« October 2006 | Main | December 2006 »

November 26, 2006

内外不利なし ジャパンカップ

昨日久しぶりに府中に行ったが、ゲートの外には大勢のブルーシート軍団が。ホームレスかと思ったが、そうではなく、今日の順番待ちのようだ。一時ほど勢いはないと思ったが、流石はディープ現象と言うべきだろうか。

東京10R 第26回ジャパンカップ
Turf
Turf2
府中の芝コースはやはり内側が荒れている印象。ただ、最内にグリーンベルトがあり、荒れているといっても内外の馬場に大きな有利不利の差があるという感じでもない。こうしたことを踏まえ、1頭ずつみていくこととしよう。
1 ハーツクライ:ノド鳴りがどうかという最大の爆弾を抱えている。陣営も「心配ない」と言ってみたり、「ずっと気になっていた。競馬でどうかの不安はある」と言ったり、挙げ句の果ては「馬券を買ってくださる皆さんが判断してください」普通だったらぶった切るところだが、ドバイを勝っているわけだし、ディープにも先着している訳だから、敢えて◎に。ただ、社台が51億で買った馬の商品価値を社台グループの馬が下げるようなことをする筈がないというS氏の指摘は気になるが・・・。(◎)
2 スウィフトカレント:「今回は距離が微妙に長い感じ」というところをGⅠ2着王横典JKがどう乗ってくるかが楽しみか。馬連、馬単(2着付け)でソコソコ人気なのは笑える。連はあっても勝ちは見込み辛いので見送りか。(切)
3 ウィジャボード:昨年の5着馬。「今年は2頭ほど日本の強い馬が出走するそうなので、年度代表馬に選ばれたプライドをもってレースに臨みたい」ってことは3着狙いか。(△)
4 ユキノサンロイヤル:ここを使って暮れの大障害か・・・。(切)
5 トーセンシャナオー:鞍上はノッているかもしれないが、馬の方は来年への展望になれば。(切)
6 ディープインパクト:蹄鉄を替えたことがかなりプラスに働くのではという指摘があるそうだ。勝つ時はアッサリ勝っちゃうだろうが、前走見てると終いの斬れに不安があって。(▲)
7 ドリームパスポート:かなり期待しているのがこの馬。今回岩田なので、終いを活かす競馬ができそうで、2着に突っ込んでくる可能性は高い。っていうか、高田が乗れば勝つだろうになんで使わないんだろう。(○)
8 フサイチパンドラ:一番強気なのはオーナーさんか。ここでは辛いだろう。(切)
9 フリードニア:日本の馬場への適性はありそうだが、ここでは格下か。(切)
10 コスモバルク:「大人になっている。落ち着きが出た」ということで、来年も星島の連覇期待か。(切)
11 メイショウサムソン:力はあるが、速い脚に欠ける印象で、このメンバーでは掲示板の下か。キルトクール指名に。(キ)
馬券は1の単。枠連1-6、馬連1-7、6-7。ワイド1-7、6-7、3-6。三連複1-6-7、1-3-6、3-6-7。
キルトクールはメイショウサムソン。

応援馬券
東京8Rシャングリラ賞:有力馬が後ろからいく感じなので、前々につけられそうな9ケンコウヘイローに勝機か。
東京9RキャピタルS:普通に考えれば4エアシェイディでしょう。相手はデットーリマジック(一瞬の脚しか使えない馬をぶっ叩いて粘らせる)に期待して12ブラックカフェか。
東京11Rアプローズ賞:6グレートパルサーの単勝が売れそうな予感(^^)。叩き2戦目の2ヒカルベガで。
京都8R3上1000万下:3戦連続3着14カイテキネオの安定感を買って。前走は度外視の鮫島父っつぁん騎乗15タニノローゼが相手。
京都9Rあけび賞:本郷グリーン軍団の13クインズプレイヤーが上洛。相手は3トップコメット、6エミネンツァベルタあたりか。
京都10R貴船S:鉄砲も効きそうな2ビービーバーニングに期待。
京都11RアンドロメダS:前走久々に勝利の美酒を味わった2ペールギュントがここも。相手は展開一つでどうにも変わりそう・・・。オープン実績のありそうな8枠両頭か。
京都12R3上1000万下:叩き2戦目の2ナチュラルメイクが鞍上安倍幸で。カク地13スーパーワシントンとのワイドか。

| | Comments (2) | TrackBack (8)

