« 雲國齊世録(13) | Main | 意外と混戦 京都記念ほか »

February 15, 2007

雲國齊世録(14)

宮崎県議会大フィーバー
東国原知事のお陰で宮崎県議会が大フィーバーしているようだ。普段は閑散としている傍聴席も抽選券を配る騒ぎに。いずれにせよ、こうしたことにより、議会や地方自治に対する関心が高まるのはいいことではないだろうか。

宮本警部殉職
自殺願望の女性を助けようとして殉職した宮本警部の葬儀がしめやかに行われた。安部総理も弔問に訪れたが、その時に警部の名前を間違えたことがニュースになってしまった。
しかし、弔問に出かけたということが総理の政治姿勢を物語っているのではないだろうか。総理の「美しい国」とは「自己犠牲も厭わない精神」というのがその一つにあるのだろう。

6カ国協議合意
北朝鮮の核開発に関する6カ国協議がひとまず合意となった。しかし早速北が自分に都合の良い解釈を持ち出しているという。まぁあの国のことだからそんなもんなんだろうし、「将軍様」のお誕生日が近いということもあり、とにかく早く解決したかったんだろう。北には容易に行けないので、近くにでも行って様子をみてみることとしたい。

|

« 雲國齊世録(13) | Main | 意外と混戦 京都記念ほか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/13923562

Listed below are links to weblogs that reference 雲國齊世録(14):

« 雲國齊世録(13) | Main | 意外と混戦 京都記念ほか »