« March 2007 | Main | May 2007 »

April 30, 2007

雲國齊世録(31)「甘え」の構造

国立大の交付金削減
国立大に国から出される交付金が年々削減される一方で、競争的な研究費は年々増額されている。このことに対し、研究主体でなく、「教育」主体の大学人から異議が出されているようだ。その論調は「教育」主体の大学は「退場」するしかないということのようだ。
しかし教育に関するコストは授業料という形で学生から取ればよいはずで、異議を唱えるならば授業料の設定が自由にならないことに対し意見を言うべきだろう。授業では賄いきれない部分を単に税金に求めることは納税者の理解を得ないと行い難いのではないだろうか。大学人が言うように「教育」に効果があるのならば教育の恩恵を受け、社会で活躍している人たちからの寄付金で賄うことも考えられるのではないだろうか。卒業生が金を出す気も起こさないような教育であるとするならば、その教育に効果がなかったと判断でき、まさに「退場」していただくしかないのではないだろうか。

三セク
いわゆる「三セク」の隠れ借金が話題になっているようだ。そもそも三セクとは、官の公平性と民の効率性という両者の良さを取り入れて運営することを目的としている筈であるが、実際は両者の悪さが取り入れられていることの方が多い存在のようだ。それにしても、数千億の借金というのは凄い。
しょうもない三セクは解体の道を辿るしかないんだろう。

建設業界の体質
談合問題でいろいろ世間を騒がせている建設業界であるが、それ以上にひどいのは「やりたくないことはやらない」という体質のようだ。その業界の人と仕事の打ち合わせをしている時に、「こうしてくれ」と言うと急に切れて帰ってしまった担当者もいたという話まで聞く。ただでさえこの業界の就業人口は世界的に見ても多いと言われているんだから、ユーザーの意向を尊重するような姿勢が必要なのではないだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (5)

April 29, 2007

やっぱりサンデーサイレンス 天皇賞・春ほか

ゴールデン・ウィークが始まった。もともとは映画の稼ぎ時という意味だったようだが、いつのまにか大型連休の意味になってしまい、中国でも取り入れだしたらしい。4月始まりの多いわが国のタイムスケジュールにとってみれば、一息入れる「京都の坂」みたいなものなのかもしれない。

京都11R 第135回 天皇賞・春(GⅠ)
一口に3200メートルといっても、大逃げあったり、消耗戦あったりいろいろだが、特に前を主張する馬のいなさそうな今年はSS向きの瞬発力勝負になると予想。こうした展開を踏まえ1頭ずつみていくこととしよう。
1 マツリダゴッホ:SS産駒であるが、中距離タイプの印象。途中でどれだけ脚を溜められるかがカギになろう。その意味でこの鞍上は上手く乗ってきそうな気がする。おっと爆勝氏も◎かぁ。押さえねば(^^;;;)。(▲)
2 ファストタテヤマ:「馬がそばにいないとササる」ということだが、前走で上がり33秒台の脚を見せたのは驚き。軽視できない。(△)
3 ユメノシルシ:長く良い脚を使えるタイプかもしれないが、瞬発力勝負では一枚落ちる気がする。(切)
4 アドマイヤモナーク:ここ使って目黒記念で期待というところだろうか。(切)
5 アドマイヤタイトル:速い脚に欠ける印象があるが、鞍上がセコい競馬に徹すれば掲示板はあるかもしれない。(切)
6 メイショウサムソン:消耗戦になれば勝ち目はあるだろうが、今回瞬発力勝負を予想しているので、出番はないだろう。敢然とキルトクール候補に。(キ)
7 トウカイエリート:GⅠでは力不足という感じか。(切)
8 アイポッパー:母の父がSSということでもあり、終いを活かすスピードもありそう。ここでは中心か。(◎)
9 ウイングランツ:叩き2戦目だし、斬れる脚はありそうなのでちょっと買ってみたい。(×)
10 トウショウナイト:「長くいい脚を使える」ということだが、ティンバーカントリー産駒はダートでこそという先入観があるので。(切)
11 マイソールサウンド:「まだまだ元気」というのが取柄か。(切)
12 トウカイトリック:エルコンドルパサー産駒ゆえに瞬発力勝負にも適応できそうだが、消耗戦の方が向いてるだろう。
13 ダークメッセージ:「完成途上」とのことだが、末脚を生かす競馬で粘りこみを期待したい。(○)
14 ネヴァブション:「勢いがあり、楽しみ」とのことだが、菊花賞の悪夢が・・・。(切)
15 デルタブルース:陣営が、「スローでヨーイドンの競馬になった場合が課題」と言ってるくらいだから、消耗戦向きだろう。(切)
16 エリモエクスパイア:マーク王福永騎乗ということなので、掲示板の可能性はあるかもしれない。(切)
枠連1、4、7BOX。ワイド1-8、2-8、8-9、8-13、1-13。
キルトクールはメイショウサムソン。