November 25, 2006

本命馬が消えて・・・ JCダートほか

山形県で女子高生のいじめ自殺事件があった日に教育委員会幹部が歓送の宴を催していたことが話題になっている。別に歓送迎会をやること自体は悪くはないが、こんな日にやるのは拙いというTPOってものがある。こうした「空気」が読めない連中が「教育行政」の中枢にいることが片腹痛い。

東京11R 第7回JCダート
タイムパラドックス本命と考えていたんで、故障(おそらく引退)は痛い。となるとJBCクラシック2着の7◎シーキングザダイヤが本命。相手は同4着でGⅠ2着王横典騎乗の13○ハードクリスタル。7→13の馬単1点勝負。
さらに、一昨年3着の5▲ジンクライシスを絡めた3連単7→13→5も加えておきたい。
キルトクールは6ブルーコンコルド。交流GI連勝中だが、もともとムラっぽい馬だし、府中の2100mは少し長いのでは。

応援馬券
東京9Rベゴニア賞:ここは12マイネシャリマーと3エイシンイチモンジの一騎打ち。
東京10RウェルカムS:良血9ドリームパートナー。相手は好調7ロックスピリッツで。
東京12Rセレブレイション賞:7タイキマドレーヌの相手捜しか。6セイングレンド、11テンイムホウ、1ルビーレジェンドあたりか。
京都9R京都2歳S:オープン特別なら1ローズプレステージの血が騒ぐ。相手は4マルカハンニバルか。
京都10Rよど特別:ダート千四ならフォーティナイナー。13ハギノトリオンフォで大丈夫だろう。
京都11R京阪杯:3連勝3アンバージャックが突き抜ける。相手は7枠両頭と5リミットレスビッド。枠連2-3、2-7。キルトクールは10フサイチホクトセイあたりか。

| | Comments (2) | TrackBack (5)

November 23, 2006

「欠席戦術」のあっけない敗退

民主党が、教育基本法をめぐる国会欠席戦術を沖縄県知事選敗北を受けて出席に切り替えた。
そもそも「慎重審議」を訴えていながら欠席するというのは矛盾しているわけだし、サボっても給料はまるまる貰えるというんでは国民の不信感は高まるばかりだろう。
欠席くらいしか抵抗策がないというのなら、それを改めて、本会議で反対演説を打てるような策を作ったらどうかと思う。
この点で思い出すのは「スミス氏都に行く」という映画である。これは確かある法案に反対するため、本会議で長時間演説し、最後は疲労で倒れるという内容だったと思う。
どういうところに反対でどうすべきなのか、演説で論点を明確にすれば国民にもわかり易いし、議事妨害的な演説を防止する意味では、条文についての見解を述べること以外できないようにすればよい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 19, 2006

マイルCS回顧&ハーツクライ喉鳴り

雨の影響も結構あったんだろうが、ステキシンスケクンが引っ張る展開で予想されたよりは早い時計のようだった。
勝った10○ダイワメジャーは早めから2番手につけて、最後ペースが落ちそうになったところで隣にダンスが来たのでさらに二の脚を使って踏ん張った。いわゆるSSタイプではないSS産駒ということで貴重な存在になるだろう。来年もマイル~中距離路線の主役かも。
キルトクール指名した7ダンスインザムードが2着にきたが、こうしたドンガバチョはもはやお約束(^^;;;)。メジャーを交わすと思われたが、最後力尽きた。はやり「一瞬の斬れ」しかないんだろう。早く良い仔を出してきてください。
16×シンボリグランが3着に来たが、相手が強くなった方が堅実に走るタイプなのかもしれない。柴山だから終いはしっかり追えるのも強味だろうが。
4着の11マイネルスケルツィ、5着の14 キンシャサノキセキは大善戦だった。来年はもっと上が狙えるかもしれない。
あえて本命にした15◎マルカシェンクだが、スタートがあまり良くなかった。今度は「マイルは短い」というコメントが出てきたりして・・・・。
1▲コートマスターピースもスタートで後手を踏み、しかも終い届くような展開ではなかった。デットーリ先生は暫く滞在するんだろうか?

