。
キルトクールはアドマイヤメイン。

|

« 肉離れ再発-予想はよそう | Main | 議論すべきは「非核三原則」でなく「核攻撃防止策」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/12370945

Listed below are links to weblogs that reference 肉を切らせて骨を断つ 菊花賞 :

» 明日の予想(10.22)京都 [厳選長州]
こんばんは。今日は前半でコケてしまったので損失補填の為12Rに挑むも撃沈に終わりました。(涙)良い事ばかり続きませんね。 しかも明日は京都遠征の予定だったのですが親父が親戚に遠征(涙)お袋は市会議員選挙の手伝い(涙)なので僕は犬の世話がある為、自宅観戦す....... [Read More]

Tracked on October 22, 2006 at 07:17 AM

» 【競馬】061022予想/菊花賞 [★競馬予想 ニッカンコンピ+1★]
★ブログ限定重賞予想 102戦35勝  いままでの予想結果→ココをクリック(まとめサイトへジャンプ!) <先週の結果> ※東京AJ     的中(馬連: 440円)三連複も的中 ※デイリー杯2歳S 的中(馬連:2,560円)三連複も的中 ※府中牝馬S    的中(馬連:2,150円)三連複も的中 ※秋華賞      外れ(馬連:2,260円) <今週の重賞> ※富士S 外れ(馬連:18570円)  一番人気切っちゃたからなぁ。くやしぃ。 ※第67回 菊花賞(GI... [Read More]

Tracked on October 22, 2006 at 08:20 AM

» ◎メイショウサムソン 菊花賞(2006年)【血統フェスティバル】予想 [【血統フェスティバル】blog]
【菊花賞】の予想。出走馬・近5年の1〜3着馬の血統を掲載。 [Read More]

Tracked on October 22, 2006 at 09:42 AM

» 菊花賞の予想 [Free Style]
先週府中へ遠征したので、久々感覚の予想ですw 先週の秋華賞はバッチリ当たったの... [Read More]

Tracked on October 22, 2006 at 10:44 AM

» 秋のG1祭 第67回菊花賞の予想 [こんなのアリ?]
 牡馬クラシック第3弾、菊花賞です。 皐月賞は一番早い馬が、ダービーは一番運のいい馬が、そして菊花賞は一番強い馬が勝つそうです。 今年一番強い馬はどれでしょう。 さて、予想です。... [Read More]

Tracked on October 22, 2006 at 10:51 AM

» 日曜予想 菊花賞(GI) ◎:メイショウサムソン [馬券下手の「へたうま日記」]
木曜日の夕方に日本中を駆け抜けた「ディープインパクト・ショック」。 世間の注目は、一気にディープインパクトへ集まりました。 これで「3冠のプレッシャー」は、かなり軽くなったのではないでしょうか・・・。(思案) [Read More]

Tracked on October 22, 2006 at 11:05 AM

» 第67回 菊花賞(GI) 予想 [ダンディライオン - お馬はみんなぱっぱか走る。]
第67回 菊花賞(GI) 2006年5回京都6日 10/22(日) 発走 15:40 京都競馬場11R 3000m 芝・右 外 サラ系3歳 オープン 牡・牝(指定)馬齢 印 番 馬名 ◎ 18 ソング... [Read More]

Tracked on October 22, 2006 at 11:06 AM

» 菊花賞の予想 [府中の杜]
自分の中では昨年に続いて3冠馬が出てくると思っています。 重視した点は、2200m以上での連対率が5割以上。 4年前にヒシミラクルが快勝した時にも重視したデータ。 この条件を満たしていたのが下記の印の4頭。 4年前より遥かに満たしている馬が少ないのでBOXで勝負(笑) ..... [Read More]

Tracked on October 22, 2006 at 11:20 AM

» 菊花賞予想:2006年クラシック最終戦、メイショウサムソンの3冠なるか!? [stay_gold.com]
いよいよクラシック最終戦の菊花賞ですが、まずはその前に入ってきた情報から。 オーストラリアのコーフィールドカップに出走していたデルタブルースとポップロックですが、それぞれ3着と7着だった模様。 ソースはこちら(世界の競馬様) お疲れ様。 あと、東京4R新馬戦でPOG馬ヴェルトマイスターが勝ってくれました! 次走も楽しみです♪ 富士Sはキネティクスって(汗 去年1番人気3着だったんですね。 得意コ�... [Read More]

Tracked on October 22, 2006 at 12:00 PM

» 鬼馬「菊花賞(2006)」新聞版 [SEABLOGスポーツ]
 いよいよメイショウサムソンの三冠挑戦のときですね。700万円の馬が1億円や2億円の馬を相手にせずつかんできた今までの二冠。たとえ三冠馬にならなくても素晴らしい馬だと思います。セントライト、シンザン、ミスターシービー、シンボリルドルフ、ナリタブライアン、....... [Read More]

Tracked on October 22, 2006 at 01:41 PM

« 肉離れ再発-予想はよそう | Main | 議論すべきは「非核三原則」でなく「核攻撃防止策」 »