« バイアリータークの逆襲 青葉賞ほか | Main | 雲國齊世録(31)「甘え」の構造 »

April 29, 2007

やっぱりサンデーサイレンス 天皇賞・春ほか

ゴールデン・ウィークが始まった。もともとは映画の稼ぎ時という意味だったようだが、いつのまにか大型連休の意味になってしまい、中国でも取り入れだしたらしい。4月始まりの多いわが国のタイムスケジュールにとってみれば、一息入れる「京都の坂」みたいなものなのかもしれない。

京都11R 第135回 天皇賞・春(GⅠ)
一口に3200メートルといっても、大逃げあったり、消耗戦あったりいろいろだが、特に前を主張する馬のいなさそうな今年はSS向きの瞬発力勝負になると予想。こうした展開を踏まえ1頭ずつみていくこととしよう。
1 マツリダゴッホ:SS産駒であるが、中距離タイプの印象。途中でどれだけ脚を溜められるかがカギになろう。その意味でこの鞍上は上手く乗ってきそうな気がする。おっと爆勝氏も◎かぁ。押さえねば(^^;;;)。(▲)
2 ファストタテヤマ:「馬がそばにいないとササる」ということだが、前走で上がり33秒台の脚を見せたのは驚き。軽視できない。(△)
3 ユメノシルシ:長く良い脚を使えるタイプかもしれないが、瞬発力勝負では一枚落ちる気がする。(切)
4 アドマイヤモナーク:ここ使って目黒記念で期待というところだろうか。(切)
5 アドマイヤタイトル:速い脚に欠ける印象があるが、鞍上がセコい競馬に徹すれば掲示板はあるかもしれない。(切)
6 メイショウサムソン:消耗戦になれば勝ち目はあるだろうが、今回瞬発力勝負を予想しているので、出番はないだろう。敢然とキルトクール候補に。(キ)
7 トウカイエリート:GⅠでは力不足という感じか。(切)
8 アイポッパー:母の父がSSということでもあり、終いを活かすスピードもありそう。ここでは中心か。(◎)
9 ウイングランツ:叩き2戦目だし、斬れる脚はありそうなのでちょっと買ってみたい。(×)
10 トウショウナイト:「長くいい脚を使える」ということだが、ティンバーカントリー産駒はダートでこそという先入観があるので。(切)
11 マイソールサウンド:「まだまだ元気」というのが取柄か。(切)
12 トウカイトリック:エルコンドルパサー産駒ゆえに瞬発力勝負にも適応できそうだが、消耗戦の方が向いてるだろう。
13 ダークメッセージ:「完成途上」とのことだが、末脚を生かす競馬で粘りこみを期待したい。(○)
14 ネヴァブション:「勢いがあり、楽しみ」とのことだが、菊花賞の悪夢が・・・。(切)
15 デルタブルース:陣営が、「スローでヨーイドンの競馬になった場合が課題」と言ってるくらいだから、消耗戦向きだろう。(切)
16 エリモエクスパイア:マーク王福永騎乗ということなので、掲示板の可能性はあるかもしれない。(切)
枠連1、4、7BOX。ワイド1-8、2-8、8-9、8-13、1-13。
キルトクールはメイショウサムソン。

その他応援馬券
東京9R 高尾特別:柴山騎乗の11ダイイチミラクルを中心に7、9とのワイドBOX。
東京10R 府中S:良血3ドリームパートナーに期待したい。
京都8R あやめ賞:6メイショウバレーヌがスピードに任せ押し切りそう。
京都9R 鴨川特別:鞍上と合いそうな2エキゾーストノートで。
京都10R 上賀茂S:暖かくなってさらに上昇期待の8セフティーステージ。
新潟10R はやぶさ賞:スピードありそうな7トップオブドーラ。
新潟11R 谷川岳S:ここは3キンシャサノキセキがスピード活かして押し切るだろう。前走3着の16マイネルハーティーにも期待したいが、枠連2-4も押さえておきたい。
新潟12R 三条特別:休み明けでもいけそうな2センターザゴールド。

|

« バイアリータークの逆襲 青葉賞ほか | Main | 雲國齊世録(31)「甘え」の構造 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« バイアリータークの逆襲 青葉賞ほか | Main | 雲國齊世録(31)「甘え」の構造 »