« 魅せてくれるか 阪神大賞典ほか | Main | 頑張れサチノスイーティー・高松宮記念 »

March 18, 2007

雲國齊世録(21) 国情ジョーク3題

幸せ者の条件
「アメリカ人のサラリーを貰い、イギリスの家に住み、中国人のコックを雇い、日本人の妻を持つ」というのが「幸せ者の条件」だという。
それに対し、不幸者の条件は、「中国人のサラリーを貰い、日本の家に住み、イギリス人のコックを雇い、アメリカ人の妻を持つ」だそうだ。

船が沈みそうな時
船が沈みそうになって、だれか海に飛び込まなければならない時、
アメリカ人には「海に飛び込めば、あなたはヒーローになれる。」
イギリス人には「海に飛び込むのは、紳士の務めです。」
ドイツ人には「海に飛び込むのは、規則となっています。」
日本人には「皆さんそうなさっています。」

無人島に漂着した時
無人島に男二人、女一人で漂着した時、
アメリカ人は、女性をめぐって男二人がただちに決闘を始める。
イタリア人は、男二人が話し合って女性をシェアする。
イギリス人は、誰も相手を紹介してくれないので話をしない。
日本人は、本社にメールして指示を仰ぐ。

|

« 魅せてくれるか 阪神大賞典ほか | Main | 頑張れサチノスイーティー・高松宮記念 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/14303731

Listed below are links to weblogs that reference 雲國齊世録(21) 国情ジョーク3題:

« 魅せてくれるか 阪神大賞典ほか | Main | 頑張れサチノスイーティー・高松宮記念 »