ところで、ジャパンカップ出走予定のハーツクライにノド鳴りの症状が出ているらしい。陣営は「追い切りでの動きも全く変わりないし、進行しているとは思いません。」と言っているようだが、さらに続けて「あとは馬券を買ってくださる皆さんが判断してください。」って結局は自己責任か(^^)。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

雨がどうか マイルチャンピオンシップほか

いつものようにカッターシャツを出すんでクリーニング屋の窓口の前で並んでいたら横から変な婆ぁが割り込んできて先に行ってしまった。別に腹も立てず「また、ブログの小ネタができた」と考えてしまった私は・・・

京都11R 第23回マイルチャンピオンシップ
確か10年連続本命サイドで決まった歴史があるほど堅いレースだったが、最近は若干波乱もあるようだ。前哨戦としては、GⅠ組か富士Sが中心でスワンS組はちょっと落ちる印象。こうしたことを踏まえて1頭ずつみていくこととしよう。
1 コートマスターピース:「今年の成績を見ればベストマイラーと言っていい」と強気のコメントのようだが、あちらの人はレース前は強気、レース後は弱気というのが鉄則なんでこれ自体はアテにならない。ただ、雨は向きそうだし、デットーリの豪腕で最後突っ込んでくる可能性は高そう。(▲)
2 スーパーホーネット:「ラストは絶対に伸びてくる。あとは、前にどれだけ他の馬がいるかだけ」だそうだが、まぁ4、5頭はいそうですなぁ。(切)
3 プリサイスマシーン:前走は展開が向いた印象。しかし時計はまずまずだったし、20倍つくなら単勝くらい買っても良い気はするが・・・(?)
4 ロジック:ルメール騎乗は魅力だが、秋になって成長したという印象に欠ける。やはり早熟だったんだろうか。(切)
5 テレグノシス:どうもピリっとしない。せいぜい掲示板の下のほうか。(切)
6 カンファーベスト:「直線が平坦になる京都は持ち味が生かせそう」ということなので、金杯では期待したい。(切)
7 ダンスインザムード:武様に戻ったのはプラスかもしれないが、この厩舎は計画的な仕上げが出来ないという印象があり、GⅠでは少々不安が残る。「一瞬の斬れ」が売りのようなので、そうした展開になるかどうか。そこそこ人気しているんで、キルトクール指名。(キ)
8 ハットトリック:今年は不振。なかなか立ち直れない。ここでもどうか。(切)
9 ステキシンスケクン:自分のペースで走って粘り強さを発揮できれば良いが、鞍上がどうもチグハグな騎乗が目立つようで・・・。(切)
10 ダイワメジャー:「ズブい馬」ということだが、SS産駒に似合わず、一瞬の斬れ勝負よりも持続的なペースで終いまで粘る競馬ができる馬なんだろう。今回もこの馬向きの流れになりそうで。(○)
11 マイネルスケルツィ:中山専科の馬ではないだろうか。(切)
12 ニューベリー:ここでは家賃が高い印象。(切)
13 キネティクス:富士S勝ちの割には人気がないのが魅力。(△)
14 キンシャサノキセキ:「雨は嫌だね」とはまあ正直な。(切)
15 マルカシェンク:2歳の時から「世代最強馬」と期待していた馬。調教の動きが今一つなのは気になるが、何とかGⅠタイトルを取らせてあげたい。応援馬券の意味で。(◎)
16 シンボリグラン:「京都コースは合うので期待しています」とのことだし、スタート良ければ。(×)
17 アグネスラズベリ:乗り代わりも良くなさそうだし、牡馬とのGⅠでは辛いのでは。(切)
18 デアリングハート:大外の藤田は買わないことにしとるんで。(切)
枠連1-5、1-7、5-7。15の単複。3、13、16の複勝。ワイド3-10、10-13、10-15、10-16。
キルトクールはダンスインザムード。

