« 小倉記念ほか | Main | 雲國齊世録(54) »

July 29, 2007

国民はalternativeを選んだ-参議院選挙

参議院議員選挙は自民大敗、民主圧勝という結果になった。この結果は事前に予測されたことと言えるが、ある意味で自民党の変質に国民が「NO」を突きつけたということかもしれない。小泉改革以降の自民党政治はそれまでと異なり、結果の平等(いわゆる「総中流意識」)から、結果の不平等(「勝ち組、負け組」)に変わってしまったような気がする。それが「改革」だということで、当初は国民も受け入れていたわけだが、どうもその結果一部の人だけが甘い汁を吸い、多くの国民が取り残されたことに違和感を持ったのではないだろうか。地方で負けたこともそのことを物語っている。
民主党はその意味で、自民党のかつて有していた要素の受け皿になったわけで、このことはその他の野党が不振を極めていることからも理解できよう。
これからは、参議院で野党優位という状況がかなり続くことから、国会運営も相当考えなければならないことになろう。
今の日本と旧来の日本を考えて、どちらが良かったか。少しは時間軸を戻しても良いような気がする。

|

« 小倉記念ほか | Main | 雲國齊世録(54) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/15941436

Listed below are links to weblogs that reference 国民はalternativeを選んだ-参議院選挙:

» 参院選を振り返ってみる [Re:F's blogroom]
 さわりについては、昨日書いたので。  結局、最終的には自民が37、公明が9と軒並み議席を落とし、民主が60の大躍進であった。  こうなった理由(というか自民の敗因、及び民主の勝因)についてもいろいろな方向... [Read More]

Tracked on July 30, 2007 at 10:55 PM

« 小倉記念ほか | Main | 雲國齊世録(54) »