« 波乱はあるか 新潟記念ほか | Main | 三たび馬インフルについて もくにの馬シカ帳(11) »

August 28, 2007

雲國齊世録(62)

安部改造内閣発足
安部改造内閣がスタートした。各所に経験者・論客・派閥の重鎮を宛て、重厚かつ実務型の内閣ということになるのだろう。さらに、与野党逆転の参議院を睨み、民主党対策も随所に取り入れられている。
まぁ、今回は入念に「身体検査」もしたことだろうし、お手並み拝見ということではないだろうか。あとは、留任した「ポッポ屋秘書官」の動き次第ということかもしれない。

社保庁長官更迭
民間から初めて登用された村瀬社保庁長官が、年金記録漏れ問題等の責任を取る形で更迭された。このことに対し、経済界から「三顧の礼で迎えた人物を易々と切るのは許せない」という意見があるそうだ。経済界というのはそんなに甘いんだろうか、日本経済が世界に置いてきぼりにされたとするならば、このような経済界の体質にも問題があるような気がする。

韓国大統領候補は日本生まれ
韓国野党の大統領候補が日本生まれの人に決まったそうだ。それだけでなく、貧しい生活から苦学して一流企業の経営者になり、ソウル市長として街の再生を行うなど、さまざまな面でまさに「立志伝」の人物なようだ。

|

« 波乱はあるか 新潟記念ほか | Main | 三たび馬インフルについて もくにの馬シカ帳(11) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/16263142

Listed below are links to weblogs that reference 雲國齊世録(62):

« 波乱はあるか 新潟記念ほか | Main | 三たび馬インフルについて もくにの馬シカ帳(11) »