« そうは問屋が 凱旋門賞 | Main | 86回凱旋門賞ディープが勝つには »

October 02, 2006

やはり斤量が 凱旋門賞回顧

▲ディープインパクトは予想通り3着だった。やはり59.5キロ背負って走るのでは「飛ばなかった」と言えるだろう。
勝った◎レイルリンクはやはり前走で同じコースを走っていることと3.5キロのアドバンテージが大きいということだろう。3歳有利のレースということは間違いなさそうだ。
今回の出走馬のうち誰がジャパンカップに来るか判らないが、ホームで相見えれば日本馬有利だろう。
しかし、JRAの理事長御自ら凱旋門賞ご観戦とは恐れ入った。国内最高レースのGⅠの主催者の立場を投げ打ってパリに馳せ参じる大義名分はあったのだろうか?
せいぜい、今回の出走馬が一頭でも多くジャパンカップに出走するよう交渉を進めていただきたいものだ。

|

« そうは問屋が 凱旋門賞 | Main | 86回凱旋門賞ディープが勝つには »

Comments

 
ここの予想すごいね。
スプリンターズS当ててるよー

 

Posted by: ディープインパクト | October 02, 2006 at 12:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« そうは問屋が 凱旋門賞 | Main | 86回凱旋門賞ディープが勝つには »