« April 2007 | Main | June 2007 »

May 29, 2007

雲國齊世録(40)松岡農相自殺

自殺の背景は?
松岡農相が自殺した。現職大臣の自殺は戦後初めてとのことで、おそらく阿南陸相以来ということなんだろうが、自殺するというのはよっぽどのことがあったんだろう。自殺とは縁が薄そうな印象のある人だけに意外感もあった。
「ナントカ還元水」問題などの不明朗な政治資金管理の問題や緑資源の談合に関わっていた疑惑などが取りざたされているが、真実は藪の中ということだろう。
慶應病院もZARDと重なり大変だったろうなぁ~。

ダービーにも異変が
今回日本ダービーに皇太子殿下がいらしたが、普通なら主務大臣たる農相も同席するはずなのに、欠席していたそうだ。地元に帰っていろいろ身辺整理をしていたようなので、相当の覚悟があったのかもしれない。

農水省課長補佐、女性の胸触り逮捕
これと同じくして農水省の課長補佐が女性の胸を触り逮捕されたそうだ。
B級ネタでも騒がせてくれる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 27, 2007

ウォッカかぁ ダービー回顧

ウォッカは「横綱相撲」と言ってもいいような強さを見せた。父娘2代制覇とか、64年ぶりの牝馬制覇などいろいろな賛辞が飛び交うだろう。今後は「世界を視野に」とのことのようなので、是非頑張ってほしい。
△アサクサキングスは『セコい競馬に徹すれば着は取れるかもしれない。そういうことのできる鞍上だけに人気薄のここは妙味か』と予想したのに、複勝買わなかったのが痛恨。
アドマイヤオーラはドンガバチョ!
サンツェッペリンは『今回も前走のような競馬が出来』たが、惜しくも馬券にはならなかった。
◎フサイチホウオーは、「GOサインを出してスッと反応できる馬ではない」という欠点が出てしまったということなんだろうか?
安田記念頑張りませう。

| | Comments (0) | TrackBack (6)

トニービンの血 日本ダービー

何か「半勝ちオヤジ」というよりも「お馬系オヤジ(文字でなく読みに注目)」になりつつあるなぁ~。

東京10R 第74回 日本ダービー(JpnI)
競馬の祭典がいよいよやってきた。JRAのCMではピンクの帽子が前にきているようだし、見出しの派手な夕刊紙のトップは「ドストエフスキー」が登場。とはいえ、なんだかんだ言っても1番人気の安定感は抜群のレース。そうしたことを考えながら恒例の全頭チェックをやってみることとしよう。
1 タスカータソルテ:相手弱化すれば走るタイプのような気がする。(切)
2 ゴールドアグリ:どうも、もう少し心身の成長が必要なようだ。(切)
3 ウオッカ: 11年ぶりの牝馬参戦は評価したいし、少なくともアドマイヤオーラやドリームジャーニーのレベルにはある馬だろう。でも今となっては先週出といた方が良かったのかもしれない。(?)
4 ゴールデンダリア:「体の使い方が上手だし、トモの蹴っぱりなどもかなり強い」ということのようだし、気楽に乗れる時の会長先生は意外と強い。ちょっと期待してみた。(○)
5 トーセンマーチ:青葉賞2着ということだが、良く言えば「相手なり」悪く言えば「甘い」ということで、内パクマジックは怖いが、軽視してみたい。(切)
6 マイネルフォーグ:マイル以下の方がいいんだろう。(切)
7 フィニステール:「前走は直線で不利を受けた」ということだが、権利取りはできたというところに力があると言えるのかもしれない。一応チェック対象か。(△)
8ドリームジャーニー:ご存知2歳チャンピオン。ステイゴールド×メジロマックイーンという血統も好感持てるが、マクり決まってもホウオーには勝てないだろうし・・・。(切)
9 ヒラボクロイヤル:「障害練習を始めた」ということなので、来年の大障害あたりで期待できるかも。(切)
10 プラテアード:あまり計画的な仕上げのできない厩舎だけに、ここは軽視か。(切)
11 ナムラマース:「こんなに動くとはビックリ」という好調教だったようだ。一発あるならこんな馬だろう。(▲)
12 サンツェッペリン:皐月賞は本当に惜しかった。今回も前走のような競馬が出来れば馬券になるだろうし、そうでなきゃ惨敗だろう。(×)
13 ローレルゲレイロ:長い距離で実績を出していないので、ここでも辛いだろう。(切)
14 アドマイヤオーラ:「筋肉質な体で硬さがある」ということは勝負どころで動けない可能性があるかもしれないし、なんといっても騎乗交代のゴタゴタがあるようでは「運の良い馬」とは言えない。岩田への乗り代わりもプラスとは思えないので、キルトクール候補に。(キ)
15 フサイチホウオー:「GOサインを出してスッと反応できる馬ではない」というのが前走の敗因ということなのだろう。広い府中なら外回しても勝てるだろう。人気しすぎなのが癪ではあるが。(◎)
16 アサクサキングス:隣をマークしてセコい競馬に徹すれば着は取れるかもしれない。そういうことのできる鞍上だけに人気薄のここは妙味か。(△)
17 ヴィクトリー:なんだかんだ言ってもこの馬の取捨がカギとなるだろう。要は自分のペースで逃げて後続に脚を使わせて、長く良い脚を使えるトニービンの良さを活かして逃げ残るという展開が今回も取れるかどうか? 気になるのは、調教で「最後は止まった」ということで、二冠を取るか惨敗するかのどちらかのような気がする。(×)
18 フライングアップル:前走あまりにも負けすぎ。(切)
馬連4-15、11-15。ワイド3-15、4-15、7-15、11-15、15-16。三連複3-4-15、4-7-15、4-11-15、4-15―16、11-15―16。競輪ではないが、行った行ったになればを考えて、17の単。12-17の馬連、ワイド。12-15-17の三連複。
キルトクールはアドマイヤオーラ。