応援馬券
東京6R2歳500万下:横典騎乗の14アドマイヤホクトで。
東京7R3上500万下:久々登場のPO馬16アドマイヤフッキーに期待。
東京9R神奈川新聞杯:着順ほどは負けていない12ユキノアサカゼに妙味。相手に9リンドーロ。
東京10R奥多摩S:クラス安定株の13シンボリウエストがそろそろ順番か。
東京11R霜月S:ここは昇級でもオープン実績のある13オフィサー。枠連4、7、8BOXで。
京都6R2歳500万下:重賞でなく、勝ちにきた4ローブデコルテ。相手は5ミルクトーレルで。
京都9R東山特別:ここは3ラッセルバローズと7ゴッドスマイルユーの一騎打ち。
京都10R古都S:人気なさそうだが、5ダイタクアルビンの一変に期待。
京都12R円山特別:ここはルメールが帳尻あわせに来ると読んで、3シンキッカーに期待。

| | Comments (1) | TrackBack (14)

November 18, 2006

カク地にも注目 東京スポーツ杯ほか

福島に始まって、和歌山、宮崎と続々県のトップや幹部が公共事業関係の談合で捕まっている。こうした業界の実情は分からないが、談合がまかり通るということは単価が高すぎるんじゃないだろうか。事件が起きる度に指名停止するだけでなく、予定価格も下げて談合が起こりにくい構造にすることが必要ではないだろうか。どうせどうでも良い工事なんだろうし、本当に必要な事業を行うんだったら、内部に工事のできる専門家を雇っておくべきなんだろう。

東京11R 第11回東京スポーツ杯2歳S
オープンでの実績馬と新馬を勝ち上がった素質馬の対決という印象があるが、府中はかなり馬場が傷んできた印象があり、先週もほとんど外を回す馬が多かった。状況が好転しているとは思えず力馬系を重視してみたい。この意味で本命に推したいのは2◎ケイアイマイスキー。小倉とは言え、不良馬場の千八を1分49秒台で回ってきたのは好感。ここでも上手く回ってくるだろう。鞍上が重賞で馬券になる横典(2着が多いが・・・)とあらば更に。
相手は、前走いちょうSで4着にきた10○ボスアミーゴ。時計掛かりそうな馬場も向くのでは。さらに、最近重賞にはとんと縁がなかった本郷厩舎が今年は重賞に結構出している。その1頭これも地方出身の1▲サラトガ。クロフネ産駒だから荒れた芝なら大丈夫だろう。
2の単複。1、10の複勝。枠連1-2、1-7。ワイド1、2、10のBOX。
キルトクールはフサイチホウオー。ここは様子見で。逆にここで勝ち進むようだとクラシックの夢が大いに広がってくるだろう。

京都9R もちのき賞
マイネル勢が好調だ。ここも3マイネルカンターレが勝利の唄を歌うだろう。ルメールが手を抜かないことを祈る。相手はダートなら7コンゴウダイオーで大丈夫だろう。枠連3-7。

応援馬券
東京2R未勝利:POG指名の11キングオブロマネがそろそろ。
京都7R3上500万下:スタート今イチも3ホウシュウムサシに期待。
京都8R3上500万下:ここも良血4テューダーローズに。
京都10R八瀬特別:終い追える鮫島Jr起用で7イーグルドライバーが3着くらいに突っ込んでこないか。武様9トロフィーディールとの差し比べも期待。

| | Comments (3) | TrackBack (7)

