« 谷間の風 アルゼンチン共和国杯ほか | Main | 3強の争い 京王杯2歳Sほか »

November 08, 2006

「いじめ」を受けているきみへ

いじめを受けているきみ。いじめというのは今に始まった訳ではないし、対処法はいろいろある。ただ、「死」という形で逃げるのは一番つまらない。
自分のことを考えてみると確かにいじめをしたこともされたこともある。むしろされた方が多いかもしれない。
パンツだって下ろされたことがある。その時は、思わずUNKOをしてしまったので、以後自分に対するパンツ下ろしはなくなった。ある意味でUNKOがいじめから救ってくれたのである。(一見妙なHNに拘るのはその幼児体験があるからかもしれない)
いじめは卑劣な行為であるが、その裏にはコンプレックスが内在しているのである。いじめをする連中を心底軽蔑し、いつか見返す時期がくることを信じて頑張るんだ。

いじめの対処法で根本的なところが忘れられているような気がしてならない。いじめというのは一種のルール違反である。教育とは社会の規範を教えるという意味もあるわけで、対処法の基本は「ルールを犯すと罰を受ける」ということをきちんと教えることが大切ではないだろうか。被害者に逃避を教えるのではなく、加害者に罪を償わせることが対処法であると強調しておきたい。

|

« 谷間の風 アルゼンチン共和国杯ほか | Main | 3強の争い 京王杯2歳Sほか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/12601477

Listed below are links to weblogs that reference 「いじめ」を受けているきみへ:

« 谷間の風 アルゼンチン共和国杯ほか | Main | 3強の争い 京王杯2歳Sほか »