東京12R 第121回 目黒記念(JpnⅡ)
国際競走であるにもかかわらず、G格付けされていないレース。ということはメンバー構成が今一つということか。17◎トウカイトリックに期待したい。天皇賞3着は評価できるし、府中でもダイヤモンドSを制している。相手は58.5キロがどうかだが、昨年の覇者2○ポップロック。あとは3歳馬に期待して7△ローズプレステージと11△ココナッツパンチ。
枠連1-8。ワイド7-17、11-17。三連複2-7-17、2-11-17。
キルトクールは4アドマイヤタイトル。ちょっと息切れか。

応援馬券
東京8R 青嵐賞:「愚弟対決」を制しそうなのはシャイニンルビーの下8フェラーリファイブか。
東京11R 富嶽賞:チョウカイキセキの馬券が売れると踏んで、9ヘイアンルモンドが意外と美味しいかも。
中京10R 名古屋城S:7ブルーフランカーの相手捜しか。柴山騎乗の8セレスクラブあたりはどうだろうか。
中京11R 有松特別:3グッドネイバーと6メイショウジーゲンの一騎打ち。

| | Comments (0) | TrackBack (6)

May 26, 2007

今日も頑張る「半勝ちオヤジ」 金鯱賞ほか

桜花賞は○-◎、皐月賞でサンツェッペリンの単複推奨で2着、ヴィクトリアマイルでは△アサヒライジングの複推奨で2着、オークスは◎ローブデコルテで◎-△。とまぁ、さほど悪い予想ではない気がするのだが、回収率は購入額から畜産振興及び社会福祉の向上に寄与する分を差し引いた程度に留まっている。ということで、すっかり「半勝ちオヤジ」状態と自称しているのだが・・・。

中京11R 第43回 金鯱賞(GⅡ)
宝塚記念のステップとはいうものの、本番で上位に行きそうな面子ではない。やはり中京・平坦巧者を狙うのが筋だろう。その意味で中京記念を制している8◎ローゼンクロイツ。薔薇一族だし、久々といえここ目標ということだろうから、期待したい。相手はここ3戦4着というのが気にはなるが、逆に言えば堅実派ともいえそうなアンカツ騎乗の3○タガノデンジャラス。さらに、これも平坦向きの薔薇一族12▲ヴィータローザ。
枠連3、6、8BOX。ワイド3、8、12BOX。
キルトクールは11アドマイヤメイン。今回行きたい馬多そうで・・・。

応援馬券
東京11R 欅S:東京千四向きの13トーセンブライト。オフィサーは人気しそうなので、相手には堅実15トシザヘネシーと3歳馬8トロピカルライト。
東京12R 4歳上1000万下:調教良かった13デュヴァル。
中京9R 御嶽特別:叩き2走めの10トップオブツヨシ。
中京10R 白百合S:弥生賞4着、皐月賞5着、青葉賞4着というある意味凄い記録を作った7メイショウレガーロに期待。ここも一つ足りないか(^^)。

| | Comments (2) | TrackBack (8)

May 24, 2007

雲國齊世録(39)

宮崎県知事と行くソウルツアー即日完売
宮崎県知事と行くソウルツアーが即日完売となったそうだ。知事の目的はソウル-宮崎便の増便を航空会社に要望するために出張するので、それとセットで宮崎県民にソウル便を利用してもらい、実績をあげようという狙いがあるらしい。それにしても即日完売とは東国原人気も凄いもんだ。

安部総理も便乗「ハニカミ王子」人気
最年少ゴルフツアー制覇記録を更新した石川遼選手が官邸に招かれたそうだ。優勝以来、「ハニカミ王子」ということで人気急上昇のため、それにあやかろうということだろうか。体のいい参院選対策という声もあるようだ。