その他応援馬券
東京9R 高尾特別:柴山騎乗の11ダイイチミラクルを中心に7、9とのワイドBOX。
東京10R 府中S:良血3ドリームパートナーに期待したい。
京都8R あやめ賞:6メイショウバレーヌがスピードに任せ押し切りそう。
京都9R 鴨川特別:鞍上と合いそうな2エキゾーストノートで。
京都10R 上賀茂S:暖かくなってさらに上昇期待の8セフティーステージ。
新潟10R はやぶさ賞:スピードありそうな7トップオブドーラ。
新潟11R 谷川岳S:ここは3キンシャサノキセキがスピード活かして押し切るだろう。前走3着の16マイネルハーティーにも期待したいが、枠連2-4も押さえておきたい。
新潟12R 三条特別:休み明けでもいけそうな2センターザゴールド。

| | Comments (0)

April 28, 2007

バイアリータークの逆襲 青葉賞ほか

ガイナックス取締役の赤井孝美氏と社員が、「mixi日記」に書き込んだ内容がファンに不快感を与えたとして赤井氏が取締役辞任することになったそうだ。どうもファンに対し侮蔑的な書き込みをしたことで、HPなどが「炎上」してしまったらしい。そんな話を聞くと炎上の心配のない過疎ブログもいいもんだなぁと思ってしまう(負け惜しみ・・・)。

東京11R 第14回 青葉賞(Jpn2)
18頭中16頭が父内国産馬。これじゃカブトヤマ記念が無くなってもしょうがないなぁ。とはいっても日静、武時、北味という基本系統が中心なので、2頭出してきた異系のメジロマックイーン産駒に注目したい。少し気が早いが、是非親子4代天皇賞制覇に向けて頑張ってほしいものだ。
2頭のなかでは、前に行って粘れそうな4◎ホクトスルタンを主役に。「絶好調と思えるほど状態もいい。」ということで。
6○マイネルヘンリーもこの条件を勝っているし、「出来は引き続き良い。」ならば一発も。
さらに、人気がないわりに好走している17▲マイネルアナハイムにも期待。
枠連2、3、8BOX。ワイド4、6、17BOX。
キルトクールは14オーシャンエイプス。評判の割には甘い印象。成長途上か。鞍上もトランジットでしょうし・・・。

その他応援馬券
京都9R 鷹ヶ峰特別:前に行って逃げ粘り期待の12マキシマムスピード。
京都10R 端午S:川原さんなら終いも大丈夫そうな9パルティーレ。
京都11R 朱雀S:久々を叩いて上昇期待の4ミスティックエイジ。力は上の筈。大外になったが、18アンブロワーズにも期待したい。
新潟7R 4歳上500万以下:休み明けだがPO馬9アドマイヤフッキー。
新潟10R 胎内川特別:開幕週で前行く馬が有利だろうから3セタガヤフラッグに期待。終いヘタレなけりゃいいが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

April 27, 2007

雲國齊世録(30)

ウォッカ ダービー挑戦
桜花賞2着馬ウォッカがダービーに挑戦するそうである。牝馬としては10年ぶりのことらしい。確かに桜花賞の様子をみれば、正攻法ではオークスでもスカーレットに勝てないだろうし、小細工するとベッラレイアに足元を掬われそうである。その点ダービーの方がメンバー的に楽かもしれない。いずれにせよオーナーさんは自分のところで繁殖にするんだろうから、ダービーに出ても価値は下がらない。「親子制覇」の夢も叶うとあらばなおさらだろう。

安部総理1泊2日で訪米
安部総理が1泊2日の日程で訪米するそうである。1泊2日で何ができるかという声もあるそうだが、短期間だってできることはできるだろう。(同行記者団がゆっくりできないからという説もあるようだが・・・)
それ以上に問題となりそうなのは、いわゆる従軍慰安婦問題に関し釈明や謝罪を繰り返すかどうかということのようだ。面白い議論だと思ったのは「謝罪」というのは相手が「許す」から謝罪するのであって、絶対「許さない」相手に謝罪しても意味がないという意見である。

「あるある」疑惑は1年前から本に
捏造問題で打ち切りとなった「あるある大事典」だが、1年も前からその内容を疑問視する本が出版されていたそうだ。視聴のカギは「ほんのちょっとした知識」だそうだ。件の「納豆ダイエット」も納豆の原料の大豆から油を取っているということを思い出せばすぐわかるだろうということらしい。
「うまい金儲けの話はない」と誰も思うように、「うまいダイエットの話もない」ということなんだろう。地道な努力しかないのである。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

April 23, 2007

行ってきました13R

府中のメインは13Rジョッキーマスターズ(芝1600m)。
13r0
華やいだムードの中でも
普段のレースとは違い和気藹々のムード。
13r01

しっかり整列してから、
13r1


パドックで周回。
13r2

誘導馬には意外な面々も。

13r3


なんとスターターも柴田師が正面で旗振り。GⅠファンファーレで場内も盛り上がる。
13r4


結果は河内のおっさんが渋く差し切る。
13r5


今回も知人のオーナーさんのご好意で良い席で見せてもらいました。
オーナーさんに感謝です。
Bns1
Bns2_1

お約束・・・。
Yakusok
Fchu1

| | Comments (0) | TrackBack (4)