November 14, 2006

「国際レース」の名が泣く。JC登録馬

ジャパンカップ、ジャパンカップダートの登録馬が発表された。
ジャパンカップは外国馬3頭。ジャパンカップダートに至っては外国馬の登録なしという体たらく。JRAの営業努力不足がありありと言えるだろう。
「ジャパンカップの歴史に汚点を残した」というコメントがふさわしいのかもしれない。
ジャパンカップに関しては、日本馬が強すぎて敬遠されたという見方もできようが、ジャパンカップダートはブリーダーズカップとの間隔が短すぎるのが原因という。
そうだとすれば、フェブラリーSをこの時期に移し(ノベンバーSになってしまうが)、2月にジャパンカップダートを実施するという選択肢もあるのでは。日本馬にとっては、東京大賞典が良いステップになるし、ドバイへの前哨戦として外国馬の参戦も見込めるだろう。別に同じ時期に芝とダートを行う理由もないと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

November 11, 2006

2強ムードだが エリザベス女王杯ほか

小泉内閣の教育関係のタウンミーティングで「やらせ」があったとして問題になっているようだ。日本の場合何につけてもセレモニー化してしまうことが多いので、会社だって総会屋が跋扈するのはそのためだろう。要はトップが「何も知らない」ことが問題なのである。

京都11R 第31回エリザベス女王杯
新旧女王の2強対決ムードのようである。シェルズレイが逃げ宣言。アサヒライジングがこれに続き、ヌルいペースで進んで終い直線勝負で2強の激突。馬連8-16と3連単8、16→8、16→1、6の4点。終了。ということかもしれないが、そのような素人でも分かるような展開をおめおめと許すような柔い競馬サークルなんだろうか?ということを念頭に置いて1頭ずつみてみることとしよう。
1 アサヒライジング:「帰国した後は本当に心身とも成長していて、至って順調。楽しみ」ということだし、母の父が菊花賞馬。スタミナもありそうで、自分のペースで前に行けば勝ちはないにしても着はあるだろう。(×)
2 ヤマニンシュクル:頑張ってほしい馬ではあるが、小回りの千八が合っているんだろう。(切)
3 アドマイヤキッス:「何とかひとつGIを勝たしてやりたい」ということだが、トライアルホースなんだろうか。(切)
4 ヤマトマリオン:「時計のかかる馬場が希望」は叶うかもしれないが、順位が伴わないのでは。(切)
5 ソリッドプラチナム:「相手は強くなるが展開次第で…」ということだが、前走並みか。(切)
6 シェルズレイ:鞍上が「無理に逃げるつもりはない」と言っているがどうなってるんだろう。自分のペースで逃げないといけないと思うが・・・。逃げなきゃ惨敗だろう。(?)
7 レクレドール:「気難しさを出さなければ」ということだが、来年北海道で滞在すればまた上位にくるのでは。(切)
8 スイープトウショウ:ヌルいペースで直線勝負になれば有力だろうが、末一気というのはリスキーでもあり、敢然とキルトクール指名。(キ)
9 ライラプス:「リラックスしている」のは良いんだろうが、速い脚に欠ける印象があるので、鞍上が思い切って前に行くような競馬をすれば波乱の目に・・・ならんか。(切)
10 キストゥヘヴン:「両隣に馬がいないとダメ」ということで、今回は良い枠のようだが距離不安もあるし、強調材料に乏しい。(切)
11 ディアデラノビア:「状態は今秋で最高」ということだし、SS産駒らしい一瞬の斬れを上手く発揮できれば上位に。(○)
12 ウイングレット:「スムーズに先行できそう」というのは良いが、GⅠに縁がない鞍上じゃあなぁ~。(切)
13 サンレイジャスパー:「歯痒さもあるが…。堅実にしっかり走ってくれている」というように、このところ掲示板を維持している。鞍上もノッているようで、一発に期待したい。(◎)
14 ヤマニンメルベイユ:「被されないで先行できそう」というのは良いがここでは荷が重いだろう。(切)
15 フサイチパンドラ:隣を上手くマークして3着くらいにはくるかもしれない。不気味。(×)
16 カワカミプリンセス:キングヘイロー産駒だけに人気薄でこそ妙味がある。ここまで人気してしまうとむしろ「不確実性」の懸念がクビをもたげて・・・。(▲)
13の単複。枠連6、7、8BOX。ワイド1-11、11-13、11-15、11-16。
キルトクールはスイープトウショウ。