両陛下リンネ生誕式典にご出席
天皇皇后両陛下がスウェーデンで行われたリンネ生誕300年式典に出席されたそうだ。流石は生物学者の陛下ということだろう。たしか、ハゼの研究をされているということで、陛下が命名された新種もあるらしい。
リンネは生物分類学の泰斗で、人間自体も「ホモ・サピエンス・リンネ」というのが正式名称のはずである。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

May 22, 2007

雲國齊世録(38)&いよいよダービー

ダービー 今度はホウオーでしょう
いよいよ日本ダービー。「トライアル」の皐月賞でもそこそこだったフサイチホウオーが今度は勝つんだろう。相手は人気なさそうなゴールデンダリア(前走で終い33秒8を評価して)あたりで考えてみたい。
それよりも、金コ賞の薔薇一族の方が期待か。

ビッグ1等7本でキャリーオーバー無くなる
サッカーくじ「ビッグ」がついに1等が出て、キャリーオーバーがなくなってしまった。折角日曜に次の分を買ったのに・・・(って1口だが)。
まぁ当たればそれなりの配当がもらえるそうなので、来週の試合に期待したい。

落語家に続いて役者に「ご祝儀申告漏れ」騒動
正蔵の申告漏れ騒ぎがあったと思ったら、歌舞伎役者の勘三郎が、襲名披露のご祝儀の申告漏れがあったと報道されている。実態がどうかはわからんが、ご祝儀というのが相当なものだということは良くわかった。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

May 20, 2007

風邪と共に去りぬ オークス他

仕事をするときに、「やらない理由、できない理由」を考える人が多いという。そのような仕事の進め方というのはつまらない気がする。もっと前向きに考えることが必要だろう。

東京11R 第68回 優駿牝馬(JpnI)
以前も書いたが、本命馬回避により混戦模様となったオークス。終いヨーイドンの競馬になることもあるから、距離適性などはあまり考慮しなくともよいと思われる。一般的には桜花賞直行組が強いようだが、今年はそもそも該当馬が少ない。こうしたことを踏まえ、恒例の全頭チェックをしてみることとしよう。
1 スマートストーム:「他が行かないようなら前々の競馬になる」ということだが、自分のペースでどこまで行けるか? 行けるとしても終い粘れるか疑問で。(切)
2 ローブデコルテ:「距離は心配してない。あとはスタートだけ」というくらいスタートが課題ということのようだが、立ち遅れはこの距離でカバーできるかもしれないし、巧く出られればダイワエルシエーロのような結果も期待できるかもしれない。スティルインラブの従姉妹という血統にも期待したい。(◎)
3 マイネルーチェ:重賞に数多く出ているものの、結果を出せていない。ここでも苦しいだろう。(切)
4 ハロースピード:そうそう松岡マジックもないだろうし、どうも追って伸びないタイプのようだ。その割りにスタートも良くないので、ここではどうか。(切)
5 ミンティエアー:「本番を想定して騎手が競馬を教えてくれた」ということなので、教育効果に期待してみたい。(▲)
6 ミルクトーレル:鞍上込みで中途半端なレースになりそう。(切)
7 ベッラレイア:前走は馬の力だけで勝ったという印象。「前走のような競馬では勝てない」という状況は陣営には良くわかっているようだが、「後ろから行く人気馬は飛びやすい」というのが今年の傾向のようで注意も必要ということで印を落とした。(△)
8 ピンクカメオ:前走は内博マジックということで、そこそこ人気だろうからキルトクール指名。(キ)
9 レインダンス:「オークスの舞台は向いていると思うから楽しみ」と陣営も言っているようだが、密かに期待しているのがこの馬。頑張ってほしい。(○)
10 トウカイオスカー:穴人気しているようだが、夏越してからだろう。(切)
11 カタマチボタン:桜花賞最先着というのは売りだが、調教師がどっか行ってるようじゃなぁ。(切)
12 ラブカーナ:人馬ともに地味という印象はあるが、堅実という見方もできるし、意外と上位に行きそうな予感。(?)
13 ウィンナワルツ:陣営が「一級線とは力の差がありそうな感じ」と言っているんだから、そうなんだろう。勝ってもおかしくない血統ではあるが・・・。(切)
14 ラストベガ:文字通り「ラスト」候補の一頭か。(切)
15 アマノチェリーラン:むしろ東海Sの方が好走出来たかも・・・。(切)
16 アドマイヤスペース:鞍上がヴィクトリアマイルのような騎乗をすると波乱の目となるかもしれないが、この枠からだと辛いだろう。(切)
17 ザリーン:「距離が長くなり折り合い面が心配」ということのようだし、スピード不足の印象があり。(切)
18 ザレマ:どうも鞍上のリズムが今イチの印象。前に行って粘る競馬をしないと苦しいが、大外になったのも不運。アンちゃんのダービー並みの順位か。(切)
枠連1-3、1-4、1-5、3-5。ワイド2-5、2-9。
キルトクールはピンクカメオ。