April 22, 2007

13レースに注目 フローラSほか

府中の新スタンド完成を祝ってかつてのダービー、オークスジョッキーがエキシビションレースを行うという。本番のレース以上にどのような展開になるか楽しみである。ネクタイ締めて応援に行く予定にしている。

東京11R 第42回 フローラS(JpnⅡ)
桜花賞で上位2頭の強さを見せられてしまうと、ここでどれだけのメンバーが出てくるかが本番の興味の一つとも言えそうな一戦。となると大器2ベッラレイアに期待ということではあるが、父のことを考えると菊花賞は取ったものの、その後運に恵まれなかった印象。この馬も父のそうした「悲運」を受け継いでいるようで除外、除外の連続だった。出られるとなれば抜群のパフォーマンスを見せてくれるだろう。ということで◎に。相手は、例年だったら、当然桜花賞に出られたであろうフラワーC2着の6○ホクレレ。横典への乗り代わりも向くんだろう。
コースは違うものの同じ距離のミモザ賞組は注目しておきたいことから、3▲ミンティエアーも押さえておきたい。
枠連1、2、3BOX。三連複2-3-6。
キルトクールは10イクスキューズ。血統的に千八までだろうし、別にここ出さなくとも本番は出られるとあれば勝負ががりとは思いにくい。

京都11R 第12回 アンタレスS(GⅢ)
馬場の状態によって走るかどうかが決まる16クーリンガーの存在が予想を難しくしている。要はパワー型で時計の掛かる馬場だと激走するし、そうでないと凡走。今回さほど人気していないところを見るとこの馬向きの馬場でないということだろうか。
となると、マーチSを制した3◎クワイエットデイの連勝に期待が持てるということだろう。「年をとっても集中力が落ちないのがSS産駒のええとこ。以前は替えなかった手前を上手に替えてる」ということのようで、まさに遅咲きということかもしれない。相手は10○メイショウトウコン。「長距離輸送がアカン」ということのようなので地元のレースなら平安Sの再現もあるだろう。
あとはマーチS上位組から拾っていきたいが15トーセンブライトは『大外の藤田は切り』の原則から言ってキツそうなので、5着の13▲カイトヒルウインドで。
枠連2、5、7BOX。ワイド3、10、13BOX。
キルトクールは4キクノアロー。人気しているが、クーリンガーと同じようなタイプとみて。

応援馬券
東京9R 金峰山特別:前走2着の3ダイイチアトム。相手は1枠両頭。
東京10R フジビュースタンドS:1ハロン延びてよさそうな2ブリュネル。
京都9R 紫野特別:ここ2走安定している8マルブツライト。
京都10R 橘S:ファルコンS4着の2ダノンムローがこの相手なら。
福島10R 文知摺特別:前走2着の6デュークタイフーン。
福島11R 奥の細道特別:福島2勝の8タニノディキディキ。

| | Comments (2)

April 21, 2007

今日は控えめに 福島牝馬Sほか

最近マンションのDMがよく来るが、「邸内モデルルーム堂々完成」というフレーズのものが多い。何のことはない、単に売れ残っただけってことだろう。バブルの時と違ってマンションにも「勝ち組」、「負け組」がはっきりしているようだ。かといって値段を下げると高く買った人たちから損害賠償の訴訟を起こされる可能性もあり、なかなか難しいようだ。

福島11R 第4回 福島牝馬S(GⅢ)
福島記念はGがつかないようだが、こちらは堂々GⅢレース。別定戦とはいえ、格下馬でもチャンスはあるということで、福島2勝の11◎ジョリーノエルに期待したい。相手は実績上位13○コスモマーベラス。最優秀2歳牝馬5▲テイエムプリキュアもそろそろ浮上はないだろうか。

東京9R 新緑賞:クラスで堅実な4サンアイブライトで。
東京10R 青梅特別:前走大敗で人気落としそうな6トーセンマンボに期待。
東京11R グランドオープン記念:府中4勝の13コスモプロデュースが大外からマクって。相手は府中2着8回の11ルーベンスメモリーで。
京都9R ムーニーバレーRC賞:毎日杯6着の6メトロシュタインが自己条件なら。
京都10R メルボルンT:勝ち方を知っている武様で5ロックスピリッツか。
京都11R オーストラリアT:大阪杯4着の1タガノデンジャラスで。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

April 19, 2007

雲國齊世録(29)マスコミの話題

長崎市長狙撃と「犯行声明」
長崎市長が暴力団員に狙撃され死亡した事件は選挙のさなかということもあり、衝撃的なものであった。この件に関しテレビ朝日に犯人から「犯行声明」が届いたと得意気に報道したのは良いが、「犯行声明が届いたならなぜ事前に警察に知らせなかったのか」という抗議が殺到してあわてて「犯行を仄めかす記述はなかった」とか、いろいろ弁明に努めているようだ。(あげくには「郵便物」と無機的な表現になっている。)
まぁ国民の反応というのは正鵠を得ているということなんだろう。

