« 開催決定は良いが・・・ もくにの馬シカ帳(10) | Main | 1強2弱9番外地 ひまわり賞ほか »

August 24, 2007

スポーツの話題 雲國齊世録(61)

「空気を読んだ」高校野球
夏の高校野球は県立の佐賀北高が優勝した。延長戦を制したりして波に乗ったことが大きいのだろうが、今年は有力私学を中心とした特待生問題が球界を揺るがしただけに、そのような事とは無縁な公立高校が優勝したのは大きい。
そういう意味では、結果的に「空気を読んだ」大会といえるのかもしれない。

朝青龍問題と新たなスター
横綱朝青龍をめぐるいろいろな問題は、結果的にモンゴルでの転地療養ということに落ち着きそうである。とっかえひっかえいろいろな精神科医が登場し、さまざまな病名が発表されたことが混乱を大きくしたのではないだろうか。「さまざまな病名」と言っても、おそらく現象の一面を捉えたもので、全体として大きな差異はないということなんだろうが、一般の印象としては、こんなに病名が変わるのは変だということになってしまう。いずれにせよ、しっかり病気を治して、また強い横綱ぶりを見せてほしいものだ。
朝青龍不在の夏巡業が意外な活気を見せていたようだ。とりわけ、北桜関の活躍が大きく、相撲界も新たなエンターテナーを得たということになるだろう。

北京オリンピックまで1年
来年は北京オリンピックである。中国もこれを機会に名実共に先進国入りしようとさまざまな国内改革に取り組んでいるようだ。とりわけ、知的財産問題と環境・安全問題は世界的にも注目されているだけあって、最重点課題のようである。
いろいろ報道されることに対して、高圧的に否定する態度が陰をひそめ、悪いことは悪いと直そうとする姿勢がみられつつあるのは評価したい。
既にホテルが高騰し、北京に行くのは難しい気がするが、馬術はシャテインで行われるので、こっちは見に行ってもいいかなぁという気もする。

|

« 開催決定は良いが・・・ もくにの馬シカ帳(10) | Main | 1強2弱9番外地 ひまわり賞ほか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/16219213

Listed below are links to weblogs that reference スポーツの話題 雲國齊世録(61):

« 開催決定は良いが・・・ もくにの馬シカ帳(10) | Main | 1強2弱9番外地 ひまわり賞ほか »