« やはり内枠か 朝日杯FS | Main | あわせて読んでみた(2)。 »

December 09, 2007

やはり内枠だった 朝日杯回顧

「中山マイルは内枠有利」の定説はここでもその通りだった。
勝った△ゴスホークケンは内枠を活かし、最後はスピードの違いで押し切った印象。ただ、早熟血統ということもあり、今後どうかというと難しいのかもしれない。
2着の○レッツゴーキリシマはあまり人気にならない馬だけに、狙った者としては美味しかった。これからも穴を開けてくれるのではないだろうか。
◎キャプテントゥーレは3着だったが、クラシックを考えるとこの馬が一番期待できるかもしれない。
▲ドリームシグナルも4着に入り、久々に(?)印を付けた馬が上位独占となった。
たまにはこういう予想も良いものだ。

|

« やはり内枠か 朝日杯FS | Main | あわせて読んでみた(2)。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53815/17320035

Listed below are links to weblogs that reference やはり内枠だった 朝日杯回顧:

« やはり内枠か 朝日杯FS | Main | あわせて読んでみた(2)。 »