宮崎県知事と定例会見
宮崎県知事が定例記者会見不要論とぶち、記者クラブと揉めたそうだ。知事が「記者会見の内容を逐一報道してくれるか」ということに対し、クラブから「それは編集権の問題で稚拙な発言」と応じたようだ。そもそも、知事記者会見の内容は県庁のHPなどで逐一記載されるものではないのだろうか。新聞がどれを書くかはそれこそ編集権の問題なんだろう。知事は「良い議論ができた」とご満悦のようだったらしいが、定例会見で何も案件がないんだったら、「記者に編集権があるなら、こちらには『論評権』がある」とか言って報道内容についての意見を言ったら良いのではないか。

「みのぽんた」氏からのメール
みのぽんたという人からメールがきた。ネーミングに笑って思わず中味を読んでしまったが、単なる出会い系サイトの広告メールだった。どうせなら、文章も「朝ズバッ!」とか練ったものにしてほしかった。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 17, 2007

雲國齊世録(28)

正蔵申告漏れ
林家正蔵が襲名披露のご祝儀の申告漏れで修正申告したそうだ。おそらく、祝儀は祝儀で「所得」との認識はなかったということなんだろうが、それにしても、結構な金額で流石は「正蔵」ということなんだろうか。父に「どうもすいません」と謝るというオチもついていたが・・・。

専大北上高野球部解散
裏金問題に端を発し、学生野球憲章に触れる特待生制度などが明らかになった専大北上高野球部が解散となった。野球はサッカーなどと違い、プロとアマの垣根が高すぎる気がする一方で、全国から生徒を集めて甲子園を目指すというプロまがいの行為が行われるというのもなんか変だ。いっそのこと、プロをアマの垣根をなくして、小さい段階から育成するクラブシステムを導入したらどうなんだろうか。

シャワートイレから発火
TOTOのシャワートイレの一部製品から、火が出るという。我が家も使用しているので思わず形式をチェックしてしまった(大丈夫だったが)。
原因は中国の工場が本社に無断で質の悪い中国製品を使ったことにあるらしい。ここでもチャイナ・クライシスか。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 15, 2007

サムソンを捜せ 皐月賞ほか

大阪市で本当は大卒なのに、偽って高卒区分の職に採用された職員が多数いるという。ゴミ収集とか給食補助といった職種のようで、そもそもそういう職種をペーパーテスト選ぼうとするからそういうことになるのではないだろうか。実際に職種に関連した業務をやらせてみて試験する方が適しているような気がする。尤も、その背景はいろいろあるのかもしれないが・・・。

中山11R第67回 皐月賞(Jpn1)
昨年のサムソン・ドリームのような「強いけど人気のない馬」を見つけることが高配当への道ということになる。「速い馬が勝つ」といわれるものの、サニーブライアンのように逃げ切るのは難しいだろうから、終いの速そうな馬を狙ういうことになろう。また、トライアルの中ではスプリングSのレベルがかなり低かった。こうしたことを踏まえ1頭ずつみていくこととしよう。
1 フサイチホウオー:「もうひとつ上のギアがありそう」ということで、これが本番で出てくれば圧勝もありそうだが、「直線が短いから不安もある」という面もあるし、あまり皐月賞に力を入れない厩舎ということも気になり絶対視はできない。(▲)
2 ローレルゲレイロ:人気はあまりないようだが、これまで馬券域を外したことがないという堅実さは「買い」。藤田も1回乗っているし、内枠ならば追えるだろう。といって勝つことはなさそうなので、2着狙いで。(○)
3 マイネルシーガル:スプリングS組ということだけで「切り」だが、フライングアップルより下という力関係がはっきりしていて。(切)
4 ブラックシャンツェ:抽選滑り込みというのは注目因子かもしれないが、総合力に劣る印象で。まぁ、夏越して更に成長すれば菊花賞では良いかもしれないが。(切)
5 フェラーリピサ:スプリングS組だが、「前走はイラついてレース前に終わってしまった」ということなので、実力を発揮できれば巻き返しもあり得るということになるし、決して単なるダート馬ではない気もするのでチェックはしておきたい。(×)
6 ドリームジャーニー:「後ろから行って直線に賭ける」という競馬が良いのかどうかは別にして、朝日杯の勝ち馬だし、前走も若干不利があっての3着ということならば巻き返しも期待できよう。堂々本命に。(◎)
7 サンライズマックス:ステゴ産駒を本命とする以上、同じステゴ産駒は無視できず。(×)
8 ナムラマース:強い馬であることは間違いないが、鞍上がどうなんだろうか?ちと不安があり、キルトクールか。(キ)
9 サンツェッペリン:「速い脚はないけど、持久力はある。主張すれば行けるでしょう」と逃げ宣言。バランスオブゲームのような馬なんだろう。単勝100円買っておくか。(?)
10 メイショウレガーロ:セコく4着に突っ込んできてダービーの出走権をゲットしそうな予感。(切)
11 ニュービギニング:『ディープインパクトの半弟』というだけで種牡馬入りできそうなので、あとはよしなに。(切)
12 アサクサキングス:これもサンツェッペリンのような戦法を取らないと勝ち目はないだろう。しかし穴人気しているようなので。(切)
13 モチ:前走でスピード不足を露呈してしまった。いくら最終週とはいえ・・・。(切)
14 エーシンピーシー:スプリングS組なので。(切)
15 アドマイヤオーラ:この馬にとっては、三冠レースの中ではここが一番のチャンスであることは間違いない。しかし、桜花賞馬とちょぼちょぼのレースをしているようじゃなぁ。『桜花賞馬が強い』ということかもしれんが。でも鞍上込みで無視はできないので。(△)
16 フライングアップル:スプリングS組だし、計画的な仕上げのできない(その割に人気になる)厩舎だし、お奨めできない。尤も馬単2着付けならありかもしれないが・・・。(切)
17 ヴィクトリー:鞍上カッチーというだけで切ってしまうのは乱暴だろうか。調教も今イチのようだし。(切)
18 ココナッツパンチ:この枠に関して陣営が「コメントのしようがないなあ。1コーナーに入るまでにうまく運んでくれればいいけれど…」と弱気なのが気になるが、勢いはありそうなので。(△)
枠連1-3。複勝2、5、7、9。単勝6、9。ワイド1-2、2-6、2-15、2-18。三連複1-6-15-18BOX、1-2-6。
キルトクールはナムラマース。