その他のレース
東京8R3上1000万下:3プリンセスドルチェが人気しそうだが、府中芝2勝、南関今野騎乗の11イストワールに期待。
東京9R赤松賞:ここは吉田さん所有のカク地2頭に注目だろう。
東京11RオーロC:女王杯にも登録していた1ニシノナースコールが短縮なら。相手は桜花賞3着の4コイウタ、オープン特別なら6フォーカルポイント、イネスに期待の10マイネサマンサ、そろそろ壁を克服してほしい16ヴリル。
京都8R黄菊賞:6マルカハンニバルと2エイシンイチモンジの一騎打ち・・・おっと1クラウンプリンセスもいたか。三連複1点か。
京都12RドンカスターC:鮫島Jr騎乗の8デュヴァルに期待。
福島11Rみちのく特別:前走2着の11サクラプログレス中心か。相手は中舘騎乗8ヤマニンパンテール、BL効果期待の10ナチュラルメイク、柴山で末脚注目の12アルバレスト。

| | Comments (2)

3強の争い 京王杯2歳Sほか

熊本県の病院が「赤ちゃんポスト」を作り、捨てられた赤ちゃんの受け皿を作るそうだ。これに対して賛否両論があるという。反対論者の論理というのがよく分からない。「子供を捨てるべきではない。」とか「子捨てを助長する。」というのは観念論であり、現に子供を捨てたり、虐待したり、果ては殺したりする親がいるわけだから、そうならないような対応というのは絶対に必要なんじゃないだろうか。本来、児童相談所といった公的機関が対応すべき問題なんだろう。
観念論者は「じゃあ、どうするんだ。」ということをきちんと説明すべきであろう。そうでないと単なる無責任な傍観者にすぎない。

東京11R 第42回京王杯2歳S
7ゴールドアグリ、10マイネルレーニア、12アドマイヤヘッドの3強ムードのようだ。今年の2歳馬の様子をみると、新潟組より札幌組の方が力上位のようなので、主役は札幌2歳S2着の◎アドマイヤヘッドということになろう。
相手は、残り2頭ということだが、ほかに注目したいのは、スピードのありそうな外国産馬3シベリアンクラシカと11サープラスシンガー。
枠連5、6、7BOX。馬単12→3、11。ワイド3-12、11-12。
キルトクールは13サンダーアロング。そこそこ人気しそうだが、速い脚がなさそう。

福島11R 第42回福島記念
福島締めくくりのハンデ重賞。ここは、平坦GⅢなら安定している13◎ヴィータローザを主役にしたい。相手は叩き2走めで上昇しそうな10○ワンモアチャッター。福島王者中舘騎乗の7▲フォルテベリーニも期待できそう。
枠連4、5、7BOX。
キルトクールは1サンバレンティン。折り合いどうか。

応援馬券
東京3R未勝利:本郷グリーン軍団の9クインズプライド登場。ここは人気なさそうで妙味。
東京6R2歳500万下:前走父譲りのパフォーマンスを見せた2スズノネイビーが人気でも。
東京10RユートピアS:女王杯にも登録していた1コスモマーベラス、秋華賞8着の8ブルーメンブラットあたりが人気しそうだが、4コアレスパティオの巻き返しに期待。
京都6R2歳500万下:ここは人気でもゼットカークか。
京都8R3上500万下:ヒラリー・クリントン圧勝の勢いを借りて4アドマイヤヒラリーもなんとかできないか。
京都10R衣笠特別:時々穴をあける1プロンタテヤマ。鞍上も穴男になりつつあるようだし・・・
京都11R花園S:クラス実績のある馬が少ないので、地味っぽい4ヒーローアンセムあたりでもなんとかなるのでは。
福島7R3上500万下:このメンバーなら10トーセンバサラで。11ローレルナイトとのワイドか。

| | Comments (1) | TrackBack (5)

