« 世界一のグルメ都市東京 雲國齊世録(75) | Main | 引越しほぼ終了 »

November 23, 2007

あわせて読んでみた。

窓に「あわせて読みたい」を付けてあるので、そこに掲示される馬系以外のブロガーさんを覗いてみることとした。

最初に紹介すんのは「へぼへぼポスドクの突撃日記」さん。書いていた記事が、教室の教授が決まり、今までの教授と専門分野が違う人という記事。要するに、大学の教授が替わると言うことは政権交代みたいなもんだろうから、今回の場合、自民党から民主党になっちゃった訳だ。そういう場合、新しい教授の初仕事と言えば「アンシャンレジームの解体」に尽きるので、下の人は大変だろう。心中お察し申し上げる。
ポスドクということは学位を取ってからも大学なぞに残り研究を続けてらっしゃるということか。小生は働きながら取ったが、どうしても時間がかかってしまった。課程に行った方がよっぽど早く取れるのは事実だろう。どこかに、いずれ製薬会社に勤務という話が書いてあったような気がしたが、是非、有効で安全なお薬を開発してもらいたいもんである。余談だが、どんな病気にもそこそこ効いて、副作用もほとんどないという薬があるという。その名は「プラセボ」。

お次は「5号館のつぶやき」さん。大学のキャンパスは往々にして何号館という名前がついているので、研究室のある建物の名前なんだろうか。「優秀なポスドクの存在と研究後継者不在という矛盾した現実」という記事はコメントが60あまりも寄せられており、この問題に関する関心の高さが窺われる。このブロガーさんは違うだろうが、競争的研究資金の増額というのは、「働かない連中をなんとかしよう」という理屈から考え出されたものなので、今まで時が止まっていたような環境に居た人にとっては苦痛だろう。そういう人間に限って屁理屈だけは一人前だから手に負えない。

次は「Tラウンジ」さん。東京大学工学部広報室担当者の方のブログだそうだ。今放送中の月9を彷彿させるような人材が次々と登場する印象。工学系には極めて疎い小生としては参考になる。いずれにせよ、「特任教員」という立場で広報を担当するということが極めて重要で、これからの大学のロジ担の方向性を見る上で良いお手本かもしれない。

こうみると、馬以外では案外理工系の方が見ているということかぁ。内容も少し科学的にせんといかんなぁ。

|

« 世界一のグルメ都市東京 雲國齊世録(75) | Main | 引越しほぼ終了 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/17159816

Listed below are links to weblogs that reference あわせて読んでみた。:

» 技術講座専門のJTEX [自己啓発で能力開発]
ここが違う! JTEXの通信教育講座通信教育講座だから充実のサポート。疑問点も即解決! 学習の進捗に合わせたレポートを複数回分準備。無理なくあなたのペースで学力が身につきます。テキストの内容やレポート結果などの質問は、質問券を利用して各専門の講師より回答を受けることができます。 業界全体の後押しで専門性の高い通信教育講座を提供。 JTEXは、各大手メーカ、日経連および経団連(現日本経団 ... [Read More]

Tracked on November 24, 2007 at 10:02 AM

« 世界一のグルメ都市東京 雲國齊世録(75) | Main | 引越しほぼ終了 »