応援馬券
東京8R カーネーションC:ここはオークス除外組ということで、10ヴィアラクテアに期待。相手は7枠か。
新潟11R 邁進特別:大外15キルシュワッサーで大丈夫だろう。枠連7-8か。

| | Comments (1) | TrackBack (7)

May 19, 2007

サカラートに逆らうな 東海S

混戦模様のオークスは後でじっくり考えるとして、中京メインをば先に・・・。普通なら、クラシックの裏などせずにさっさと土曜に移すレースなんだろうが、スポンサーの関係で日曜に置かざるを得ないレース。そういうことで、砂の一線級が集まるものの乗り代わりも多いのが特徴か。

中京11R 第24回東海TV杯東海S(G2)
馬の好調さもさることながら、キングヘイローブームに乗って5キクノアローが人気。アンカツからアンミツへの兄弟スイッチもそうは問題ないと思われているんだろう。しかし、キングヘイロー産駒はあくまでも穴馬だから妙味があるんであって、本命サイドになると逆に「危険な人気馬」に陥る公算も高い。ということで、ちょっと軽視してみたい。
本命は6◎サカラート。「ここ目標に乗り込んできた。楽しみ」ということだし、久々も気にならない。このレースだって勝っている訳だしここは期待したいところ。
相手は12○タガノサイクロン。「前走はしまいよく伸びてメドの立つ内容」ということだし、距離もなんとかなるだろう。
三番手は2▲メイショウトウコン。「爪が弱いので、今の時期の方がいい」ということだし、その中で前走重賞3着は立派。
枠連1、3、6BOX。ワイド2、6、12BOX。
キルトクールはキクノアローということで。

| | Comments (0) | TrackBack (9)

土曜競馬 TV愛知OPほか

愛知県の立てこもり事件は、SATメンバーの殉職という悲劇はあったものの犯人逮捕にこぎつけた。いつもながら、銃の使用についていろいろな意見が出ているが、これだけ銃器使用による犯罪が増えてくると「銃犯罪者は射殺あり」という原則を作らないと社会の安寧が保てないような気がする。

中京11R TV愛知OP
ペールギュントが順調だ。しかし、穴馬だから買う価値があるんであって、人気になりそうな今回は見送った方が無難。そこで注目したいのが千二は初めてとなる14ヴリル。叩き2走目は〔2,0,0,1〕という実績(のみ)が魅力。あとは開幕週ということで素軽そうな4アンバージャックと16スピニングノアール。14の単複。枠連2、7、8BOX。

応援馬券
東京10R 秩父特別:外差し無私そうな13セイウンビバーチェ。
東京11R 立夏S:東京ダート千四ならフォーティナイナー産駒ということで2ユノナゲット。中山で大敗しているだけに妙味あり。相手は12ブレイバー。
中京10R 昇竜S:勝てば連闘でダービーを使うという5ヤマカツブライアンに期待。相手は10ホワイトメロディーか。
新潟8R 早苗賞:マイペース先行で粘れそうな7フィールドウイナー。
新潟11R 八海山特別:クラス安定株の11グローバルボンバー。

| | Comments (0) | TrackBack (5)

May 18, 2007

雲國齊世録(37)&オークスまたまた波乱の予感

オークス「風邪と共に去りぬ」
オークスの大本命候補だったダイワスカーレットが感冒のため、回避となった。残念ではあるが、病気だから止むを得ない。これで、一挙に混戦模様となり、おそらくベッラレイアあたりが押し出された一番人気になるんだろうが、むしろ桜花賞組が優位とみてローブデコルテあたりに期待してみたい。

筑紫さん休養 古館さんエール、みのさん「営業」
筑紫哲哉キャスターが肺がんのため、しばらくニュース23を休養することになったそうだ。きちんと治療すれば治癒可能な状態のものということで、休養して療養に専念することは大事なことであるが、若干時間のかぶる古館キャスターが番組中でエールを送ったということのみならず、「生放送の帝王」みのもんた氏も同じく番組中エールを送ったそうだが、みのさんの場合は「その時間は空いている」と営業も忘れなかったらしい。

中国にせ「ディズニー」取り壊し
中国でディズニーキャラクターそっくりの人形などを使用していた遊園地が報道を受け、一斉に「証拠隠滅」を図っているそうだ。ディズニーはそもそも最初に作ったキャラクターの権利を奪われたという創設者の幼児体験から著作権にかなり煩い会社として有名で、無償での使用許諾もなかなか与えないということらしい。しかし、中国の遊園地側も最初は「グリム童話」などと強弁していたがアッサリと引っ込めるあたりは知的財産に関し少しは成長したということか。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

