« 東上最終便 京都新聞杯ほか | Main | 雲國齊世録(33)&マイルC回顧 »

May 06, 2007

久々参戦? NHKマイルCほか

GWもいよいよ最終日となった。今年は遠方に出かけることもなく近場で済ませたのだが、これがこれで結構混んでいた。出かけなかったという意味でNHKマイル参戦も久々という気がする・・・。

東京11R 第12回NHKマイルC(JpnⅠ)
JpnⅠというよりは一種のダービートライアルか。今後は国際レースにでもして、真のGⅠ化するのも一つの方法かもしれない。そのせいか確たる軸馬も存在せず人気も分散している印象。府中のマイルはマイラーというよりは少し距離適性の長い馬の方が向くコース。直線を活かし終い良い脚を長く使える馬に注目といったところだろうか。この辺を踏まえ1頭ずつ見ていくこととしよう。
1 アサクサキングス:「東京のマイルは実績がある。楽しみ」ということだし、内枠活かして前々で押し切る可能性はあるのではないか。堂々本命に。(◎)
2 マイネルレーニア:速い脚に欠ける印象があるが、これも内枠活かして前々で運べば入着はあるだろう。(▲)
3 オースミダイドウ:能力はある馬だとは思うが、久々ではあるし、陣営も「あくまで目標はダービー」ということなので、ここは叩き台か。人気もそこそこありそうなので、キルトクール候補に。(キ)
4 マイネルフォーグ:「今回はメンバーが骨っぽい。皐月賞組が強いんじゃないの」と陣営がおっしゃっているそうで、その言を信じて(^^)。(切)
5 マイネルシーガル:市場取引ということだが、エイシンの馬をなんでビッグレッドが買ったんだろうか? 典型的な早熟マイラーというところか。ここでは辛いだろう。(切)
6 イクスキューズ:計画的な調整のできない厩舎だが、それ故に桜花賞からフローラS、今回というローテーションは好感(?)が持てる。鞍上強化も評価したい。(△)
7 キングスデライト:「オープンの壁」はあると思うが、前に行く馬は一応注意しておいた方がよいかもしれない。速い脚がないので、捉まるだろうが。(?)
8 ゴールドアグリ:「調教過程と仕上がりの具合を見て強気に行ってもいいと思えた」という良くわからないコメント。ここ叩いてダービー目指すのか。(切)
9 ワールドハンター:前走で3着にきてはいるが、やはりダート馬だろう。鞍上のマクリも不発っぽいし・・・。(切)
10 ローレルゲレイロ:「抜け出すとやめる面がある」というのが課題のようだが、前走でもさほど負けている訳ではないし、勝ちはしないだろうが、「最強の1勝馬」の面目躍如のレースをしてくれるのでは。(○)
11 トーホウレーサー:「まだ緩いけど、体が丈夫になれば、きっと走る」という状態で重賞勝ったのは力がある証拠なんだろうか。無視はできないということか。(?)
12 シベリアンバード:確実に「オープンの壁」がありそう。(切)
13 ダイレクトキャッチ:「ダービーは今のままだと賞金的に厳しい」ということでここはトライアルという位置づけか。(切)
14 ピンクカメオ:ブラックホークの半妹というのが売りだが、「オープン大将」の予感が。(切)
15 ハイソサエティー:Fデピュティ産駒だけに甘いという印象。(切)
16 シャドウストライプ:「長くいい脚を使える」というのは府中向きということだろうが、バクシンオー産駒だから、少し短い方が良いのでは。(切)
17 ダノンムロー:「切れ味勝負なら負けないよ」ということだが、大外だし、最近の鞍上のお家芸である「差して届かず」の再現か(^^)。(切)
18 ムラマサノヨートー:ここでは「ヨーナシ」か。(切)
枠連1-1、1-3、1-5、1-6。ワイド1-2、1-6、1-10、1-11、2-10、2-11、10-11。7の複勝。
キルトクールはオースミダイドウ。

応援馬券
東京9R 陣馬特別:ここは3ビーオブザバンと5モンブランカフェの行った行った。
東京10R オアシスS:フェブラリーS4着の10カフェオリンポスが実績上位か。
京都6R 3歳500万以下:減量起用を活かしたい6レゾルーション。
京都7R 4歳上500万以下:中間も順調というPO馬2フローラルパラスに。
京都9R 矢車賞:強いところと戦ってきている6ヒカルアモーレ。秋に向けて頑張ってほしいところ。
京都11R 都大路S:鞍上も魅力の10ブラックカフェ。相手は3枠両頭か。
新潟10R わらび賞:このくらいの距離が向きそうな9ゴールデンシャイン。
新潟11R 中ノ岳特別:以前新潟で勝っている2ナカヤマスナイパーの大駆け。
新潟12R 米山特別:クラス安定株の9マイネルパラシオ。

|

« 東上最終便 京都新聞杯ほか | Main | 雲國齊世録(33)&マイルC回顧 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 東上最終便 京都新聞杯ほか | Main | 雲國齊世録(33)&マイルC回顧 »