応援馬券
中山8R 桜草特別:前走2着に来た9テイクザホークで。
中山10R 卯月S:ここは9マシュリクが中心でしょう。中山1600mだから、1-5、2-5と内枠に流すか・・・。
中山12R 総武S:ストラディバリオ、ジュレップあたりが人気しそうだが、叩き3走めの11シンメイレグルスがそろそろか。
阪神11R 淀屋橋S:京阪電車の始発だから仁川よりも淀のレースで使った方が良いと思うのだが、それはそれとして、良血8フィレンツェに期待。相手は9コレデイイノダ。
福島11R ラジオ福島賞:外差し決まりそうなので、12ナイトレセプションで。

| | Comments (1) | TrackBack (8)

April 14, 2007

やっぱカラジでしょう 中山グランドジャンプほか

中国の首相が来ているせいかあちこちに機動隊の姿が目立つ。イラクでかなり厳重なはずの国会の中でいとも易々と自爆テロが行われるのを見るにつけ、「何もなくて当たり前」という状況を作っているわが国の警備警察の威力は凄いと感じる。

中山11R 第9回中山グランドジャンプ
9カラジの3連覇なるかが焦点。「デキは文句をつけられないほど」ということだし、このレースに照準を合わせて調整しているというくらいだから、陣営の力の入れようも違うということだろう。ここは迷わず◎に。相手は中山実績のある馬から選びたい。となると中山3勝の13○リワードプレザン。グランドジャンプは初めてだが菊花賞馬の仔だから距離は大丈夫だろう。昨年の大障害3着の5▲アグネスハット。
枠連3-5、3-7、5-7。
穴馬としてはリデルの回転ムチに期待したい14リアルトニック。
キルトクールは一応4メルシーエイタイムにしておきましょう。

阪神11R第38回 マイラーズC(GⅡ)
安田記念、ヴィクトリアマイルを見据えたメンバーが揃った印象。「抑える競馬も板に付いてきて、ハナを切っても走りに余裕がある」という陣営の自信が示すように自在性が板についた印象の5◎ローエングリンの再度の好走に期待したい。この馬が引っ張るとなるとヌボっとしたペースになりそうで、13○イースターの突っ込みがありそう。さらに阪神3勝の1▲サクラメガワンダーにも期待。
枠連1-3、1-7、3-7。
キルトクールは6スイープトウショウ。陣営の「レースでどうなるかはわからんよ。まだこっちやから、マシとは思うけど」というコメントが気になる。

応援馬券
中山9R 山藤賞:このメンバーなら9キングオブロマネでなんとかなるだろう。
中山10R 京葉S:ダートもそこそこ走れる13サチノスイーティー。
中山12R 鹿島特別:昇級戦だが12ルルドウォーターに期待。
阪神9R れんげ賞:稔さんに代わって手が合いそうな福島2歳S2着馬4アルシラート。鞍上強化の12クインズプレイヤーにもコソっと期待。
阪神10R 陽春S:ナトゥーアは「1ハロン長い」ということなので、前走2着の6ワキノカイザーか。武様サンライズレクサスとの6-13で大丈夫そう。
福島11R 渡利特別:ここでは力上位の2エドノドリーム。

| | Comments (0) | TrackBack (7)

April 13, 2007

雲國齊世録(27)「裏」の話題

プロ野球裏金問題
西武に続いて横浜も「裏」契約金があったことが明らかになった。プロなんだから、年俸でいくらでも取ればよいものを、年俸を抑えておいて、裏でいろいろ金が動くというのはどう考えても最初の時点で金を出さなければならない事情があると受け取られてもしょうがない。今回も母校の監督に金が渡ったという疑惑が報じられているようだが、真相の解明が待たれるところだ。

