« 加油!本命馬 安田記念ほか | Main | 雲國齊世録(41) »

June 05, 2007

武バッシングは「パッシング」になるのか?

いつも辛口のコラムで読者を魅了してくれる日経の野元記者が、今度はダービーのトレード劇について言及している
今回の武-岩田のトレードについて、競馬会から関与禁止処分を受けている元調教師のサイト等から、「陰謀説」が出ていることに対し、「あきれた話」だと一蹴しているが、こうした変な話が出てくること自体、騎手の騎乗に関し、批判をすることがタブーとなっている競馬メディアのあり方に端を発しているようだ。事実武自身も、かつてB誌の批判的記事に関し、「取材拒否」で応じ、結果的にB誌が謝罪して事なきを得たということがあったという。
騎手をはじめとして周辺から取材し、それを「情報」として売らなければならない専門紙の世界では取材拒否されたら、飯の食い上げということになってしまうのだろうが、さはさりながら、提灯記事に甘んじてちんまい利益共同体を形成することに何の利があるのだろうか? ジョッキーのみを「プロ意識に欠く」と批判するだけではすまない問題があるような気がする。
ファンというものは冷徹である、今回のトレード劇にしてもかなり冷静に受け止められていたんだろうし、不甲斐ない騎乗ぶりに対し、「武の馬鹿野郎!」と穴場で叫んでいた人は数多くいた筈である。そうした「武騎乗だから買った」という層から「武騎乗」という因子が外れてしまう事態も現実のものとなってきそうな予感さえする。その時、利益共同体の中で惰眠を貪っていた者たちも同じように忘れ去られてしまうことに気づかなければならないと思うのだ。

|

« 加油!本命馬 安田記念ほか | Main | 雲國齊世録(41) »

Comments

武豊が不調と言われてますが、まあ、頑張っていると思いますよ。
先週も目黒記念を勝ったし、土曜も3連勝があったり、まあ、良きにせよ悪きにせよ注目される存在だから、人気にこたえて当たり前で期待を裏切ることがあれば叩かれるのは仕方が無いのかも?
情報によれば、腰の状態があまりよくないとか?
まあ、現在リーディングの4位。まだまだ、これからじゃないのかな。
なんにせよ、馬次第だと思いますが、個人的には静かに見守りたいですね。

Posted by: keibaka69 | June 06, 2007 at 06:46 PM

keibaka69さん。コメントありがとうございます。
>情報によれば、腰の状態があまりよくないとか?
背が高いからしょうがないのかもしれませんね。

春競馬最終週は東京で営業のようです。

Posted by: もくに | June 08, 2007 at 06:47 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/15320205

Listed below are links to weblogs that reference 武バッシングは「パッシング」になるのか?:

« 加油!本命馬 安田記念ほか | Main | 雲國齊世録(41) »