November 08, 2006

「いじめ」を受けているきみへ

いじめを受けているきみ。いじめというのは今に始まった訳ではないし、対処法はいろいろある。ただ、「死」という形で逃げるのは一番つまらない。
自分のことを考えてみると確かにいじめをしたこともされたこともある。むしろされた方が多いかもしれない。
パンツだって下ろされたことがある。その時は、思わずUNKOをしてしまったので、以後自分に対するパンツ下ろしはなくなった。ある意味でUNKOがいじめから救ってくれたのである。(一見妙なHNに拘るのはその幼児体験があるからかもしれない)
いじめは卑劣な行為であるが、その裏にはコンプレックスが内在しているのである。いじめをする連中を心底軽蔑し、いつか見返す時期がくることを信じて頑張るんだ。

いじめの対処法で根本的なところが忘れられているような気がしてならない。いじめというのは一種のルール違反である。教育とは社会の規範を教えるという意味もあるわけで、対処法の基本は「ルールを犯すと罰を受ける」ということをきちんと教えることが大切ではないだろうか。被害者に逃避を教えるのではなく、加害者に罪を償わせることが対処法であると強調しておきたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 05, 2006

谷間の風 アルゼンチン共和国杯ほか

昨日、街の一角にリクルートスーツをきたお母様の一団がいてなんかと思ったら、私学のお受験ユニフォームらしい。「没個性」というのが学校に受けるから皆そんな格好をしているそうだが、カソリックもプロテスタントも関係なく受けまくる所が面白い。

東京11R 第44回アルゼンチン共和国杯
GⅠの谷間のGⅡ戦ということだが、冴えないメンバー。ここをきっかけに浮上を狙う上がり馬に注目したい。
その意味で5◎チェストウイングを中心視したい。府中で5勝は強味だし、「この年齢でようやく体質がしっかりしてきた」という遅咲きの味に注目したい。相手は、51キロは魅力の6○ドラゴンキャプテン。時々穴をあける石神騎乗なだけに。
さらに、ここ2戦まずまずの9▲トウショウナイト。「ここにきて走りがしっかりしてきた感じ」ということに期待したい。
枠連4-4、4-6。ワイド5、6、9BOX。
キルトクールは11ウインジェネラーレ。実力馬ではあるが、視力のハンデは大きいんでは。

東京10R テレビ静岡賞
西のGⅠの時の東のメインで岡部さんが良く出ていたレースという印象だったが、谷間の準メインに「格下げ」となった。逆に放送開始と同時に発走となるので、局にとっては良いのかもしれない。3ファイトクラブ、6チョウカイフライト、8ブライトトゥモローか。枠連3、6、8BOX。
福島11R フルーツラインC
久々でも、降級の12ケイアイカールトンがスピードで押し切るだろう。相手はこれも久々だが3連勝のアティーナラビット。枠連1-6。

| | Comments (2) | TrackBack (4)

東西2歳オープン ファンタジーSほか

朝いつもの通りブログを巡回していたら、ウイルスバスターが突如起動し「ウイルスを発見しました。駆除できませんでした。」の表示。どうもトロイの木馬型のワームがどこかのHPに潜んでいたようでそれを取り込んでしまったらしい。あわてて回線を切ってそれらしいファイルを削除してみたが、本当に消えているのか少々不安。はてどうしたものか・・・