May 17, 2007

雲國齊世録(36)

丸川アナ参院選出馬
TV朝日の丸川珠代アナが参院選東京地方区から出馬することになったそうだ。東大出だし、政治番組の司会なども務め、一家言持つようになったんだろうが、いずれは良い政治家になるような気はする。ただ、いざ選挙に出るとなると本人の責任ではないようなスキャンダルが表に出てくることもあるので、注意が必要かもしれない。

家系図
無資格で家系図を作成し、逮捕された人がいる。家系図の作成は行政書士法でいう「事実証明に関する書類」に当たり、行政書士でないと業としてできないそうだ。そんなことは初めて知ったというのが本当のところ(逮捕された人もそう言っているようだ)だが、こうしたB級ニュースもいろいろなことがわかり面白い。このニュースをきっかけに法令検索サービスで行政書士法の条文を見る人も増えている気がする。

天皇陛下、皇太子の外遊に苦言
天皇陛下が、皇太子ご夫妻の外遊希望に苦言を呈したそうだ。確かに、私的な訪問であっても、相手国はそれなりに気を使うものであるので、安易に出かけるのは如何なものかということはそうなんだろうが、妃殿下のご病気のこともあるので、大目に見てもいいのかもしれない。それにしてもそんなことは直接言えば良いと思うのだが、会見で言及するということは、言ってもきかないのか、言う機会がないのかということか・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

May 16, 2007

雲國齊世録(35)

サッカーくじ販売休止
サッカーくじtoto「ビッグ」があまりの人気のため、販売休止に追い込まれたそうだ。あまり売れないことを見越してシステムを作ったため、急な需要増に追いつかなかったらしい。まぁしょうがないといえばそうなんだが、やはり6億円効果は凄いもんだと思い知らされた。

はしか大流行
はしかが大流行している。大学などでも休校に追い込まれたところがあるそうだ。予防接種の普及によりかなり減少してきたが、未接種者もかなりいる上に、接種をしても段々免疫力が低下して感染しやすくなっているということが原因らしい。
ただ、世界的に「日本ははしかの輸出国」として問題視されており、日本から多くのサーファーが訪れているマーシャル諸島でかつて日本人由来のはしかの流行があったこともあるそうだ。

ビーチバレー写真トラブル
ビジュアル系選手の人気で盛り上がっているビーチバレー協会が選手の撮影を禁止し、ファンとの間でトラブルになっているそうだ。
最近は携帯でも気楽に撮影できるから、お目当ての選手の写真を取りたいと思うのは人情だろうし、一方で、個人の人気を盛り上げておいて、他方で「肖像権」をタテに撮影禁止をしているのは納得いかないという人も多いんだろう。会場でブロマイドなどのグッズでも販売してるんだろうか?撮影禁止するからには、そうした代替手段も必要だろう。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

May 12, 2007

SSかダンブレか ヴィクトリアマイル

週末でかけるので、早めの予想と・・・

東京11R 第2回 ヴィクトリアマイル(JpnⅠ)
昨年はSS系の勝利。今年は天気が若干心配だが、SSvsダンブレという感じか。JpnⅠということもあるし、1頭ずつみていくこととしよう。
1 サヨウナラ:ダート馬だろう。「最内は嫌」と言っていることでもあるし。(切)
2 ディアデラノビア:決め手ではスイープに劣るし、根性ではカワカミより下ということなんだろう。いわゆるGⅠでは何か足りない印象。でも3着はありそうで。(▲)
3 アサヒライジング:今回は逃げ宣言。速い脚に欠ける印象なので前に行くのは正解だろうが、勝ちきるのは苦しいか。掲示板はありそう。(△)
4 コイウタ:ムラっぽい印象。買い辛い。(切)
5 フサイチパンドラ:「左回りの広いコースは合う」ということだが、調子がどうか。そこそこ人気になりそうなので、キルトクール候補に。(キ)
6 カワカミプリンセス:実質無敗馬だし、終いの一伸びもありそう。今年ブレークしているダンブレ後継キングヘイロー産駒でもあるし、軽視はできないか。(○)
7 スイープトウショウ:「1回使えばすごく良くなる」ということだし、決め手は一番。不発は心配ではあるが軸に。(◎)
8 キストゥヘヴン:どうもこのところパッとしないようで。(切)
9 スプリングドリュー:そうそう内田マジックもないだろう。(切)
10 アグネスラズベリ:千四向きか。(切)
11 ソリッドプラチナム:終い一手じゃスイープにはかなわんだろうし・・・。(切)
12 ブルーメンブラット:「相手なり」に走る馬かもしれないので、大駆けあるならこんな馬だろうが、速い脚に欠ける印象で。(切)
13 コスモマーベラス:千八の方がよさそうなので、エプソムカップで期待か。(切)
14 アドマイヤキッス:小回りなら勝ち目はあるのかもしれないが。(切)
15 サンレイジャスパー:ここもヒト桁の下のほうの着順か。(切)
16 デアリングハート:「大外の藤田は切り」が鉄則なので。(切)
17 ジョリーダンス:小回り向きなのかもしれいが、連勝の勢いは無視できない。(△)
18 ビーナスライン:マイルより1200m向きだろう。ここでは厳しいか。(切)
枠連1-3、1-4、2-4、4-8。複勝3、17。三連複2-6-7。
キルトクールはフサイチパンドラ。

