« PO馬登場&京成杯ほか | Main | 新しいカウンター »

September 10, 2007

臨時国会開幕 雲國齊世録(64)

どうなる? イラク特措法
臨時国会が開幕する。イラク特措法の延長問題が最大の焦点ということになるが、どうなるか?
今一つその延長の意味が理解できない部分があり、きちんと説明してもらうことが必要だろう。ただ、軍事行動というよりは、テロ対策が主眼であるため、民主党小沢代表の言う「国連のオーソライズが前提」というのは少し違うのではないだろうか。
個人的には、議会が公然とわが国と非難する決議を可決するような国に支援するのは如何なものかという気がする。

「職を賭す」安部総理
イラク特措法の延長に「職を賭す」と総理が発言した。すかさず「総辞職も辞さないという意味か?」と記者に突っ込まれていたが、先の参議院選挙の「小沢か私か」発言もそうだが、進退や政権選択に関する安易な発言が目立つ印象がある。
今回も、「全力で頑張る」とでも言っておけばよかったのではないか。おそらく、その程度の意味ではないだろうか。

年金問題
イラク問題以上に年金問題が重要だろう。社保庁職員と市町村職員による年金保険料横領が大きく取り上げられている。これ自体確かに問題で、その詳細な実態が近々公表されるようだが、この手の話は結構あるようで、郵便局の処分でも一番多いのが、こうした現金横領らしい。
現金納付するから横領しようという気が起きるので、クレジットカードによる納付なども考えるべきだろう。

|

« PO馬登場&京成杯ほか | Main | 新しいカウンター »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/16400923

Listed below are links to weblogs that reference 臨時国会開幕 雲國齊世録(64):

« PO馬登場&京成杯ほか | Main | 新しいカウンター »