重慶再開発居直り者の怪
中国の重慶で都市再開発に抵抗して1軒だけ取り残された飲食店の話題はビジュアル的にも印象的であたが、どうもあの飲食店の主人は中国の「裏社会」とつながりがあるということのようだ。そうでなければ、有無を言わせずに取り壊されているらしい。まだまだ中国は「人治国家」ということなんだろう。

こちらは裏なし 松坂×イチロー対決
大リーグで松坂×イチロー対決が実現し、ボストン・フェンウェイパークは史上2番目の大入りとなったそうだ。表裏ない真っ向対決にファンならずとも酔いしれたらしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 12, 2007

弥生賞組中心か 皐月賞

クラシック第一弾皐月賞である。
人気になりそうなフサイチはどうも中山向きでなさそうなので、弥生賞組が中心か。
週末までよく考えたい。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

April 09, 2007

雲國齊世録(26)

石原選対本部長に元警察官僚
都知事選は現職の石原氏が当選した。石原氏の選対本部長に元警察官僚の佐々淳行氏が就任していたとは知らなかった。「安心・安全」を謳い文句の一つにしたということもさることながら、今後、「都政の私物化」疑惑をなんとかしようという思惑があるのかもしれない。しかし、浅野氏陣営にも胡散臭い人たちが群がっていたようであり、どっちもどっちといったところか。

従軍慰安婦問題
いわゆる従軍慰安婦問題が米国の議会で取り上げられているようだ。しかし今までのところいろいろ捜しても軍が強制的に連行したという記録は見つかっていないそうだ。韓国の人にしても「連れてかれた」と主張して裁判を起こしている人はいるものの、その明白な証拠となるようなものは出てきていないという。ここまで、隠滅でき得るものなのだろうか? 疑問は残るところである。しかしながら、軍の施設の近隣に慰安所が存在したことは事実で、そこに自分の意思に拘らず行かされた人がいたことも事実のようであり、今後の調査の進展を待ちたいところではある。連行には軍の関与というよりも家族の関与があったと見るのが自然な気がするが・・・。

中国首脳訪日
中国首脳が久しぶりに訪日するそうだ。小泉前総理が靖国訪問を公言していたのに対し、安部総理は「個人的なことは言わない」として、前任者とはスタンスが違うというサインを送ったことへの対応として、総理就任後の訪中が実現したことは記憶に新しいが、その答礼としての訪日ということだろう。訪日をきっかけとして「政冷経熱」という状況が変わることを期待したい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 08, 2007

見るレース 桜花賞ほか

どうも馬券の調子が悪い。塗り間違いのショック覚めやらずということなんだろうか・・・。

阪神11R  第67回 桜花賞(JpnI)
「3強ムード」というのが大方の見方であるが、コース改修後も相変わらず外枠不利が続いている。一方で、1、2番人気の馬は「差して届かず」という場合を除き、ほとんど崩れていないようだ。3強のうちの1頭を「キルトクール」として、紐穴を狙うという戦略しか穴党の妙味はないということになるが、そうした視点を踏まえ1頭ずつみていくこととしよう。
1 ショウナンタレント:会長先生はどうもプレッシャーに弱いようで。(切)
2 アポロティアラ:距離の限界があるようだ。1600mは長いだろう。(切)
3 カタマチボタン:「相手なり」に走るという印象がある。内枠に入ったし、終い追えるJKなので3着はあるかも。(×)
4 クーヴェルチュール:「スタートがいい馬」というのが魅力かもしれないが、この馬も1600mは長いだろう。(切)
5 レインダンス:名前とは裏腹に「雨さえ降らなければ」というのは面白い。前走のように、勝負がついてから突っ込んでくるという可能性はあるかも。(×)
6 ローブデコルテ:阪神JFでも4着にきているし、強豪をマークしながらセコく突っ込んでくるという競馬をすれば馬券になりそう。(×)
7 イクスキューズ:「中間は熱発があって休ませたけど、今はその影響はない」ということではあるが、あまり計画的に馬を作る厩舎ではないので、買うに気はならない。(切)
8 ピンクカメオ:ブラックホークの下というのが魅力。大舞台に強いかもしれない。(×)
9 アマノチェリーラン:前走で激走してしまったので、おつりはなさそう。(切)
10 ハギノルチェーレ:典型的な「メジャー馬」という印象。掲示板に乗るかどうかだろう。(切)
11 ニシノチャーミー:「右手前の時はスムーズだが、左手前だと真っ直ぐに走れない」ということで、失明の影響はかなりあるんだろう。(切)
12 カノヤザクラ:距離もさることながら、坂で止まるだろう。(切)
13 フローラルカーヴ:ここで経験を積み、オークスでの活躍を期待したい。
14 ウオッカ:「現時点ではシーザリオより上」ということだし、あまり逆らう理由もなさそう。(◎)
15 アストンマーチャン:「体つきはスプリンターだと思います。でも、絶対能力が高いので距離をこなしています」というこのようだ。確かに阪神JFで2着になっているから、距離がダメとは言わないが、3強の中では一番不安要素が高いことは事実。ここはキルトクールに。(キ)
16 ベリーベリナイス:「いいスピードを持っている」ということだが、休み明けで勝てるほど甘くはないだろう。(切)
17 エミーズスマイル:盛岡で負けているボスアミーゴが通用しなかったところをみると、ここでは苦しいか。(切)
18 ダイワスカーレット:「ウオッカは相当強いね。力でねじ伏せられるような感じだった。ある程度時計を出しておかないと勝てない」ということだが、ウオッカに勝たせておいてダービーに出走させてオークス取りを狙うというのも一つの方法かもしれない。(○)
ということで、馬連14-18。三連複14、18-3、5、6、8。
キルトクールはアストンマーチャン。