| | Comments (2) | TrackBack (9)

May 11, 2007

穴狙いか 京王杯SCほか

国民投票法案が、参議院の委員会で採決され、週明けの成立が確実になったそうだ。この法案は単なる手続き法であるので、実際に改正するかどうかということとは直接関係ない。しかしながら、今までは手続きすら定められていなかったわけで、長い間の「立法の不作為」から脱却し、国民に「憲法を改正する権利」が認められたことになる。

東京11R 第52回 京王杯SC(G2)
このところ一番人気馬が苦戦しているようだし、安田記念のステップという位置づけの割には本番とは少し違うようだ。6◎マイネルスケルツィに期待したい。マイルCS4着以来、好調を長くキープしている印象だし、ここはさほど人気にならないだろうから、鞍上も気楽に乗れるだろう。前走のような33秒台の上がりを見せてくれれば勝機。相手は外からマクってきそうな17○シンボリエスケープ。力上位の9▲プリサイスマシーン。
6の単勝。17の複勝。枠連3、5、8BOX。ワイド6-9、6-17。
キルトクールは11オレハマッテルゼ。「今年はピークまではきていない」ということのようで。

応援馬券
東京9R 夏木立賞:前走良い勝ち方をした1キングタキオンの勢いに期待。
東京10R 是政特別:穴男江田照に期待し10オースミダンスインの大駆け。
京都10R 葵S:京都2勝している2エーシンビーエルが3着には。
京都11R 高瀬川S:このクラスでも通用しそうな4ノーザンキッズ。
京都12R 乙訓特別:人気なさそうな13ヤナギムシにもう一丁期待。
新潟11R 赤倉特別:前走久々も好走した4ケージーフジキセキが叩き2走目で。

| | Comments (0)

May 10, 2007

雲國齊世録(34)

サービス業の生産性
わが国は全般的に生産性の高い国と思われがちだが、実はそうではないらしい。ホワイトカラーやサービス業の生産性がかなり低いと言われている。ホワイトカラーはさておいて、サービス業については、果たしてそうかという疑問が沸く。というのは、わが国は世界に冠たる自動販売機王国であり、サービス業に関するかなりの部分に自動販売機が導入されているからである。この分を加えると生産性は更に向上するような気がする。

トヨタ最高益
トヨタ自動車が最高益を更新しているそうだ。一方で、新車が売れないという状況も続いているらしい。新車が売れない理由として、新規の家庭での高価品購入が、地デジを踏まえた、大型TVなどに流れていることと、月々の維持費が嵩むので携帯に食われているということが言われているらしい。
そうならば、カーナビを応用したワンセグ、地デジ対応の車載&取り外し自由なTV、電話を標準装備してこうした層の取り込みを考えたらどうなんだろうか。

高校野球特待生問題と「ラスプーチン」騒動
高校野球の特待生問題は全国の有力私学がほとんど巻き込まれるという事態になったが、それ以上に週刊誌などを賑わせているのが高野連の「ラスプーチン」と言われる人物の存在である。
実際その人がどうなのかは分からないので論評は避けるが、高校野球は「プロと一線を画す」ということをモットーとしてきているのであり、逆にそれで飯を食っているプロがいるという変な業態になっているのも事実のようだ。
まぁ、高校野球のように全国的に盛り上げるスポーツも世界に例がないような気もするし、いっそのこと「プロ」高校野球と「アマ」高校野球に分けてしまうのも一つの方法かもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

May 07, 2007

雲國齊世録(33)&マイルC回顧

900万馬券かぁ NHKマイルC回顧
2着のローレルゲレイロは、『勝ちはしないだろうが、「最強の1勝馬」の面目躍如のレースをしてくれるのでは。』という予想通りのレースをしてくれたが、紐が予想外というのが大方の見解だろう。
勝ったピンクカメオは、『ブラックホークの半妹というのが売りだが、「オープン大将」の予感が。』ということで切ったが、Fデピュティ産駒が勝つというのもちょっと予想外ではあるが。鞍上内田の力も大きかったということだろうか。
3着馬についてはノーコメント・・・っていうか、これもキングヘイロー産駒だったんだよね。
まぁ、人気ほど各馬に差がなかったということで、レースレベルの低い一戦だったというのが冷静な評価ということになるだろう。