京都11R 第11回ファンタジーS
東と西で2歳オープン戦が行われる。西は牝馬の重賞戦。阪神JFに向けての前哨戦とも言えるが、1Fというのが意外と違ったりするし、今年は馬場改修でJF自体今までと違ったレースになるかもしれない。とりあえず1頭ずつみていくことにしよう。
1 トップコメット:ここで6戦目。強い相手と戦うと結果がでないようで。(切)
2 スマートカスタム:レープロの紹介記事がロンドンブリッジだったから、この馬も母父ドクターデヴィアスだけに、サイン派にとっては狙いの馬かもしれないが、Mカフェ産駒だから来年になってからだろう。(切)
3 マイネインティマ:前走も不利があったようだし、佐藤哲と手が合っているようでもあるので、期待したい。(△)
4 ニシノマオ:「前走使った後、ガタッときた」というのが気になるし、距離は大丈夫ということではあるが、千四がどうか少々不安。(切)
5 ホットファッション:「タメれば切れるタイプ」ということだが、ここよりも距離を延ばした本番の方が期待できるだろう。(切)
6 アラハ:前走負けすぎ。(切)
7 マイネルーチェ:「輸送や右回りを試す意味で使う」ということで、ここは叩き台かぁ。鞍上がテン乗りで勝つようなタマとは思えないので、キルトクール候補に。(キ)
8 アドマイヤプルート:スダホーク氏が、「減点材料が無いので◎まで」と絶賛されているようだし、鞍上も好調そうなのでチェック対象に。(○)
9 イクスキューズ:「変わらず素晴らしい動きだね。今回の競馬で、来年の春まで楽しめるかどうかが分かるよ」ってことはここで負ければ終了か。鞍上強化に期待して・・・(▲)
10 ハギノルチェーレ:ここ2走の様子から「モノサシ馬」の候補生か。(切)
11 カノヤザクラ:「行きたがる馬なので外回りのペースで掛かるのが心配」という不安が的中しそうな予感・・・。(切)
12 アストンマーチャン:重賞勝ちと鞍上人気が相俟って人気になっているようだ。枠としては押さえておくべきかもしれない。(切)
13 ハロースピード:デビュー戦の衝撃的なぶっちぎりが印象に残っているので、ここでは主役に推したい。(◎)
14 ジーニアス:鞍上がどう捌いてくれるかだろう。(切)
枠連3-8、5-8、6-8、7-8、5-6。13の応援馬券。
キルトクールはマイネルーチェ。

福島10R 福島2歳S
あまり注目されないオープン戦ではあるが、渋いメンバーが集まった印象。
主役はオープン勝ちの14◎メジロアダーラ。平坦コースだけに一本調子で行ききってしまう可能性が大きい。
相手は、短縮で一変しそうな7○アルシラート。更に前走見所のあった8▲クインズプレイヤーが人気なさそうなだけに狙い目か。
人気しそうな12クーヴェルチュールはまたよれそうで・・・。
枠連4-8、5-8、7-8。ワイド7-8、8-14。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

November 04, 2006

ルビーのリズム ブラジルCほか

ソフトバンクの予想外割引がちょっと過剰広告という指摘を受けたりして軌道修正したらしい。「孫さんともあろう方が」という報道もあったが、むしろ孫さんらしいやり方だと思っていたが・・・。

東京11R ブラジルC
GⅠに出走した14ホウショウルビーが登場。もともとダート向きのようではあるが、スピードがあるタイプではなさそうなので展開頼みだろう。本命には推し辛く▲までか。
本命はここ4戦芝で結果を出していない7◎ワキノカイザー。実績あるダートに戻って、鞍上もダートなら強い会長先生。相手はこの位置ならマクりが決まりそうな12○セトノシェーバー。
枠連4-6、4-7、6-7。

東京10R 秋嶺特別:ここは10カタナで大丈夫でしょう。10の応援馬券。
東京9R 百日草特別:ここは良血8アサクサキングスに期待。相手は捻って持ち時計一番の5サンツェッペリン。8の応援馬券。ワイド5-8。
京都11R カシオペアS:GⅠ馬6ロジック登場。成長力が今イチの印象もあり、むしろ同じ3歳馬でも4イースターの方が上位か。4の応援馬券。
京都10R 宝ヶ池特別:例の国際会議場のあるあたりの地名を取ったレースか。ここは最内2頭の一騎打ち。1-2の馬連、ワイド。
京都7R 3上500万下:この辺でウロウロしてもらっては困る10ホウシュウムサシの応援馬券。
福島11R 磐梯山特別:福島巧者9リンドーロが久々でも。9の応援馬券。枠連4-6。
福島9R 3上500万下:昇級戦もまずまずだった13ジュエリークイーン。「終い気を抜く」ということだが、終い追える柴山起用でここは主役か。13の応援馬券。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« October 2006 | Main | December 2006 »