阪神9R 忘れな草賞
本番よりもこちらの方が面白いかもしれない。中心はマルカシェンクの下1◎ザレマ。阪神も向いているようだし、オークスに向け立て直しを期待したいところ。相手はフィリーズレビュー4着の12○ヒカルアモーレ。さらに、平坦向きかもしれないが、延びて良さそうな14△ツルマルオジョウと一発ありそうな4△エーシンサーフィンにも注目。

応援馬券
中山7R 4歳以上500万下:クラス安定株の7トーセンクルーズか。南関のジョッキーを乗せる10ナスノハツカゼにも注目。
中山11R エイプリルS:6マチカネオーラが不動の中心かもしれないが、注目したいのは中央に転厩してきた3ボンネビルレコード。JBCでの激走が記憶に新しい。
中山12R 4歳以上1600万下:準オープンの平場競走なんて珍しいなぁ。それだけ、このクラスに滞留する馬が増えているということなんだろう。交流帰りの7ペディクラリスに期待。
福島11R 福島民報杯:中舘騎乗の1ダイワパッション、バクシンオー産駒5ニシノシタン、連勝の勢いに注目したい6メジロシリング、オーナーさんは来ないと思うが3走前くらい走ればの16タニノマティーニの4頭に注目。あとはオッズをみて組み合わせを考えたい。

| | Comments (0) | TrackBack (9)

April 07, 2007

本番とは別 NZTほか

関西TVの捏造問題をはじめ、TBSでも出演者がケガを負ったにもかかわらず当該番組をOAした問題が明らかになっている。放送というのはいわゆる「許認可業界」であるわけで、行政処分も含めた厳しい対応を迫られても仕方がない状況に自ら追い込んでしまっている。「言論の自由」を主張するなら、厳しく身を処する姿勢が必要だろう。

中山11R 第25回 NZT(JpnⅡ)
NHKマイルCのトライアルであり、それなりに一番人気馬は健闘しているようであるが、本番では通用しようもない馬が大穴をかましてくれることもある重賞。その要素の一つとして中山芝1600mは内枠が断然有利というコース特性もあるんだろう。今回有力馬が外にいってしまったことも紐荒れの予感を感じさせる。5◎ハロースピードのスピードに期待したい。桜花賞出走はかなわなかったものの、1分33秒台の持ち時計は秀逸。相手は内枠を活かし前に行って粘りそうな2○グレイトフルタイム。さらに、外は少し減点材料も「心肺機能の高さ」が売りの13▲スズカコーズウェイ。枠連1-3、1-7、3-7。
キルトクールは7シャドウストライプ。初芝の不安はなさそうだが、バクシンオー産駒だけに坂で止まるのでは。

阪神11R 第50回 阪神牝馬S(GⅡ)
こっちは国際競走だからGⅡ。国際経験もある5◎ディアデラノビア、3アサヒライジングが中心だろう。ただ、アサヒは休み明けとはいえ前走負けすぎ。原因が馬場だけなんだろうか?そこで、ダート馬かもしれないが、かつてのPO馬7シールビーバック、公営の騎手と手が合いそうな4ピクシーダストにディアデラノビアからワイドで流したい。
ワイド4-5、5-7。
キルトクールは2アグネスラズベリ。開催進んだ芝コースは向かないのでは。

応援馬券
中山9R 千葉日報杯:ワイド1-8、枠連1-6で堅そう。
中山10R 湾岸S:差して届かずの危険も無きにしも非ずだが、武様を信じて4ファイトクラブか。
阪神9R アザレア賞:ダービーに向けて立て直しを図りたい7ナタラージャ、8オーシャンエイプスの両頭だが、ちょっと人気しすぎだろう。段々良くなってきている印象の9タマモモダンタイムに期待。7-8のワイドも。
阪神10R 大阪-ハンブルクC:目黒記念で4着に粘った13サザンツイスターが鮫島なら。枠連1-8も。
福島10R 雪うさぎ賞:福島巧者中舘騎乗の1ワンダーフルーツで大丈夫そうだが、前に行きたい馬が多く先行激化で終いタレそう。となると末脚ありそうな11デザフィオの方が良いか。枠連1-6も。
福島11R 吾妻小富士賞:ここは捻って、久々でも福島2勝している11ダイワブレスイングの一発に期待。

| | Comments (2)