フランス大統領にサルコジ氏
フランス大統領の決戦投票が行われ右派のサルコジ内相が当選した。与党系といっても従来の政策を転換し、競争主体の国家造りを提唱しているようだ。さらに自らは移民出身にもかかわらず移民を制限したりした主張が富裕層を中心に支持を集めたということのようだ。「日本嫌い」などと報道されているが、EU発足以来、欧州各国は内向きの問題を対応するということになっているようなので、日本との関係は変わらないだろう。

エキスポランド死亡事故
大阪・エキスポランドの人気ジェットコースターで死亡事故が起きた。定期点検を遅らせたり、部品交換が行われていないなど事故が起きればいろいろ問題点が浮き彫りになるといういつものパターンか。「認識が甘かった」という科白もいつも通り。こういうことが続くと「民間任せはだめで、しっかり規制をしないと」ということになってしまう。規制緩和の首を自ら絞めていることになる訳で、この辺をきちんとする姿勢が経済界全体に求められるということだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (5)

May 06, 2007

久々参戦? NHKマイルCほか

GWもいよいよ最終日となった。今年は遠方に出かけることもなく近場で済ませたのだが、これがこれで結構混んでいた。出かけなかったという意味でNHKマイル参戦も久々という気がする・・・。

東京11R 第12回NHKマイルC(JpnⅠ)
JpnⅠというよりは一種のダービートライアルか。今後は国際レースにでもして、真のGⅠ化するのも一つの方法かもしれない。そのせいか確たる軸馬も存在せず人気も分散している印象。府中のマイルはマイラーというよりは少し距離適性の長い馬の方が向くコース。直線を活かし終い良い脚を長く使える馬に注目といったところだろうか。この辺を踏まえ1頭ずつ見ていくこととしよう。
1 アサクサキングス:「東京のマイルは実績がある。楽しみ」ということだし、内枠活かして前々で押し切る可能性はあるのではないか。堂々本命に。(◎)
2 マイネルレーニア:速い脚に欠ける印象があるが、これも内枠活かして前々で運べば入着はあるだろう。(▲)
3 オースミダイドウ:能力はある馬だとは思うが、久々ではあるし、陣営も「あくまで目標はダービー」ということなので、ここは叩き台か。人気もそこそこありそうなので、キルトクール候補に。(キ)
4 マイネルフォーグ:「今回はメンバーが骨っぽい。皐月賞組が強いんじゃないの」と陣営がおっしゃっているそうで、その言を信じて(^^)。(切)
5 マイネルシーガル:市場取引ということだが、エイシンの馬をなんでビッグレッドが買ったんだろうか? 典型的な早熟マイラーというところか。ここでは辛いだろう。(切)
6 イクスキューズ:計画的な調整のできない厩舎だが、それ故に桜花賞からフローラS、今回というローテーションは好感(?)が持てる。鞍上強化も評価したい。(△)
7 キングスデライト:「オープンの壁」はあると思うが、前に行く馬は一応注意しておいた方がよいかもしれない。速い脚がないので、捉まるだろうが。(?)
8 ゴールドアグリ:「調教過程と仕上がりの具合を見て強気に行ってもいいと思えた」という良くわからないコメント。ここ叩いてダービー目指すのか。(切)
9 ワールドハンター:前走で3着にきてはいるが、やはりダート馬だろう。鞍上のマクリも不発っぽいし・・・。(切)
10 ローレルゲレイロ:「抜け出すとやめる面がある」というのが課題のようだが、前走でもさほど負けている訳ではないし、勝ちはしないだろうが、「最強の1勝馬」の面目躍如のレースをしてくれるのでは。(○)
11 トーホウレーサー:「まだ緩いけど、体が丈夫になれば、きっと走る」という状態で重賞勝ったのは力がある証拠なんだろうか。無視はできないということか。(?)
12 シベリアンバード:確実に「オープンの壁」がありそう。(切)
13 ダイレクトキャッチ:「ダービーは今のままだと賞金的に厳しい」ということでここはトライアルという位置づけか。(切)
14 ピンクカメオ:ブラックホークの半妹というのが売りだが、「オープン大将」の予感が。(切)
15 ハイソサエティー:Fデピュティ産駒だけに甘いという印象。(切)
16 シャドウストライプ:「長くいい脚を使える」というのは府中向きということだろうが、バクシンオー産駒だから、少し短い方が良いのでは。(切)
17 ダノンムロー:「切れ味勝負なら負けないよ」ということだが、大外だし、最近の鞍上のお家芸である「差して届かず」の再現か(^^)。(切)
18 ムラマサノヨートー:ここでは「ヨーナシ」か。(切)
枠連1-1、1-3、1-5、1-6。ワイド1-2、1-6、1-10、1-11、2-10、2-11、10-11。7の複勝。
キルトクールはオースミダイドウ。

