« 雲國齊世録(10) | Main | 土曜の応援馬券 小倉大賞典ほか »

January 31, 2007

雲國齊世録(11)

「産む機械」
厚生労働大臣が、女性のことを「産む機械」とした発言が問題視されている。ただ、よく考えてみれば、出産のことを「リプロダクション」というわけで、「プロダクション」というのは「ものを作る」という意味なんだろうから、「機械」という表現も(大臣がすべきかどうかは別として)あながちおかしくはないともいえる。発言というのは全体の流れというものがあるわけで、その中で個々のセリフを取り上げて問題視する手法というのは如何なものかという気もするが、そうした中でも言ってはならないフレーズがあるとすると、大臣にはそうしたことを言わせない「話す機械」になってもらうしかないということになるのではないか。

「指導力不足」宰相
安部総理の「指導力不足」ぶりが指摘されているようだ。ただ、もともとリーダーシップ型宰相というよりは、調整型に近いタイプとされていただけに、今の時点で指導力を期待すること自体無理があるのかもしれない。首相交代というのは前任者と違ったカラーが期待されている訳で、むしろ党との関係を重視した調整型が今は求められているということではないか。

中国残留孤児問題
中国残留孤児が国を相手に訴えた訴訟の判決があった。確かに個々の事情は大変お気の毒で援護措置の充実強化は必要であろう。しかし、戦後長らく中国とは国交がなかった訳で、その時点で対応しろといっても難しかったのも事実であろう。ただ、その当時から国交のなかった某国との人的交流を「人道上」という理由で支援していた某政党が、真に人道的見地から対応していたのなら、こうした問題を取り上げて対応することも可能だったのかもしれないが・・・。

|

« 雲國齊世録(10) | Main | 土曜の応援馬券 小倉大賞典ほか »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/13726270

Listed below are links to weblogs that reference 雲國齊世録(11):

« 雲國齊世録(10) | Main | 土曜の応援馬券 小倉大賞典ほか »