April 04, 2007

かかってきました「オレオレ詐欺」

家内が家にいるとき、突然電話のベルが鳴り、
「オレだけど」
(我が家は自分のことを朕と呼ぶので、ハハ~ンこれがそうかとピーンときたらしい。)
「オレって、どちら様ですか?」と聞いたら、すかさず
「息子の声もわかんないのかよぉ!」とのお返事だったので、
「ウチには息子いなんだけど」と答えたら、
ガチャンと切れたらしい。

以前、「東京国税局なんだら部門の××」という電話がかかってきたことがあったので、
後で連絡すると言って東京国税局に「なんだら部門の××」って人物はいるかと問い合わせたら、△△税務署と○○税務署にその名前の人物はいるが、局にはいないという返事だった。「税務署の人間が国税局って名乗るか?」と聞いたら「普通は名乗らない」とのことで「本当に用があればまたかけると思うのでお待ちください」とのことだったが、その後2年経つが電話はかかってこない。
まぁ、この手の電話があればまたブログに書き込んで注意喚起の一助としたい。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

April 01, 2007

雲國齊世録(25)東京の話題

都知事選佳境に
都知事選挙投票まであと1週間。佳境に入っている。いわゆる有力四氏の基礎票はA氏200万、B氏130万、C氏40万、D氏10万というところらしい。これに今後上下しそうな票がA氏+100万・-50万、B氏+50万・-20万、C氏±10万、D氏+40万・-5万という状況のようで、要はA氏が目減りをいかに減らせるか、B氏がいかに積み上げられるかで勝敗が決まるということのようである。

六本木に新名所
六本木の防衛庁跡地にミッドタウンが開業し、新しい名所となった。一泊200万のホテルとか家賃250万のマンションとかバブル再来を思わせるような状況だが、このせいで、二つのヒルズの客足が落ちて却って狙い目かも。新し物好きの性格ゆえ、一度は行ってみたいと思っている。

地価上昇
都心の地価が急上昇しているそうだ。しかしバブルの時と異なり全体的に上昇しているわけではなく、ピンポイントで上昇し、勝ち組負け組みがはっきりしているそうだ。一方、アメリカでは家を購入するために高利で借金をし、それが返せずにホームレスになる人が続出しているそうだ。日本でそんなことがあれば「国がなんとかしろ」という声があがりそうだが、「自業自得」という雰囲気が強いともいう。この辺が彼我の違いということだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

宝塚への道 大阪杯 ほか

ニフがいつのまにかバージョンアップをしたとかで、メールが全く読めなくなり往生してしまった。ヘルプデスクに連絡して電話口で10分待ったあげくいろいろ対応をしてなんとか読めたが、これからも読めると言う保証はなさそう。どうも、この会社やることなすこと裏目に出ている印象で、新規の顧客がつかない上に既存ユーザーを怒らせて逃げられるということの繰り返しのようだ。

阪神11R 第51回 大阪杯
2冠馬3メイショウサムソンがここから始動。実力的には良いのだろうが、ここは叩き台。単勝1倍台なんていう馬券を買うことはないだろう。10◎シャドウゲイトに期待したい。代役安藤光騎手とも合いそうだし、「中間は順調に来ているし、状態面も問題ない」ということのようで金杯に続く重賞制覇も夢ではない。相手は2○タガノデンジャラスを抜擢したい。前走終い33秒台の脚で突っ込んできた。ここも岩田騎乗で。
10の単複、2の複勝、枠連2-8、ワイド2-10。あとはオッズをみて適宜追加か。
キルトクールは3メイショウサムソン。1倍台では切りたくなる。

中山11R 第39回 ダービー卿CT
須田ホーク氏のコメントによれば「前走もマイル戦の馬が強い。」のだそうだ。となるとまず俎上にあげなければならないのが東風Sの掲示板組3頭インセンティブガイ、ブラックカフェ、ニシノデュー。このうち前に行きたいニシノデューは大外というのが難点だろう。8インセンティブガイは「中山は相性いいし、ここにきて状態がグングンよくなっている。楽しみ」ということなので◎。11○ブラックカフェはSS産駒にしては斬れ不足という印象だが、好位置につければ柴山がなんとかするだろう。さらに、ディープのパートナーを勤めた10▲ピカレスクコートにも期待したい。
枠連5-6、6-6。ワイド8、10、11BOX。三連複8-10-11。
キルトクールは9グレイトジャーニー。昨年の覇者ではあるが、今年はどうか。鞍上が不気味ではあるが・・・。

中山9R ミモザ賞
オークスに向けての別路線ということだが、牡馬に混じって善戦している4◎スマートカスタムと9サンアイブライトが上位だろう。スピードありそうな1センギョウシュフも人気なければ妙味。

応援馬券
中山10R 春風S:調教良さそうな11アイアムアドーターが鞍上に南関御神本を迎えて。
阪神9R 明石特別:クラス通用しそうな4ペガサスファイト。相手は3アースクリスハーン。
阪神10R マーガレットS:9ルミナスハーバーが人気しそうだが、前に行って粘りそうな10ライトグランデュアに期待。
福島11R 中央TV杯:15ラブハートがスピード活かして。
福島12R 大内宿特別:人気になるだろうが、10ケイアイスカイが行ききるだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (5)

« March 2007 | Main | May 2007 »