応援馬券
東京9R 陣馬特別:ここは3ビーオブザバンと5モンブランカフェの行った行った。
東京10R オアシスS:フェブラリーS4着の10カフェオリンポスが実績上位か。
京都6R 3歳500万以下:減量起用を活かしたい6レゾルーション。
京都7R 4歳上500万以下:中間も順調というPO馬2フローラルパラスに。
京都9R 矢車賞:強いところと戦ってきている6ヒカルアモーレ。秋に向けて頑張ってほしいところ。
京都11R 都大路S:鞍上も魅力の10ブラックカフェ。相手は3枠両頭か。
新潟10R わらび賞:このくらいの距離が向きそうな9ゴールデンシャイン。
新潟11R 中ノ岳特別:以前新潟で勝っている2ナカヤマスナイパーの大駆け。
新潟12R 米山特別:クラス安定株の9マイネルパラシオ。

| | Comments (0)

May 04, 2007

東上最終便 京都新聞杯ほか

Furusato
天気もよかったので、久しぶりに大井のふるさとコーナーでばんえいの財政強化に貢献したのだが、同時発売の名古屋で面白い命名のレースを発見。題して「村山さん結婚記念 末永くお幸せに」レース。

京都11R 第55回京都新聞杯(JpnⅡ)
ダービーに向けて最後の出走権獲得に燃える馬たちが集結する「東上最終便」。このレースは、「前走連対馬か前走6着以下だった馬のどちらか」という傾向があるそうだ。その意味で毎日杯8着だった2◎タスカータソルテに期待したい。さらに、人気はなさそうだが、前走比較的良い時計で勝ちあがっている10○サンライズベガ。マーク王福永で掲示板がありそうな1▲クレスコワールドにも注目。
枠連1、2、6BOX。ワイド1、2、10BOX。
キルトクールは14フェザーケープ。差して届かずという状況になりそう。

新潟11R 第29回 新潟大賞典(JpnⅢ)
国際競走だけどGがつかないレース。これなら9◎エアセレソンに頑張ってもらわねばならない。相手もこのところ堅調な3○フォルテベリーニと昨年の新潟記念3着馬13▲ヴィータローザ。
枠連2、5、7BOX。
キルトクールは5ダンスインザモア。出遅れ病に罹っているようで。

その他応援馬券
東京11R プリンシパルS:このメンバーなら堅実そうな6トップウィークで勝負になるのでは。
京都10R 烏丸S:3マーブルバルダーが11トロフィーディールとの叩きあい制しそう。
新潟9R 4歳以上500万下:そろそろ弾けてほしいPO馬5ホーネットアーミー。

| | Comments (0)

ユートピア米重賞制覇

ゴドルフィンに移籍したユートピアが米重賞(GⅢ)を勝ったそうだ。
種牡馬入りが前提だそうだから、引退戦はJCダートに出てきてもらいたいもんだ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 03, 2007

雲國齊世録(32)

憲法記念日
5月3日は憲法記念日である。憲法改正のための国民投票法案が漸く俎上に載ってきたが、これまで、幾度となく条文解釈の変更で凌いできたものを改める良い機会ではないだろうか。なぜならば、法を変えずして、解釈で対応するということは、国民の「不作為」であり、官僚支配を認めるということになってしまうからである。
改めて、国民一人一人が法をしっかりみつめる機会にするべき日といえよう。

みどりの日
今までは「国民の休日」とか言っていたような気がするが、いつのまにか、5月4日が「みどりの日」になっていた。確かに野山の緑がきれいな季節であり、スケッチにでも行ったらという気にもなるということだろうか。休日を上手く利用したい。
「休日」といえば、一般の人が休んでいる時期に忙しい人たちがいる。観光産業や運輸関係などはその最たるものだろう。先日ミッドタウンの近くを通ったら、ものすごい人だかりだった。

ワシントン・セックススキャンダル
ワシントンの政府高官がセックススキャンダルにまみれているようだ。高級コールガールの顧客だった政府高官の実名を事業主が公表してしまったことが発端で、辞任に追い込まれた高官もいるそうだ。事業主は、売春行為は禁止しており、魅惑的なマッサージサービスを提供しているだけだと主張しているらしい。
日本と違い政治的任命で就任するポストも多いので、ワシントンに単身赴任する政府高官も沢山いるんだろう。そういう人が「魅惑的なマッサージサービス」をデリバリーする可能性はないとは言えないということなんだろうか。
ラスベガスで、「あなたのお傍で踊ります」というチラシを配っている人を見かけたことがあるが、文字通り受け取ってはいけないということか・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« April 2007 | Main | June 2007 »